2019年 紫苑S 2019年9月第1週 KAZUの予想

紫苑ステークス2019 血統|有力馬のレース適性を読み解く!

更新日:

カレンブーケドール

こんにちは!KAZUです。
この記事では、注目の重賞レース『紫苑ステークス(GⅢ)』の有力馬のレース適性を読み解きます!

なお最終予想となる予想印については下記記事でご紹介しています。先に最終予想をチェックしたい方は下記記事をご確認ください。



それでは有力馬のレース適性を読み解いていきましょう。




紫苑ステークスの有力馬のレース適性を読み解く

今回は有力馬として、カレンブーケドール、レッドベルディエスの2頭を中心にレース適性を考えていきます。それでは順番に見ていきましょう!


ディープ×ストームキャット系のニックス配合で好走が期待できるカレンブーケドール

まずはオークス2着馬『カレンブーケドール』についてです。

前走のオークスはラヴズオンリーユーに首差の2着と低評価を覆す激走を見せました。この走りはフロック(まぐれ)ではありません。オークスでは終始外々を回って直線では早め先頭に立ち、もう少しで押し切れるか、というところをラヴズオンリーユーに差されました。よほどの能力がなければ、この競馬内容はできません。


もともとは新馬戦でダノンキングリーにアタマ差の2着。2戦目は馬群に包まれ、まったく競馬にならない内容でも3着。3戦目は中山コースで素質馬シングフォーユーの加速ラップを差し切って初勝利。

4戦目は好メンバーのクイーンステークス(GⅢ)で僅差の4着。5戦目はスイートピーステークスを早め先頭で押し切り勝ち。そして前走のオークスのレース内容です。

全5戦ともに能力の高さを感じさせるレース内容となっています。


オークス以来の久々になる今回は中間に外厩先の山元トレーニングセンターを経由してのローテーションとなります。1週前追切も美浦坂路で4F51.7のタイムを出していますので、状態は問題ないでしょう。

中山コースについても、初勝利となった3歳未勝利戦でラスト3F12.1 - 11.8 - 11.6の加速ラップを差し切って勝っています。直線に急坂がある中山コースで加速ラップを差し切って勝つというのは非常に評価ができます。


最後にカレンブーケドールの血統について触れておきたいと思います。

カレンブーケドールは母がチリで活躍したソラリア、父がディープインパクトの配合です。母の父スキャットダディはストームキャット➢ヘネシー➢ヨハネスブルクとサイアーラインが続く種牡馬。
配合としてはディープインパクト×ストームキャット系のニックス配合が成立しています。


紫苑ステークスが行われる舞台は、オール野芝の中山第4回で開幕週の時計が出やすい馬場状態が想定されます。その点で考えれば、ディープインパクト×ストームキャット系の主流血統は適性が高いと考えられ、好走が期待できます。

乗りやすく気性が素直で鞍上の指示に従順なところが持ち味の馬であるため、トライアルレースとは言え大崩れはしないと考えます。


キレとパワーを兼ね備えた末脚を繰り出すレッドベルディエス

続いて取り上げるのは、前走織姫賞(1勝クラス)を勝ち、ここで秋華賞の出走権を確保したい『レッドベルディエス』です。

まず血統の話をしておくと、レッドベルディエスは父がディープインパクト、母がレッドファンタジア、母父がアンブライドルズソングの血統構成となっています。全姉には中山芝1600m重賞のフェアリーステークスで3着に入ったレッドベルローズがいます。

父ディープインパクト×母父アンブライドルズソングの配合では、ダノンプラチナが代表馬となり、この配合は中山コースでの適性が高い傾向にあります。

そして末脚はキレとパワーを兼ね備える印象です。


前走の織姫賞では荒れた福島の稍重馬場を差し切って勝っていますから、ディープ産駒とは言えパワーも兼ね備えている馬です。本質的に距離はマイルがベストな印象ですが、1800mまでは問題ないです。

秋華賞の出走権をかけて、この紫苑ステークスは勝負掛けしてくるでしょう。その姿勢の表れとして鞍上にはルメール騎手を配してきました。


有力馬カレンブーケドールとは今年のクイーンカップで戦っており、カレンブーケドールが4着に対して、レッドベルディエスは遅れること1馬身3/4差の5着。今回はどこまで迫れるかが注目です。


好走血統のキレるハービンジャー産駒3頭に要注意

今回、取り上げたカレンブーケドール、 レッドベルディエス以外の出走予定馬にも注目したい馬は複数います。

その中でも、好走血統の『欧州型ダンチヒ系。特にハービンジャー産駒で母父サンデー系の配合でキレるタイプのダンチヒ系』は要注意と考えています。


この要注意の血統に該当するのは、エアジーン、グラディーヴァ、フィリアプーラの3頭です。この3頭は馬券的にも妙味がありそうな3頭です。この点も評価できるところです。

要注意の3頭は有力馬の2頭とともに、最終追切を含む中間の追い切り内容をしっかりと見て判断していきたいと思います。



今回ご紹介した有力馬のレース適性のポイントをふまえながら、今後、最終予想へと進めていきたいと思います。
最終予想は別の記事で投稿します。そちらもぜひご期待下さい。



こちらの記事もおすすめ

-2019年 紫苑S, 2019年9月第1週, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.