2019年9月第2週 2019年ローズS KAZUの予想

ローズステークス2019 予想|血統データから好走馬を見抜け!

更新日:

好走血統

こんにちは!KAZUです。
この記事では、秋華賞に向けた重要なトライアルレース『ローズステークス(GⅡ)』の予想のポイントとなる好走血統を特集します。



なお最終予想となる予想印については下記の記事で公開しています



過去の好走馬の血統を好走血統と位置づけてしっかりと分析していきます。
ぜひご参考ください!



ローズステークスの予想のポイントとなる好走血統


まず初めにローズステークスを予想する上で抑えておきたい好走血統をご紹介します。この好走血統については、ローズステークスの過去5年間の好走馬(3着内馬)の血統を分析して導いています。



【ローズステークス 好走血統】

  • ディープインパクト産駒。その上で母系に欧州型のスタミナ・パワータイプの血統を取り込む。
  • ➢昨年1着、2着は父:ディープインパクト×母父:欧州型ノーザンダンサー系の配合。ディープ×パワー・スタミナタイプの配合が好走傾向。



ディープインパクト産駒の単複回収率100%を超える

ローズステークスではディープインパクト産駒がよく走ります。

過去5年のローズステークスではディープインパクト産駒が23頭出走していますが、[3-3-1-16/23]と好成績。勝率13.0%・複勝率30.4%、単勝回収率・複勝回収率ともに100%を超えています。

ローズステークス 過去5年種牡馬別成績
ローズステークス 過去5年種牡馬別成績
(データ元:ターゲットフロンティア)

昨年のローズステークスでは1着カンタービレ、2着サラキア、3着ラテュロスとディープインパクト産駒が1着から3着までを独占。2016年勝馬シンハライトや2015年勝馬タッチングスピーチもディープインパクト産駒です。

ローズステークスはとにかくディープインパクト産駒が走ります。


母系にノーザンダンサー系がディープインパクト産駒の好走パターン

さらに深掘りして血統傾向を分析してみます。

過去5年でローズステークスに出走したディープインパクト産駒23頭のうち馬券に絡んだ7頭はいずれも母父が大系統でノーザンダンサー系です。さらにノーザンダンサー系の中でも小系統でみた場合は、欧州型ノーザンダンサー系が好走しています。

ローズステークス ディープインパクト産駒 母父系統別成績
ローズステークス ディープインパクト産駒 母父系統別成績
(データ元:ターゲットフロンティア)

ディープインパクト産駒のなかでも母父サドラーズウェルズ系が[3-0-0-0/3]、ヌレイエフ系が[0-1-0-1/2]、ニジンスキー系が[0-1-0-0/1]と好成績です。
また米国型になりますが、ヴァイスリージェント系も[0-1-1-4/6]と馬券に絡んでいます。この傾向も抑えておく必要があるでしょう。


非根幹距離で生じる主流血統における血統のずれ

ローズステークスが行われる阪神芝1800mは競走馬の能力がそのまま結果に反映されやすいコースです。その上で馬場の状態がよく軽い時は外差しが決まり、逆に馬場が重たくなれば内先行が有利です。

スタート後から最初のコーナーまでの距離は約660mと長く、枠順による有利不利はなく道中はペースが緩みがちです。
最後の直線も約470mと十分に距離がありますから、求められるのは競走馬としての絶対能力と直線での鋭い末脚です。

そのような背景で考えれば、ディープインパクト産駒が好走傾向であることは当然のことです。ただし400mで割り切れない非根幹距離であるため、ディープ×ストームキャットの王道配合の馬よりはディープ×サドラーズウェルズ系など主流血統から少しずれた配合が走ります。
特に母系にスタミナとパワーの欧州型血統を取り込んだ馬が好走します。

ローズステークスを予想するうえで、この好走血統は抑えておく必要があるでしょう。


【血統コラム】阪神芝1800mはディープインパクト×欧州型血統が走る

ローズステークスの好走血統と同様に阪神芝1800mはディープインパクト産駒が走ります。

過去5年(2014年9月3日~2019年6月23日)の阪神芝1800mの種牡馬別成績をみると、ディープインパクト産駒が65勝とダントツのトップ。そして勝率16.4%・複勝率39.4%と好成績です。

阪神芝1800(過去5年) 種牡馬別成績
阪神芝1800(過去5年) 種牡馬別成績
(データ元:ターゲットフロンティア)

またディープインパクト産駒のなかでも、母父が小系統で欧州型血統の馬がさらに好走傾向です。

阪神芝1800mのディープインパクト産駒の母父小系統別成績では勝利数トップはヴァイスリージェント系ですが、基本的には欧州型血統が好成績です。
その中でも特にサドラーズウェルズ系とキングカメハメハ系は抜けて成績がいいです。

阪神芝1800m ディープインパクト産駒 母父系統別成績
阪神芝1800m ディープインパクト産駒 母父系統別成績

この血統傾向は阪神芝1800mを予想する上でのポイントになります。しっかりと抑えておきたいところです。


ローズステークスの好走血統に該当する出走予定馬

ここからは話をローズステークスにもどし、今年のローズステークスの出走予定馬で好走血統に該当する馬をチェックしていきたいと思います。


【ローズステークスの好走血統に該当する出走予定馬】

  • ディープインパクト産駒
  • ①ダノンファンタジー
    ②ビックピクチャー


今年のローズステークスの出走予定馬で好走血統のディープインパクト産駒にあたるのはダノンファンタジーとビックピクチャーの2頭です。

その中でもダノンファンタジーにおいては、母父がアルゼンチンで活躍したノットフォーセール。グレイソヴリンのフォルティノ系に血統分類される馬で欧州型血統に限りなく近い血統です。
この点から、ダノンファンタジーは好走血統の『ディープインパクト産駒。その上で母系に欧州型のスタミナ・パワータイプの血統を取り込む』に該当する馬で好走が期待できます。


ローズステークス2019の好走血統のまとめ

最後にこの記事の内容のまとめをご紹介します。振り返りとしてご参考ください。


この記事のまとめ

  1. ローズステークスの好走血統は『ディープインパクト産駒。その上で母系に欧州型のスタミナ・パワータイプの血統を取り込む』。
  2. ローズステークスの好走血統に該当する馬は“ダノンファンタジー”。
  3. <参考>阪神芝1800mはディープインパクト×欧州型血統が走る。

以上、ローズステークスの好走血統を特集しました。最後までお読みいただきありがとうございました。



動画で分かる!ローズステークスの好走血統

記事の内容は動画でも制作しており、YouTube『KAZUの競馬予想』チャンネルで公開しています。この動画で内容を確認したいという方は、ぜひご参考下さい!
(チャンネル登録やグッドボタンをいただけると嬉しいです!)

こちらの記事もおすすめ

-2019年9月第2週, 2019年ローズS, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.