2019年8月2週 KAZUの予想 エルムS

エルムステークス 予想|血統から導く馬券の狙い目【予想印公開】

更新日:

エルムステークス


こんにちは!KAZUです。

この記事では、日曜日の札幌競馬場メインレース「エルムステークス(GⅢ)」の最終予想として予想印を紹介します!


なお、この記事の内容を動画でもまとめていますので動画で確認したいという方は下記の動画をご覧ください。


それではエルムステークスの好走血統など予想のポイントをふまえた予想印を紹介していきます!

馬券予想にぜひご参考下さい。


エルムステークスの予想のポイント


まずはエルムステークスの予想のポイントを簡単にご紹介します!

この予想のポイントで紹介するのは、エルムステークスの好走血統についてです。


【エルムステークスの好走血統】

  • ヴァイスリージェント系など米国型のノーザンダンサー系の血統
  • ロベルト系の血統

※好走血統やラップ・ペース傾向の詳細については参考記事をご確認下さい。




さらに好走血統に追加して抑えておきたいのが、開催日前日の札幌ダートの傾向についてです。

開催日前日の札幌ダートレースは、脚質としては先行馬有利、そしてマクリがかなり決まったレースがありました。

好走馬の血統としては、芝・ダート兼用のサンデー系やダート型サンデー系のゴールドアリュール、あとはエルムステークスの好走血統のヴァイスリージェント系やロベルト系が好走傾向でした。

このあたりも予想をする上でしっかりと抑えておきたいポイントになります。

さらにここでエルムステークスのレースの展開とペースを考えておきたいのですが、今回はマルターズアポジーやリアンヴェリテなど必ずハナを取りたい馬が多く揃いました。

かなりのハイペースが想定されます。

逃げ・先行有利の札幌ダート1700mとは言え、超ハイペースになれば後方からの差しあるいはマクリが決まると読みます。

後ろからいく馬でも十分に勝機はあるというのが見立てです。


エルムステークスの予想印|馬券の狙い目


それでは、予想のポイントをふまえたエルムステークスの予想印をご紹介します!


【エルムステークスの予想印】

◎⑥サトノティターン
〇④モズアトラクション
▲⑫グリム
☆⑦タイムフライヤー
△②テーオーエナジー
△⑭リアンヴェリテ
△⑪レッドアトゥ

※予想印の意味
◎:最も勝つ確率が高い馬(トップ評価)
○:本命に対抗できる馬(2番手評価)
▲:◎や○の馬に勝てる能力がある馬(3番手評価)
☆:◎○▲以外で勝てる可能性がある穴馬
△:2・3着に来る可能性がある馬
注:3着までなら可能性がある馬。


◎(本命):⑥サトノティターン

サトノティターン 血統表
サトノティターン 血統表


本命は⑥サトノティターンです!

父が好走血統のロベルト系のシンボリクリスエス、母がマチカネチコウヨレ、母父が同じく好走血統のヴァイスリージェント系のデピュティミニスターです。

全兄のマチカネニホンバレはこのレースを勝っています。

この点は非常に評価できる血統背景ですね。

大型馬で小回りコースがどうか、ハイペースについていけるのか、と本命ながらツッコミどころ満載な馬なのですが、ここまで血統背景が揃うと狙わないわけにはいきません。

実際に小回りコースの中山のマーチステークスを勝っているのも魅力です。

ペースについていけず凡走という可能性もありますが、ハイペースでスタミナ勝負なって激走という可能性もあります。

何とも難しい本命ですが、個人的に狙いたいので狙います(笑)。


〇(対抗):④モズアトラクション

モズアトラクション 血統表
モズアトラクション 血統表


対抗は④モズアトラクションです!

血統的には母父のフォーティーナイナー系のコロナドズクエストはいいとは思いますが、全体評価としてはそこまで高くありません。

ただし直近3走の内容が良く、3走前の平安ステークスではオメガパフュームに先着して、チュウワウィザードとハナ差の2着。

前走はリアンヴェリテにあと一歩まで迫る2着と好走しています。

今回のエルムステークスは超ハイペースで先行馬総崩れ後方組の先着を想定していますので、末脚鋭いモズアトラクションは高く評価したいところです。


▲(単穴):⑫グリム

グリム 血統表
グリム 血統表


単穴には⑫グリムを推します!

父が芝もダートも走るサンデー系のゼンノロブロイ、母父がサクラバクシンオーというなかなか面白い配合です。

母父サクラバクシンオーでダートの2500mの交流重賞で好走するわけですから、キタサンブラックのような隔世遺伝的な印象を受けます。

能力、実績ともに個人的には最上位で捉えており、安定感でいけばメンバー中でナンバーワンでしょう。

ただし展開的に逃げ馬と差し馬に挟まれて、レース展開が難しいと感じています。

『早めに動けば後ろから差される可能性があり、かといって人気馬なので率先して動かないわけにはいかない』、そのような展開になりそうです。

差し馬に足元を救われる可能性があると考えて、単穴評価としています。

☆(星):⑦タイムフライヤー

タイムフライヤー 血統表
タイムフライヤー 血統表


星で推奨するのが⑦タイムフライヤーです!

父がハーツクライ、母がタイムトラベリング、母父が好走血統のブライアンズタイムの血統構成です。

母父のブライアンズタイムの血統は高評価ですし、何より評価したいのが母の全兄にタイムパラドックスがいることです。

その他の近親馬にはサクラローレルもいて、なかなか趣のある血統背景なのですが、ダートは血統的には合うと思います。

パワーもかなりある馬なので、ダート初戦でこの馬に向くハイペースとなれば一発あってもおかしくありません。


△(連下):②テーオーエナジー、⑭リアンヴェリテ、⑪レッドアトゥ


連下には三頭、②テーオーエナジー、⑭リアンヴェリテ、⑪レッドアトゥを抑えます!

まず②テーオーエナジーですが、岩田騎手に戻ったいうのが何より買い材料で、父カネヒキリはヴァイスリージェント系のデピュティミニスターを内包する好走血統持ちの種牡馬です。

近走は凡走が続いていますが、変わり身の可能性十分でしっかりと抑えておきたいところです。

⑭リアンヴェリテは本来であれば本命候補の一頭ですが、今回はさすがに厳しいとみています。

特にマルターズアポジーは毎回かなりのハイペースで逃げる馬で、リアンヴェリテにとってマイナスにしかなりません。

気難しい部分があり、気分よく走らせないといけない馬なので、粘れて3着、良くて2着かなという予想をしています。

最後の⑪レッドアトゥは完全に『超ハイペースで差し馬台頭』での一頭です。

鞍上の福永騎手というのも怖いので、要注意の一頭です。


最後に予想をまとめると、実績最上位かつ能力最上位は単穴のグリムです。

ただし展開と血統面を考慮して危険な匂いも漂うサトノティターンを本命に、展開面で必ず向く末脚鋭いモズアトラクションを対抗にしています。

そしてタイムパラドックスを近親馬に持つタイムフライヤーが特注馬ですね。

もちろん連下三頭も侮れません。



以上、この記事ではエルムステークスの最終予想となる予想印を紹介しました。

馬券予想のご参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


予想のポイントを解説するKAZUのYouTubeチャンネルとツイッター


レースの予想のポイントや血統の基礎知識などをYouTubeやツイッターでも配信しています!

チャンネル登録やフォローいただき、馬券予想にお役立て下さい!

【YouTube】KAZUの血統予想

【ツイッター】血統マニア KAZU

こちらの記事もおすすめ

-2019年8月2週, KAZUの予想, エルムS

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.