2019年 小倉2歳S 2019年8月5週 KAZUの予想

小倉2歳ステークス2019 予想印|血統を軸に選ぶ馬券の狙い目!

更新日:

競馬予想

こんにちは!KAZUです。

この記事では、重賞レース「小倉2歳ステークス(GⅢ)」の最終予想として予想印をご紹介します!



僕の予想法は血統を軸にして、その上でレース傾向や馬場傾向、展開や仕上がり(調教内容・外厩)をふまえた予想となっています。

この点をふまえて、ご参考いただければと思います。

それでは予想にまいります!


小倉2歳ステークスの好走血統など予想のポイント


まずは小倉2歳ステークスを予想する上でポイントとなる『好走血統』についてご紹介します。



【小倉2歳ステークス 好走血統】

  • 好走血統
  • 父が非サンデー系。特にスプリント適性の高い血統
    ➢直近2年はいずれも非サンデー系を父に持つ馬が1着から3着を独占。


    サンデー系の場合はスピード型サンデー系。ダイワメジャー産駒かフジキセキの血
    ➢2015年はスピード型サンデー系で1着から3着までを独占。



この好走血統など小倉2歳ステークスの予想のポイントについては、下記の関連記事で詳しくまとめています。

好走血統に加えてレース傾向や出走馬の外厩情報も特集しています。

ぜひご参考下さい!



小倉2歳ステークスの血統を軸にした予想印


それでは好走血統など予想のポイントをふまえた小倉2歳ステークスの予想印をご紹介します。




【小倉2歳ステークス 予想印】

◎⑩マイネルグリット
〇②テーオーマルクス
▲⑦カイルアコナ
△③ラウダシオン
△⑤トリプルエース
△⑥ヒバリ


◎(本命)⑩マイネルグリット


本命は⑩マイネルグリットです!


まず父が好走血統にあたる非サンデー系の欧州型ロベルト系スクリーンヒーローであることが評価できます。

また祖母のコスモヴァレンチは2004年に小倉2歳ステークスを勝利しており、叔父にはスプリント適性の高いドリームバレンチノがいます。

この点も高評価ですね!


キャリア2戦2勝の成績も評価できますし、前走の前哨戦となるフェニックス賞(OP)はハイペースをラスト3F11.9-11.8-11.8でまとめており優秀です。


調教もCWを長めに追い切って、馬なりでいい動きを見せています。

血統的に小倉の荒れた馬場も適性が高いでしょうから、ここでは勝ち負けと予想します!


〇(対抗) ②テーオーマルクス


対抗は②テーオーマルクスを推します!


好走血統の父ロードカナロアに、母父が前日土曜日の小倉短距離戦で活躍したヴァイスリージェント系フレンチデピュティの血統構成は高く評価できます。

母の母父にスプリント適性を高めるフジキセキの血もプラス材料です。


デビュー戦はリアアメリアに敗れましたが、前走の未勝利戦はスタート後立ち遅れながら外からハナを奪って、直線は余裕を持って勝ちきっています。

機動力の高さを感じさせるレース内容は、小回りコースの小倉との相性の良さを感じさせます。


最終追切では栗東坂路で、古馬2勝クラスのタガノプレトリアを子供扱いの抜群の動きを見せています。

好走が期待できる一頭でしょう!


▲(単穴)⑦カイルアコナ


単穴には⑦カイルアコナを推奨します!


父キンシャサノキセキは好走血統フジキセキの後継種牡馬であり、2015年の小倉2歳ステークスでは1着シュウジ、2着サイモントルナーレと産駒がワンツー決着しています。

祖母のアンブロワーズも函館2歳S(G3)を制覇しており、2歳戦に強い牝系も好印象です。


前走のデビュー戦となった2歳新馬戦は、直線手前でローランダーを競り落とし、最後は2着メイショウベンガルに4馬身差の強い内容でした。

その後、ローランダーが未勝利戦1着、ひまわり賞(OP)2着、メイショウベンガルが未勝利戦5馬身差の1着の結果をあげていることを考えると、デビュー戦のメンバーレベルは高いといえるでしょう。


最終追切は正直『もうちょっと動いてほしいな』という印象を受ける内容でしたが、中間は外厩先『ノーザンファームしがらき』で調整していますので仕上がりは問題ないでしょう。

鞍上も好調の川田騎手ですから、馬券には絡んでくるでしょう!





単穴以降は連下として、③ラウダシオン、⑤トリプルエース、⑥ヒバリの3頭を抑えます!


③ラウダシオンは新種牡馬リアルインパクト産駒の素質馬。

追切を見る限り、デビュー戦を使っての上積みはかなり見込めそうで期待が持てます。

また前走がこのレースの好走傾向である先行して勝ちきっていることも魅力です!



⑤トリプルエースは父が非サンデー系のストームバード系シャマルダルが高評価です。

前日土曜日の小倉短距離戦は米国型ノーザンダンサー系のストームバード系とヴァイスリージェント系が好走しています。

直近の血統的な後押しが強い一頭です!



⑥ヒバリはラウダシオン同様に新種牡馬産駒の一頭。

こちらはエピファネイア産駒となっています。

父エピファネイア×母父キングカメハメハの配合は、ハイペースのスタミナ勝負となれば魅力的な血統構成です!



動画で分かる!小倉2歳ステークスの最終予想


この記事の内容は動画でも製作しており、Youtubeのチャンネル『KAZUの競馬予想』で公開しています。

最終予想を確認したい方、ブログ記事の内容を振り返りたい方はぜひ動画もご確認下さい!
(チャンネル登録やグッドボタンをしていただけると嬉しいです!)



チャンネル登録や過去の予想をチェックしたい方は下記からご確認下さい!


【YouTube】KAZUの競馬予想




以上、この記事では小倉2歳ステークスの最終予想として予想印をご紹介しました。

馬券予想のご参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



予想のポイントを解説するKAZUのYouTubeチャンネルとツイッター


レースの予想のポイントや血統の基礎知識などをYouTubeやツイッターでも配信しています!

チャンネル登録やフォローいただき、馬券予想にお役立て下さい!

【YouTube】KAZUの競馬予想

【ツイッター】血統マニア KAZU

こちらの記事もおすすめ

-2019年 小倉2歳S, 2019年8月5週, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.