2019年9月第2週 KAZUの予想

レインボーステークス2019 予想|血統を軸に選ぶ馬券の狙い目!

投稿日:

競馬予想

こんにちは!KAZUです。
この記事では、レインボーステークス(3勝クラス)の予想を特集します。

しっかりと予想していきますので、ぜひご参考ください!

レインボーステークスの予想のポイント

まずはレインボーステークスの予想のポイントをご紹介します。


予想のポイント

  1. ディープインパクト産駒・ルーラーシップ産駒
    例年のレインボーステークスの好走血統は『父がスタミナ型サンデー系』。ただし先週の中山開幕週の馬場傾向を見る限り今年は馬場傾向が異なる。血統として抑えるべきはトレンド血統(直近好走血統)で、先週の中山芝2000mで好走が目立ったディープインパクト産駒とルーラーシップ産駒。

  2. 高速馬場への対応
    開幕週となった先週の芝レースの傾向は、例年のエアレーション効果による差し・追込み決着とは真逆で高速馬場かつ内先行有利の傾向。レース開催日の天気予報も“晴れ”で先週からの馬場傾向は変わらないと読み、高速馬場への対応力が求められる。そして脚質は先行有利。

  3. ミドルペースで脚質タイプは持続力
    ペースを作るのは⑦タガノアスワド。溜めて逃げるタイプの馬ではないためペースはある程度流れると予想(ミドルペース)。ラスト5ハロン~4ハロンでラップがあがる脚質タイプ“持続力”が求められるレースと想定。

レインボーステークスの予想印

それでは、この予想のポイントをふまえたレインボーステークスの予想印とその根拠についてご紹介していきます。



【レインボーステークス 予想印】

◎⑨ダイワメモリー
〇⑪ブレステイキング
▲④ヴァンケドミンゴ
☆⑦タガノアズワド
△⑫ゴールドギア


◎(本命)⑨ダイワメモリー

⑨ダイワメモリー

父:ノヴェリスト 母:ダイワスカーレット  母父:アグネスタキオン

好材料:該当コース2戦2勝、持続力、追い切り〇


父がモンズーンの後継種牡馬でドイツ血統のノヴェリスト、母が名牝ダイワスカーレットという良血馬です。ノヴェリスト産駒は日本の高速馬場にもそれなりに対応できる欧州型血統で仕上がりが早い特徴があります。
ただし本質的には欧州型血統のためスタミナとパワーが特徴。その産駒も持続力もしくは底力が求められるレースで好走傾向です。

ダイワメモリーは瞬発力よりは長くいい脚を使って勝負するタイプの馬。脚質タイプでいうなら“持続力(底力)”です。実際に2走前のテレ玉杯(2勝クラス)はタガノアズワドが2ハロン目から11秒台のラップを継続して持続力勝負となったレースを勝ちきっています。

昇級初戦となった前走佐渡ステークス(3勝クラス)も1.57.5の高速時計を3着と好走しており、高速馬場への適性と3勝クラスでも力が上位であることを示しました。

今回新潟芝2000mから中山芝2000mに変わることは好材料です。

最終追切では美浦南Wコースで馬なりで、勝利した2走前“テレ玉杯”と同タイムのいい走りを見せています(2走前の最終追切は強め)。

ここは勝ち負けが期待できます!


〇(対抗)⑪ブレステイキング

⑪ブレステイキング

父:ディープインパクト 母:シユーマ  母父:Medicean

好材料:トレンド血統・高速馬場〇


父がトレンド血統のディープインパクト、母がイギリスの8ハロンのGⅠ“サンチャリオットS”、カナダの10ハロンのGⅠ“EPテイラーS”などを勝ったシユーマ、母父がマキャベリアン系のMedicean(メディシアン)の血統構成。欧州で活躍した繁殖牝馬とディープインパクトの配合の良血馬です。

母系よりは父系のディープインパクトの特徴が強く受け継がれている印象で、上り3ハロン33秒台の鋭い末脚と高速馬場への対応力の高さがブレイステイキングの個性です。ベストは左回りの東京芝2000mで脚質タイプは“瞬発力”と考えます。

そのような意味で考えると、中山芝2000mは問題ないとしても、このレースでは求められる脚質タイプにズレが生じます。実際に前走のTVh賞(3勝クラス)は2ハロン目から11秒台のラップが続く持続力勝負の一戦となり、単勝1倍台の圧倒的人気を裏切る4着となっています。

昨年のジェネラーレウーノが勝ったセントライト記念で4着の実績もある馬ですから、もちろん持続力勝負がダメというわけではありません。ただし根本的には瞬発力勝負が向く馬。

ここはダイワメモリーを上位に取り、ブレイステイキングは対抗評価とします。


▲(単穴) ④ヴァンケドミンゴ

④ヴァンケドミンゴ

父:ルーラーシップ 母:アンフィルージュ 母父:アグネスタキオン

好材料:トレンド血統〇、連勝中〇、持続力


先週の同舞台で行われた重賞レース“紫苑ステークス”はディープインパクト産駒のカレンブーケドールを抑えてルーラーシップ産駒のパッシングスルー、フェアリーポルカが1着、2着。その意味でトレンド血統のルーラーシップ産駒のヴァンケドミンゴは評価したい馬です。

全兄には皐月賞2着のサンリヴァルがおり、中山芝2000mへの適性の高さを伺わせます。また祖母はウメノファイバーで1990年代後半に競馬にのめり込んでいた管理人からすると感慨深い血統です。

2歳秋のデビューから3歳春までは今一つな成績でしたが、この夏は福島で1勝クラス、2勝クラスと連勝してきました。この勝因はこの馬の脚質タイプ“底力(持続力)”とレースラップが合致したことにあります。
現時点では、バテてからの底力勝負がこの馬の能力をフルに発揮できる展開となります。

高速馬場への適性は疑問ですが、タガノアズワドの逃げが想定よりも早くなり底力勝負になれば浮上の可能性がでてきます。


(対抗)⑦タガノアズワド

タガノアズワド

父:ネオユニヴァース 母:エイシンミュー  母父:スピニングワールド

好材料:逃げ〇・調教〇・持続力


父がダート型サンデー系に分類されるネオユニヴァースに母がエイシンミュー、母父がスピニングワールドの血統構成です。母の活躍も今一つですし、近親馬からも活躍馬は出ていません。

地味な血統の印象を受けるタガノアズワドですが、先行力があり脚質が逃げであることが最大の魅力です。高速馬場で内先行有利の馬場傾向はタガノアズワドにとって大きな後押しとなります。
自分のペースを守り淀みないペースで逃げ、レース全体を持続力勝負に持っていくことがこの馬の個性です。

最終追切は栗東坂路で4ハロン50.1‐ラスト1ハロン12.5の好時計を馬なりでマーク。前走勝利した西部スポニチ賞から引き続いて状態は良さそうです。

成績はネオユニヴァース産駒らしく非根幹距離の芝1800mで好走傾向。1800mから2000mへの距離延長、小倉の平坦コースから中山の起伏が激しいコースへの変更といった懸念材料もありますが、ハマれば面白い一頭でしょう。



星以降の連下には中山コースとの相性が良く調教も動けているゴールドギアを推奨します。中山芝2000mは1戦1勝、中山コースは6戦して全て掲示板を確保している中山巧者です。最終追切も動けており、上昇気配が感じられます。注意が必要でしょう。



以上、この記事ではレインボーステークスの予想を特集しました。
最後までお読みいただきありがとうございました。



こちらの記事もおすすめ

-2019年9月第2週, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.