2019年 阪神牝馬S 特集

【2019年 阪神牝馬ステークス】亀谷敬正氏の血統理論にもとづく注目馬!

更新日:

ミッキークイーン


競馬は血統のスポーツ!

血統が分かれば、競馬の面白さが倍増します!!


そこで血統といえば、血統馬券予想理論『血統ビーム』の提唱者の亀谷敬正氏でしょう。

今回は亀谷氏の血統理論を参考とした『2019年 阪神牝馬ステークス』の注目馬について特集します!


馬券予想にぜひご参考下さい(^^)

阪神牝馬ステークスの予想のポイント①|データ×レース傾向

データ

予想のポイント①| データ×レース傾向

・前走GⅠを使っている格上馬か前走3着以内の好調馬(〇)
1600mに距離が変更された過去3回で馬券になった全ての馬がどちらかに該当

引用:重賞ビーム 2019 (サラブレBOOK)


まずは前走GⅠを使っている格上馬ですが、前走エリザベス女王杯のカンタービレが該当馬です。

次に前走3着以内の好調馬ですが、京都牝馬S3着のアマルフィコースト、京都金杯3着のミエノサクシード、うずしおS1着のメイショウオワラ、中山記念2着のラッキーライラック、東京新聞杯2着のレッドオルガが該当します。


阪神牝馬ステークスの予想のポイント②|血統×レース傾向

血統(DNA)

予想のポイント②| 血統×レース傾向

・芝中距離の上位種牡馬。ディープインパクト産駒

引用:重賞ビーム 2019 (サラブレBOOK)


まずはディープインパクト産駒ですが、カンタービレ、サトノワルキューレ、サラキア、ミッキーチャーム、レッドオルガ、ワントゥワンが該当馬としてあげられます。


多いですね・・・

これでは絞りきれないないので、ここに独自に直近3年の1着馬に注目してみると、


2016年勝馬:スマートレイアー
(父:ディープインパクト、母父:ホワイトマズル(リファール系))

2017年勝馬:ミッキークイーン
(父:ディープインパクト、母父: ゴールドネイエフ (ヌレイエフ系))

2018年勝馬:ミスパンテール
(父:ダイワメジャー(Pサンデー系)、母父:シンボリクリスエ(ロベルト系))

であり、父はディープインパクトもしくはPサンデー系、母父は欧州型の組み合わせになっていることが分かります。

--------------------
【参考:Pサンデー系とは】
スピードに優れたタイプで、現役時代に短距離を得意としていた種牡馬で産駒もマイル以下の適性が高い血統。
--------------------

この視点で出走予定馬を分析すると、アマルフィコースト、カンタービレ、サラキア、ベルーガ、ミッキーチャーム、レッドオルガ、ワントゥワンが該当馬としてあげられます。


これでも絞り切れません。。。

そこでさらに阪神牝馬ステークスの過去3年の3着以内馬の血統を見ると、父はディープインパクトかPサンデー系でありながら、母父ならびに母母父、父母父には欧州型血統の割合が多いほど好走傾向にあることを発見!

その点で絞り込むと、アマルフィコースト、カンタービレ、サラキアの3頭に絞られます。


まとめ|2019年 阪神牝馬ステークスの予想のポイント

競馬


今回は血統馬券予想理論『血統ビーム』の提唱者である亀谷敬正氏の血統理論を参考に、阪神牝馬ステークス(GⅡ)の出走馬の分析を特集しました!


ここまで分析を進め、現時点で阪神牝馬ステークスでの注目馬をあげると、

アマルフィコースト、カンタービレ

の2頭が中心で、そこに

サラキア

が加わる構図となりそうですね!

枠順や当日の馬場状態、直前追切、関係者・陣営のコメントなど、まだまだチェックすることはありますが、この3頭は注目と言えそうです!

ぜひ、馬券予想にご参考下さい!

<ツイッターフォローください!>
競馬予想に役立つ情報をどんどん配信していますよ(^^)


以上「【2019年 阪神牝馬ステークス】亀谷敬正氏の血統理論にもとづく注目馬!」でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【補足】
本記事の予想は亀谷敬正氏の血統理論を参考に管理人が独自に予想しています。
実際の亀谷敬正氏の予想はオフィシャルサイトよりご確認下さい。

※亀谷敬正氏のサイト
亀谷敬正氏の「血統ビームオフィシャルサイト」
ブラッドバイアス血統馬券プロジェクト

こちらの記事もおすすめ

-2019年 阪神牝馬S 特集

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.