2019年 セントウルS 2019年9月第1週 KAZUの予想

セントウルステークス2019 最終予想|馬券の狙い目はこの馬!

投稿日:

ダイメイプリンセス

こんにちは!KAZUです。
この記事では、スプリンターズステークスに向けた重要なトライアルレース「セントウルステークス(GⅡ)」の最終予想をご紹介します!



ぼくの予想法は血統を軸にレース傾向や馬場傾向、展開や仕上がり(調教・外厩)をふまえた予想となっています。この点をふまえて、ご参考いただければと思います。

それでは予想にまいります!



セントウルステークスの好走血統など予想のポイント

まずはセントウルステークスを予想するうえでポイントとなる好走血統をご紹介します。

この好走血統をふくむ予想のポイントについては、別の記事で内容をまとめています。『詳細が気になる!』という方は、ぜひその記事もご覧ください。


【セントウルステークスの好走血統】

  • ストームキャットの血統を内包
    ➢直近4年はストームキャットの血統を内包する馬が馬券に絡む。


セントウルステークスの最終予想(予想印)

予想のポイントもわかったところで、セントウルステークスの予想印をご紹介します!


【セントウルステークスの予想印】

◎⑧ダイメイプリンセス
〇④イベリス
▲⑫ミスターメロディ
△⑪アンヴァル
△⑦タワーオブロンドン
△②マテラスカイ


◎(本命)⑧ダイメイプリンセス

サマースプリントシリーズ制覇をかけて臨むダイメイプリンセス。鞍上にはリーディング独走の川田騎手を迎え、このレースにかける意義込みが感じられます。

血統構成は父がスプリント適性の高いキングヘイローで母の母父には好走血統のストームキャットの父ストームバードで高評価。
そして暑い時期(6月~9月)は [5-1-1-4] と非常に好成績です。

中間の追切も前走勝利した北九州記念から中2週にもかかわらず、最終追切は栗東坂路で一杯に追ってきました。胸前の発汗が目立つものの4F51.5-ラスト1F12.2と好時計をマーク。前走の最終追切から時計をつめてきました。

明らかに勝負仕上げの印象ですし、鞍上強化、前走からの斤量も1kg減で枠順も好転、条件が揃いました。川田騎手ですからミスターメロディをマークする位置でレースを進めると読み、ラスト200mの急坂での差し切り勝ちを予想します。


〇(対抗) ④イベリス

父が母父に好走血統のストームキャットを内包するロードカナロアであることが魅力です。半姉(はんし)にはベルカントがいます。
サクラバクシンオー産駒であった姉のベルカントは平坦コースが得意な印象でしたが、イベリスは父がロードカナロアに変わりパワーも兼ね備えます。

前日土曜日の阪神芝コースの内回りのレースを見ると、明らかに内先行有利です。シャタリング作業による馬場の緩みは薄いようでオール野芝らしい高速馬場の傾向となっています。この馬場状態は間違いなくイベリスにとって大きな後押しとなります。

展開的にイベリスが逃げるのか、マテラスカイが逃げるのかは分かりませんが、最終追切では栗東坂路で前に馬を置き、我慢させて最後鋭く脚を伸ばす内容で仕上げています。その内容から番手でも折り合い好走してくるでしょう。

とにかく最終追切の動きがよく、本命のダイメイプリンセス同様にイベリスも勝負仕上げで臨んでいる印象です。

馬場状態と3歳牝馬としての斤量52kgを活かした先行押し切りも十分に考えられます。


▲(単穴)⑫ミスターメロディ

血統構成は父がサイア―ラインに好走血統のストームキャットを持つスキャットダディ、母父がヴァイスリージェント系のデピュティミニスターです。この米国型ノーザンダンサー系同士の配合は阪神芝1200mや現在の先行有利の馬場状態との相性の良さを感じ高評価です。

本番のスプリンターズステークスを見据えた仕上がりですが、追切も鋭い動きを見せていますので能力はしっかりと発揮できる状態にあります。

気になるのは外枠に入ったこと。前進気勢が強い馬で直前の1週前追切や最終追切で前半は折り合いに苦労していました。
この不安点と久しぶりのレースであることを考慮して単穴評価としています。


△(連下)⑪アンヴァル

イベリス同様に好走血統のストームキャットを内包する父ロードカナロアが血統的な魅力です。

末脚は確かなものを持っていますが、前走の北九州記念で直線の進路確保に手間取るなど近走はスムーズさを欠くレースが続いています。

そういった意味では今回の11番枠は好枠です。
期待していい一頭です。


△(連下)⑦タワーオブロンドン

本命のダイメイプリンセス同様にサマースプリントシリーズの制覇を狙い、ローテーションを強行してきたタワーオブロンドン。

実力はメンバー中でも上位と考えますが、出足の悪い馬で今の先行有利の馬場状態との相性はどうでしょうか。そして中間の追切も中2週とはいえ軽すぎるのも気になります。

その点から連下評価までとしています。


△(連下) ②マテラスカイ

最終追切で抜群の動きを見せたマテラスカイ。

鞍上の武豊騎手が語る『芝部分が一番速い』という点から芝コースへの適性は期待できるかもしれません。いずれにせよ次走のブリーダーズカップスプリントに向けて恥ずかしいレースはできません。

現在の前有利な馬場状態を活かしての好走が期待できます。


以上、セントウルステークスの最終予想を特集しました!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


こちらの記事もおすすめ

-2019年 セントウルS, 2019年9月第1週, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.