2019年 紫苑S 2019年9月第1週 KAZUの予想

紫苑ステークス2019 最終予想|馬券の狙い目はこの馬!

投稿日:

カレンブーケドール

こんにちは!KAZUです。
この記事では、秋華賞に向けた重要なトライアルレース「紫苑ステークス(GⅢ)」の最終予想をご紹介します!



ぼくの予想法は血統を軸にレース傾向や馬場傾向、展開や仕上がり(調教・外厩)をふまえた予想となっています。この点をふまえて、ご参考いただければと思います。

それでは予想にまいります!



紫苑ステークスの好走血統など予想のポイント

まずは紫苑ステークスを予想するうえでポイントとなる、好走血統をご紹介します。

この好走血統をふくむ予想のポイントについては、別の記事で内容をまとめています。『詳細が気になる!』という方は、ぜひその記事もご覧ください。


【紫苑ステークスの好走血統】

  • 欧州型ダンチヒ系。特にハービンジャー産駒
    ➢直近2年はディアドラ、ノームコアと欧州型ダンチヒ系のハービンジャ産駒が連勝。


紫苑ステークスの最終予想(予想印)

予想のポイントもわかったところで、紫苑ステークスの予想印をご紹介します!


【紫苑ステークスの予想印】

◎⑭カレンブーケドール
〇⑧グラディーヴァ
▲⑮パッシングスルー
☆②クールウォーター
△⑥フェアリーポルカ
△⑤レッドベルディエス


それでは紫苑ステークスの予想印の根拠についてご紹介していきます。


◎(本命)⑭カレンブーケドール

父ディープインパクト×母父ストームバード系のスキャットダディの配合は中山急坂に耐えられる血統背景です。 母ソラリアはチリのダービーであるエルダービーなどGⅠ3勝の活躍馬。

新馬戦のダノンキングリーのアタマ差2着からはじまり、前走のオークスまでの過去レースはいずれも力を示す内容で評価ができます。

仕上がりは本番の秋華賞を見据えて上積みを残した印象を受けますが、メンバー中では明らかに能力が優位です。

内回りの中山芝2000mで先行できる脚質は好材料ですし、みずから動いて後続を抑え込む末脚も魅力。このコースでの高い適性を感じますので、ここは逆らわずに本命です!


〇(対抗) ⑧グラディーヴァ

父が好走血統の欧州型ダンチヒ系のハービンジャーであるグラディーヴァ。母父がディープインパクトで、近親馬にはグルーヴィットがいます。

ディープ系に匹敵するほどキレる馬ではありませんが、上り3F33秒台の脚は使え、紫苑ステークスで評価したい“キレるハービンジャー産駒”にあたります。

3ヶ月半の久々となりますが調教は終い重点で鋭く伸びており、秋華賞の出走権をかけてしっかりと仕上げてきました。

好枠から積極的な競馬を展開していき、カレンブーケドールにどこまで迫れるか注目です!


▲(単穴)⑮パッシングスルー

前走福島芝2000mで行われた1勝クラスでは、稍重で時計がかかる馬場状態のなかで2着に3馬身差の強い内容で評価できます。

機動力があって長くいい脚を使える個性は、中山芝2000mでも活きてきそうです。血統は父ルーラーシップ×母父クロフネの配合で1600m~2000mがベストです。

ルーラーシップ産駒は毎レース淡々と走り、激走がない一方でムラが少ない傾向があります。そのため今回も大崩れはしないでしょう!

外枠に入りましたが、鞍上が戸崎騎手なので心配はいらないでしょう。ここでも好走が期待できます。


☆(星)②クールウォーター

父ディープインパクト×母クロウキャニオンで兄妹には、全兄(ぜんけい)で弥生賞を勝ち皐月賞4着のカミノタサハラやベルキャニオン、マウントシャスタなど活躍馬が並びます。

新馬戦をラスト3F加速ラップで勝ち、2戦目の大寒桜賞はリオンリオン、ルヴォルグと僅差の3着。420kg台とコンパクトにまとまった馬ですが、調教の動きを見る限り一夏を超えた成長を感じます。

人気薄になりそうな馬ですが能力は高く評価でき、内で脚をためてうまく立ち回れれば好走は十分に期待できます。狙って面白い一頭だと思います!


△(連下)⑥フェアリーポルカ

父ルーラーシップ×母父アグネスタキオンの配合で母のフェアリーダンスはフェアリードールの牝系。母の半姉(はんし)にはトゥザヴィクトリーがおり、近親馬にはトゥザワールドやトーセンビクトリーなど中山巧者が名を連ねます。

前走のオークスは距離が長すぎた印象で、直線に入った段階ですでに脚があがっていました。

品のいい血統背景同様に素質も高く評価できる馬です。中山芝2000mに条件が変われば好走してくるでしょう。


△(連下) ⑤レッドベルディエス

父ディープインパクト×母父アンブライドルズソングは血統の良さを感じさせますし、全姉のレッドベルローズは中山の重賞レースであるフェアリーS(GⅢ)で3着と好走しています。

個人的に調教でもう少し強めに追って仕上げて欲しかったので評価を落としていますが、レース適性はありそうです。


以上、紫苑ステークスの最終予想を特集しました!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



動画で分かる!紫苑ステークスの最終予想

この記事の内容は動画でもご紹介しています。YouTubeの競馬予想チャンネル『KAZUの競馬予想』で動画を公開しています。

動画でも内容を確認したい!という方はぜひご参考ください。チャンネル登録やグッドボタンを押していただける嬉しいです。


こちらの記事もおすすめ

-2019年 紫苑S, 2019年9月第1週, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.