血統から競馬を楽しむ!

競馬知恵袋

エタリオウは強い!?血統・配合から適性や特徴を分析!

更新日:

エタリオウ


競馬は血統のスポーツ!
馬券を予想する上で、有力馬の血統・配合はしっかりと把握しておきたいところです。

そこで、今回はエタリオウの血統・配合から能力や特徴を考察します。

ぜひ、馬券予想にお役立てください!



エタリオウの血統構成


まずは、血統の基本となる父・母・母父を取り上げます!

父:ステイゴールド


大種牡馬サンデーサイレンスを父にもつステイゴールド。
2001年に、日本生産馬として史上初となる国外GⅠを勝利しました。

現役時代は50戦7勝。
主な勝鞍は2001年の香港ヴァーズ(GⅠ)があげられます。

現役時代は2着が12回あることから「シルバーコレクター」という異名を持ち、GⅠ馬以上にファンから愛されたステイゴールド。

引退レースとなった海外GⅠ香港ヴァーズで怒涛の末脚をみせ、初GⅠ制覇を飾り種牡馬入りします。

種牡馬入り後は、現役時代の惜しい成績を払拭するかのような大活躍をみせます。

春秋グランプリ制覇を成し遂げたドリームジャーニー、史上7頭目のクラシック三冠達成馬であるオルフェーヴル、GⅠ6勝馬ゴールドシップ、天皇賞連覇を遂げたフェノーメノなどの数々の名馬を輩出します。

ステイゴールド産駒の特徴は芝の2000m以上を得意としており、距離が伸びれば伸びるほど良く、長距離適性が高いことです。

また大舞台に強くクラシックや古馬王道GⅠで大掛けする馬も多いです。

その他、中山・阪神と急坂のあるコースが得意で、重馬場を苦にしないパワーを兼ね備えています。

最近になり、ステイゴールド系という系統を徐々に確立しつつある名種牡馬です。

母:ホットチャチャ


ホットチャチャは米国産の繁殖牝馬です。

現役時代は19戦6勝。
GⅠ・Qエリザベス二世チャレンジCを含む重賞を4勝した活躍馬です。

繁殖牝馬入りした後は、エタリオウの全姉となるブブールチャチャを産んでいますが、7戦0勝と目立った活躍は残していません。

ブブールチャチャの全弟のエタリオウが大きな活躍をみせています。

母父:カクタスリッジ


カクタスリッジは、米国で生産された競走馬で現役時代の成績は4戦4勝。
主な勝鞍はGⅢ・リステッド競走の勝利に留まっています。

種牡馬入り以降の代表産駒はエタリオウの母:ホットチャチャがあげられ、その他ではGⅡを勝ったマダムカクタスなどがあげられますが、種牡馬として特筆すべき活躍はみせていません。


エタリオウの血統・配合を分析/3つのポイント


次にエタリオウの血統・配合の詳細な分析を行います!

まずはエタリオウの5代の血統表を確認しましょう!!

エタリオウ 血統表(5代)
【インブリード】
なし
※クリック・タップすると拡大されます!


ここからは血統・配合においての3つのポイントを取り上げます!

ステイゴールド産駒としてその特徴を大きく引継ぐ


エタリオウの血統の特徴の一つ目は、ステイゴールド産駒としての特徴を大きく引き継いでいることがあげられます。

母が米国でGⅠを制したホットチャチャとはいえ、2歳、3歳のエタリオウの活躍をみると父:ステイゴールドの影響が色濃いと考えるべきでしょう。

ステイゴールド産駒の特徴は長距離適性が高いこと、大舞台に強いこと、中山・阪神など急坂のあるコースが得意、重馬場を苦にしないことがあげられます。


エタリオウ自身の能力・適正も上記の特徴があると考えてよいでしょう!


母系が米国血統でスピードの持続力と加速力を補完する


ステイゴールドの母系血統は米国型血統が主流になっています。

母父はカクタスリッジですが、3代にはブロードブラッシュ、4代にはストームキャットの名種牡馬の血が入っています。

米国型血統は、スピードの持続力と加速力が高いことが特徴です。

エタリオウはステイゴールド産駒の特徴を基本としつつ、母系から米国型血統の特徴であるスピード能力を補完しているといえるでしょう!


>参考:米国型血統の特徴がわかる記事「米国型血統の特徴・傾向とは!?」

アウトブリードが競走馬としての補助能力を高める


エタリオウは5代血統表にインブリードがなく、アウトブリードの血統になっています。

アウトブリードは、気性や体質の強化、息の長い活躍などが期待でき、産駒能力も安定する効果が期待できます。

そのような点から成長型を考えると、古馬になってからの成長力はもちろんのこと、その持続性が見込めます。


>参考:アウトブリードの特徴がわかる記事「アウトブリードの特徴と効果とは!?


まとめ/エタリオウの血統・配合から考える特徴


最後に今回特集した「エタリオウの血統・配合から考える特徴・強さ」についてまとめます。


 エタリオウの特徴

  • ステイゴールド産駒としてその特徴を色濃く引き継ぐエタリオウは、2400m~3200mの長距離を得意として、GⅠなどの大舞台に強い。ただし、父同様にシルバーコレクターの可能性もうかがわせる。

  • 得意コースは中山・阪神など急坂のあるコースが向いており、パワーも兼ね備えていることから馬場状態が悪化して苦にしない。

  • 成長型はステイゴールド産駒の特徴の古馬になってからの成長力が期待でき、その息も長い。母系の米国型血統が仕上がりの早さを補完していると考え、古馬になってから力をつける普通(遅)タイプ(晩成まではいかない)。


今回は血統・配合からエタリオウの特徴についてまとめてみました!

いかがでしたでしょうか!?

馬券予想に少しでも参考になれば嬉しいです!



以上、「エタリオウの血統・配合から特徴や強さを考察!馬券予想に役立つ血統分析」でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


その他、アーモンドアイやインティなど注目馬の記事をまとめています!
ぜひ、ご覧ください!!

注目馬の特集記事のまとめページをみる!

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.