2019年8月3週 KAZUの予想 クラスターカップ

【クラスターカップ 予想(2019年)】血統で導く馬券の狙い目|予想印公開!

更新日:

クラスターカップ


こんにちは!KAZUです。

この記事では、盛岡競馬場で行われる交流重賞「クラスターカップ(JpnⅢ)」の予想を特集します!


なお、この記事の内容を動画でもまとめています。
動画で確認したいという方は下記の動画をご覧ください。


それでは、しっかりと予想していきますので馬券予想にぜひご参考下さい!

クラスターカップ 予想のポイント


予想印のご紹介に入る前に、まずクラスターカップの予想のポイントを取り上げます。

クラスターカップ コースの特徴


予想のポイントの1点目として取り上げるのが、クラスターカップのコースとなる盛岡ダート1200mの特徴についてです。

盛岡ダート1200mは地方競馬の中で最も起伏が激しく、高低差4mのタフなコースとなっています。

コーナーは2つで、スタートから最初のコーナーまでの直線距離は500m。

約1.5mの上り坂を走りながら先行争いが行われます。

その後、1コーナーから2コーナーでは3mの急な下り坂を一気に下って、直線に入っていきます。

直線は地方競馬にしては長めの300m。

直線の残り200mでは約1.5mの急坂を駆け上がりますので、この坂は各馬に大きく堪えるでしょう。

中央競馬で起伏が激しいとされる中山競馬場のダート1200mで高低差約4.5mですから、盛岡競馬場は中山競馬場に匹敵するタフなコースと言えます。


クラスターカップ 好走血統


それではここからはクラスターカップの好走血統について取り上げていきます。


【クラスターカップの好走血統】

  • ノーザンダンサー系。特にヴァイスリージェント、ストームバード、ダンチヒの血統


クラスターカップの好走血統は『ノーザンダンサー系。特にヴァイスリージェント、ストームバード、ダンチヒの血統』です。

血統分析をしていて驚いたのですが、過去5年のクラスターカップの3着内に入った好走馬15頭中全ての馬が父か母父に大系統でノーザンダンサー系の血統を持っています。

さらに2014年3着のシルクフォーチュンを除けば、残りの14頭はヴァイスリージェント系、ストームバード系、ダンチヒ系のいずれかの血統を持っていることになります。

その中でも、米国型ノーザンダンサー系のヴァイスリージェント系やストームバード系はかなり信頼度が高いです。

ヴァイスリージェント系は、昨年の覇者でクロフネ産駒のオウケンビリーブやこのレースで度々好走している地方馬のラブバレットの母父がフレンチデピュティです。

ストームバード系は、3年前と4年前の覇者であるダノンレジェンドの母父がストームキャットですし、昨年の2着のネロはストームバード系のヨハネスブルク産駒です。

左回りコースのダート1200m、起伏が激しいとはいえ、やはり米国型のダートのスピード血統が走るということでしょう。


クラスターカップ 予想印|馬券の狙い目


それでは予想のポイントをふまえた上で、クラスターカップの最終予想として予想印をご紹介します。



【クラスターカップ 予想印】

◎⑨コパノキッキング
〇⑤ノボバカラ
▲⑫ラブバレット
☆⑩ヤマニンアンプリメ
△⑥ヒロシゲゴールド
△⑬メイショウアイアン
△③ショコラプラン


◎(本命)|⑨コパノキッキング

コパノキッキング 血統表
コパノキッキング 血統表


本命は⑨コパノキッキングです。

父が好走血統のヴァイスリージェント系のスプリングアットラスト、母がセラドン、母父がサンデー系のゴールドヘイローの配合となっています。

父のスプリングアットラストは、現役時代ダート9ハロンのドンハンデキャップやドバイのゴドルフィンマイルなどマイル前後で活躍しています。

ダートにおける優れたスピードを産駒に伝える種牡馬です。

母父のゴールドヘイローはサンデーサイレンス産駒ながら地方競馬でデビューして活躍した珍しい馬です。

これに加えてコパノキッキングは、父の母父にロベルト系、そして母の母父にネヴァーベンド系の血統を取り込んでいますので、単なるダートのスピード馬ではないパワーとスタミナを兼ね備えている血統構成です。

