2019年 京成杯オータムH 2019年9月第1週 KAZUの予想

京成杯オータムハンデ2019 血統|有力馬のレース適性を読み解く!

更新日:

グルーヴィット

こんにちは!KAZUです。
この記事では、注目の重賞レース『京成杯オータムハンデ(GⅢ)』の有力馬のレース適性を読み解きます!

なお最終予想となる予想印については下記記事でご紹介しています。先に最終予想をチェックしたい方は下記記事をご確認ください。



それでは有力馬のレース適性を読み解いていきます。




京成杯オータムハンデの有力馬のレース適性を読み解く

今回は有力馬として、グルーヴィット、クリノガウディー、プロディガルサン、ロードクエストの4頭を中心にレース適性を考えていきます。

それでは順番に見ていきましょう!


中山コースへの対応が鍵となるグルーヴィット

まずは前走中京記念を見事1着で勝ちきった『グルーヴィット』についてです。

前走の中京記念は道中から鞭まで入れて追いっぱなしの中で、最後はプリモシーンを差し切り、クリノガウディーの猛追を凌いで1着。このレースのラスト1Fは12.3となっており、最後はバテ合いの中で粘り勝ちという印象です。
稍重の馬場もグルーヴィットにとって味方となりました。

今回は、芝コースでは初の右回りコースとなります。右回りが苦手な印象は受けませんが、それでも左回りコース、特に中京コースが得意に見受けます。

直線が短く、道中での追走力が求められる中山芝1600mの適性が好走の鍵となりそうです。


血統は父がロードカナロアに母がエアグルーヴ牝系のスペシャルグルーヴ、母父がスペシャルウィークとなっています。

デビュー2戦はダートを走って好走していますが、本質は芝向きの血統です。ロードカナロア産駒なので、もう少し機動力があってもいい血統に見受けますが、道中の追走力が課題の馬。

長くいい脚を使える持続力タイプの末脚にパワーも兼ね備えます。


京成杯オータムハンデが行われる中山開幕週の馬場は、エアレーション効果により開幕週ながら馬場が重たくなる傾向にあり、例年差し・追込みが決まる傾向です。この傾向を活かして、どこまで好走できるかに注目です。


輸送が鍵となるクリノガウディー

続いて取り上げるのは、前走中京記念でグルーヴィットに僅差の2着『クリノガウディ』です。

まず血統の話をしておくと、父がロベルト系のスクリーンヒーロー、母が中央3勝馬クリノビリオネア、母父がヘイロー系のディアブロの配合です。

クロスも複数持っており、その中でもヘイローの4×4は機動力の高さを感じさせます。またノーザンテーストの4×5のクロスは頑丈さやいい意味でも悪い意味でも硬さを感じさせます。

持続力勝負に強い印象の血統構成です。
おそらく『少し大きめのローカル競馬場』である中山コースは合うでしょう。

あとは個人的に気性面に問題を抱える馬と考えているので、道中の折り合いと輸送の影響がどうかが気になります。クリノガウディは関西圏(中京含む)では好成績[1-2-0-0/3]なのですが、輸送が入る関東圏では明らかに不振[0-0-0-4/4]です。

1週前の馬体を見ても腹回りがすっきりしすぎているぐらいに仕上がっていますので、これで「輸送して大丈夫か!?」と思うほど・・・
当日のパドックや馬体重に注目でしょう。


乗り方が難しいが適性は感じるプロディガルサン

次に取り上げるのが『プロディガルサン』です。

出走登録時点では除外対象馬のため、実際にレースに出走できるかどうかは木曜日の出走馬確定まで分からない状況ですが、出走してくれば有力馬の一頭です。そのため取り上げておきたいと思います。

血統構成は父ディープインパクトに母父がストームキャットのニックス配合です。そして母がラヴズオンリーミーで、このラヴズオンリーミーは名牝ミエスクの牝系です。
全兄にリアルスティール、全妹にはラヴズオンリーユーですから非の打ち所がない血統構成です。

6歳となるプロディガルサンですが、ディープインパクト産駒ながら年齢を重ねても活躍できるいるのは、個人的にノーザンダンサーの5 x 4 x 5のクロスが成長力に繋がっているのではないかと考えています。

そんなプロディガルサンですが、ディープインパクト×ストームキャットの配合らしく、とにかく一瞬のキレで勝負するタイプの馬です。
兄リアルスティールや妹ラブズオンリーユーはキレてもある程度長く末脚が使える馬ですが、プロディガルサンはとにかく使える末脚が短い印象。

この一瞬のキレをどこで活かすかがポイントとなります。また集中力に欠ける馬で、先頭に立つとソラを使います。何とも気難しい馬ですね。

ただ末脚のタイプからコースが東京から中山に変わるのはプラスです。

あとは展開と鞍上の三浦騎手の手腕次第です。上手く乗れば勝ち負けも十分に可能な能力は持っています。


復調気配のロードクエスト

最後に取り上げるのがロードクエストです。

前走の関屋記念は6着でしたが、展開が向かなかっただけでレース内容を見る限り上り3F31秒台の脚を使っており、復調気配を感じます。

調教師の小島先生からは『今回は少し前につけてほしい』と鞍上のミルコに指示するコメントもありましたので、中団につけて足を溜めれれば面白い一頭でしょう。

血統的には父がサンデー系のマツリダゴッホ、母が地方で走ったマツリダワルツ、母父がダンチヒ系のチーフベアハートの配合です。

2歳時の新潟記念の勝ち方が鮮やかすぎてどうしてもキレる印象の強い馬ですが、個人的には速い脚を長く使え、パワータイプも兼ね備える印象です。血統全体を見るとボールドルーラー系やロベルト系、ノーザンダンサー系が中心なので・・・

昨年のこのレースで僅差の4着の結果が示す通り、中山芝1600mへのコース適性は高く復調傾向の今のロードクエストであれば好走が期待できます。あとは展開次第でしょう。

直線『よーい!どん』の瞬発力勝負になると厳しいでしょうから、前半はある程度ペースが流れてほしいところ。ただ出走メンバーを見る限り、明確な逃げ馬がおらずペースはそこまで速くなりそうにありません。

レース・コース適性はありながらも展開が向かない状況なので、最終予想まで評価に悩むことになりそうな一頭です。


今回ご紹介した有力馬のレース適性のポイントをふまえながら、今後、最終予想へと進めていきたいと思います。


こちらの記事もおすすめ

-2019年 京成杯オータムH, 2019年9月第1週, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.