2019年 オーバルスプリント 2019年9月第2週 KAZUの予想

オーバルスプリント2019 予想|血統を軸に選ぶ馬券の狙い目!

更新日:

競馬予想

こんにちは!KAZUです。
この記事では、注目の交流重賞「オーバルスプリント(JpnⅢ)」の予想を特集します!

僕の予想法は血統を軸にして、その上でレース傾向や馬場傾向、展開や仕上がり(調教内容・外厩)をふまえた予想となっています。この点をふまえて、ご参考いただければと思います。

それではオーバルスプリント(JpnⅢ)の予想印をご紹介します!

オーバルスプリントの血統を軸にした予想印

まずはオーバルスプリントの全体の予想印をご紹介します。



【オーバルスプリント 予想印】

◎⑤ワイドファラオ
〇⑨ヤマニンアンプリメ
▲②ノブワイルド
△③サクセスエナジー
△⑦ブルドッグボス


それでは、ここからは予想印の根拠についてご紹介していきます。


◎(本命)⑤ワイドファラオ

ワイドファラオ

父:ヘニーヒューズ 母:ワイドサファイア  母父:アグネスタキオン

好材料:好走血統・脚質◎・ダート2戦目・斤量減


オーバルスプリントは『芝・ダート兼用の血統』が好走血統にあたります。過去レースではブライアンズタイムやダノンシャンティ、ダイワメジャー産駒が好走しています。

その点で考えれば、父がダート中心ながらも芝も走るヘニーヒューズであることは評価できます。またワイドファラオ自身が既に芝・ダートで実績を残している点も好印象です。

米国型血統である父ヘニーヒューズの血を色濃く受け継ぐワイドファラオにとって、左回りでカーブの角度がきつく先行力が求められる浦和ダート1400mコースは向いています。


前走のユニコーンステークスは初ダートながら、前半3ハロン33.9のハイペースで逃げながら最後はデュープロセスをしっかりと抑え込んで1着。強い内容でした。

今回は前走と比較してスタート地点がダートなど懸念材料もありますが、ダート2戦目、前走からの斤量が2㎏減、そして距離短縮など好材料の方が多いです。

先行力を活かした押し切り勝ちを予想します。


〇(対抗) ⑨ヤマニンアンプリメ

ヤマニンアンプリメ

父:シニスターミニスター 母:ヤマニンエリプス  母父:サンデーサイレンス

好材料:連勝中・交流重賞〇・斤量53kg


今年に入って充実が著しいヤマニンアンプリメ。前々走の北海道スプリントカップ、前走のクラスターカップともにメンバー最速の末脚を繰り出して快勝しています。

今回は1200mから1400mへの距離延長となりますが、かきつばた記念や黒船賞の1400mでの交流重賞で実績を上げていますので問題ないでしょう。


血統も父が米国型のエーピーインディ系のシニスターミニスターで左回りの非根幹距離との相性もいいでしょう。母系の4代にはサーゲイロードがおり、このサーゲイロードの血がヤマニンアンプリメの鋭い瞬発力に繋がっている印象を受けます。

斤量も前走と同じ53㎏で出走できるのも魅力です。

最終的にはワイドファラオの方が前走からの条件が好転するため上位評価としていますが、ヤマニンアンプリメの評価も高く上位拮抗の対抗評価です。


▲(単穴) ②ノブワイルド

ノブワイルド

父:ヴァーミリアン 母:コウエイベスト  母父:アンバーシャダイ

好材料:前年度覇者・前走同コース・斤量大幅減


オーバルスプリントは地方所属馬が他交流重賞よりも好走傾向で、そしてリピーターレースでもあります。その点で地方所属馬で昨年のこのレースの覇者であるノブワイルドは要注意の一頭です。


血統的には父ヴァーミリアン×母父アンバーシャダイで、ダートでもスタミナに長けた配合となっています。浦和競馬場はコーナーの傾斜が激しくスタミナがロスしやすい特徴があります。その点でスタミナに長けた血統構成は高評価です。

また母コウエイベストは地方で57戦して17勝をあげた鉄人。母譲りのタフさも魅力の一つでしょう。

ローテーションとして前走と同コースで、その上で斤量が3キロ減になることは大きな魅力です。昨年同様の一発も十分に考えられます。


△(連下) ③サクセスエナジー、⑦ブルドッグボス

サクセスエナジー

父:キンシャサノキセキ 母:サクセスアイニー  母父:ジャングルポケット

好材料:交流重賞〇・前走同距離

連下の一頭目のサクセスエナジーですが、前走9着のプロキオンステークスは直線で大きな不利があったため度外視。交流重賞は安定して結果を残していますので好走が期待できます。ただし今回は他馬よりも極端に重い58㎏の斤量が気になり、連下評価までです。


ブルドックボス

父:ダイワメジャー 母:リファールカンヌ 母父:デインヒル

好材料:一昨年同レース3着・交流重賞〇・道悪〇

次にブルドックボスですが、近走の成績は奮いませんが一昨年のこのレースの3着馬。リピーターレースであることを考慮すると注意が必要です。また父がダイワメジャーであることから、馬場が渋り道悪になった際は浮上の可能性を秘めます。連下では抑えておきたい一頭です。



以上、この記事ではオーバルスプリントの予想を特集しました。
最後までお読みいただきありがとうございました。



こちらの記事もおすすめ

-2019年 オーバルスプリント, 2019年9月第2週, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.