この血統構成で考えれば、起伏の激しいダート短距離レースはコパノキッキングにとって最も能力を発揮できるコースで、さらに左回りコースとなればこれ以上ない舞台設定となります。

実際にこの血統背景と、過去の中山ダート1200mのカペラステークスを大外一気で豪快に勝ちきっていることを考慮すれば、クラスターカップの好走は必須と言えるでしょう。

藤田菜七子騎手初めての重賞制覇は固いと予想します。


〇(対抗)|⑤ノボバカラ

ノボバカラ 血統表
ノボバカラ 血統表


対抗には⑤ノボバカラを推します!

父がスピード型サンデー系のアグネスオーラ、母がノボキッス、母父が好走血統のヴァイスリージェント系のフレンチデピュティの配合です。

母の母父には同じく好走血統のダンチヒ系の血も取り込んでいます。

昨年は芝レースを使ったり、得意のダートでも凡走したりと『調子が悪いのかな』という印象を受ける年でしたが、この春にかけて復調傾向で前々走の栗東ステークスは1年半ぶりの勝利を飾り、前走の門別の北海道スプリントカップでも3着と好走しています。

コパノキッキングを本命にするのであれば、相手はある程度オッズがつく馬を狙わないと当然馬券的な妙味がありません。

そのような意味で、近走復調気味で好走血統のノボバカラはある程度オッズもつくでしょうから相手として最適と考えます。


▲(単穴)|⑫ラブバレット

ラブバレット 血統表
ラブバレット 血統表


単穴として推奨するのが⑫ラブバレットです!

父が好走血統のヴァイスリージェント系のノボジャック、母がリバイバルガール、母父がサンデー系のバブルガムフェローのフレンチデピュティの配合です。

祖母のディクターガールは現役時代スワンステークスを勝っていますが、この牝系は地方で活躍する馬を多く輩出しています。


このレースは昨年3着、一昨年2着、3年前が3着、4年前も3着と、とにかく相性がよく好走しています。

直近2戦も水沢、盛岡と圧勝して勢いのって臨む一戦です。

単勝オッズで2桁はつくでしょうから、対抗ノボバカラと同様にコパノキッキングの相手の一頭としては適した馬と考えます。

☆⑩ヤマニンアンプリメ、△⑥ヒロシゲゴールド、⑬メイショウアイアン、③ショコラプラン


単穴以降の評価しては、星に⑩ヤマニンアンプリメ、連下で3頭⑥ヒロシゲゴールド、⑬メイショウアイアン、③ショコラプランを抑えます。


特に⑩ヤマニンアンプリメは前走の北海道スプリントカップを非常に強い内容で勝ちきっていますし、2走前のかきつばた記念や3走前の黒船賞も2着と好走しています。

流れ次第では1着もあり得る馬と思いますので、注意が必要です。

連下についてですが、⑥ヒロシゲゴールドは中央でもそれなりに実績がある馬なので無印というわけにはいきません。

また⑬メイショウアイアン、③ショコラプランは近走好走しているヴァイスリージェント系の血統を持った地方馬ですから、抑えておきたい2頭となります。



以上、この記事ではクラスターカップの血統を軸にした予想について特集しました。

馬券予想のご参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


予想のポイントを解説するKAZUのYouTubeチャンネルとツイッター


レースの予想のポイントや血統の基礎知識などをYouTubeやツイッターでも配信しています!

チャンネル登録やフォローいただき、馬券予想にお役立て下さい!

【YouTube】KAZUの競馬予想

【ツイッター】血統マニア KAZU

こちらの記事もおすすめ

-2019年8月3週, KAZUの予想, クラスターカップ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.