2019年9月第1週 KAZUの予想

エニフステークス2019 予想|血統を軸に選ぶ馬券の狙い目!

投稿日:

競馬予想

こんにちは!KAZUです。
この記事では、「エニフステークス(L)」の予想を特集します!

僕の予想法は血統を軸にして、その上でレース傾向や馬場傾向、展開や仕上がり(調教内容・外厩)をふまえた予想となっています。この点をふまえて、ご参考いただければと思います。

なおエニフステークスはオープン競走のレースとなるため、重賞競走で取り上げている好走血統や外厩情報・追切情報など予想のポイントは割愛します。ご了承下さい。

それでは予想にまいります!



エニフステークスの血統を軸にした最終予想

早速ですが、エニフステークスの最終予想となる予想印をご紹介します。



【エニフステークス 予想印】

◎⑧エアアルマス
〇⑪シュウジ
▲③ヴァニラアイス
△⑤スーサンジョイ
△⑥プレスティージオ


それではエニフステークスの予想印の根拠についてご紹介していきます。


◎(本命) ⑧エアアルマス

血統において、父のマジェスティックウォリアーが系統分類されるエーピーインディ系は阪神ダート1400mならびにエニフステークスの好走血統です。

過去5年の阪神ダート1400mの系統別成績ではエーピーインディ系が勝利数34勝とダントツでトップ。そして勝率10%も超えています。
エニフステークスにおいても、昨年2着のハヤブサマカオー、2016年1着のキングズガードがエーピーインディ系のシニスターミニスター産駒です。


前走の初ダートとなった安芸ステークスは直線持ったままで4馬身差の圧勝。ダート適性の高さを示しました。最終追切でも栗東坂路を馬なりで4F53.2-ラスト1F12.1の好時計を出しており、能力の高さを感じさせます。

鞍上は前走から引き続き川田騎手です。人気はかなり集めそうですが、このレースでは逆らえません。


〇(対抗) ⑪シュウジ

もともとは芝のスプリントを中心に走っていましたが、近走はダートで好走しています。年齢を重ねて身体にかたさがでてきた分、ダートが合うのかもしれません。

今回は斤量が59㎏と最重量となりますが 、4走前の京葉ステークス(L)も同斤量で3着と好走しています。

今回のメンバーレベルではエアアルマスを除けば能力は上位です。スタート後からの芝の距離が長く、このコース有利な外枠に入ったのも好材料。 血統における“リファールの4×5”のクロスは前に行っての粘り強さを感じさせて好印象です。

追切はいつも動く馬のため参考程度ですが、今回の最終追切も強めに追われ、栗東坂路で4F51.1-ラスト1F11.9といい動きを見せています。
好走が期待できるでしょう。


▲(単穴) ③ヴァニラアイス

父はシュウジ同様にスプリント適性の高いキンシャサノキセキです。“ヘイローの4×4”のクロスが発生しており、機動力の高さを感じさせます。

過去のレース内容をみても先行力を活かした粘り込みが特徴で、その特徴は阪神ダート1400mで活きるでしょう。

前走のユニコーンステークス(GⅢ)4着と好走していますが、この馬には距離が長すぎた印象です。今回の距離短縮は間違いなくプラスに働くと考え、好走が期待できます。

最終追切も栗東坂路で馬なりに追って4F54.0-ラスト1F11.9と動けており、状態はよさそうです。

あとは内枠をどう乗りこなすかがポイントで砂は被りたくないところです。スタートが鍵となりそうです。
レース適性は高いと考え、対抗のシュウジに拮抗した単穴評価です。



単穴以降は連下として、2年の休養明けとなりますが実績馬の⑤スーサンジョイ、好走血統のエーピーインディ系のカジノドライヴを父に持つ⑥プレスティージオの2頭を抑えます。



以上、この記事ではエニフステークスの予想のポイントと予想印をご紹介しました。

馬券予想のご参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


こちらの記事もおすすめ

-2019年9月第1週, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.