春雷ステークス(2019年) 馬券予想|狙い目は牝系に欧州型を取り込んだ馬!

投稿日:


「WIN5狙いなので、春雷ステークスも当てなきゃいけない」
「馬券は桜花賞メインだけど、中山メインレースを馬券を買うよ」

この記事はそのような方へ向けて書いています。

こんにちは。競馬知恵袋の管理人の「KAZU」です。

桜花賞に隠れて若干注目を浴びていない中山メインレース「春雷ステークス」。

WIN5対象レースですから、侮れません!

そこで、この記事では2019年春雷ステークスの狙い目の馬をピックアップします。

予想については、亀谷敬正氏の血統理論を参考に組み立てています。

馬券予想にぜひご参考下さい(^^)

過去5年 春雷ステークス 血統傾向

牝系に欧州型血統を取り込んだ馬


過去5年の春雷ステークスの血統傾向を見ると牝系に欧州型血統を取り込んでいる馬が好走傾向にあります。

特に母父の系統で考えると、過去5年3着内15頭中10頭は欧州型血統となっています。
(母父日本型血統:4頭、母父米国型血統:1頭)

このあたりを加味すると直線急坂がありタフな中山コース、狙い目は欧州型血統の血を取り込んだ馬となるでしょう。

ナスルーラ、ミスプロ、ノーザンダンサー系の血を取り込んだ馬


また血統3代で考えた場合、過去5年馬券に絡んだ馬はナスルーラ、ミスプロ、ノーザンダンサー系の血統を持った馬が多いです。

過去5年の父、母父、父母父、母母父の血統本数60本中、

ノーザンダンサー系 18本(30%)
ナスルーラ系    12本(20%)
ミスプロ系     11本(18%)

となっています。

この3つの系統を持った馬が狙い目でしょう。

中山芝1200m コース傾向

1番人気が好成績、逃げ・先行が圧倒的に有利


中山芝1200mのコース傾向は、1番人気が好成績(勝率:38.7%、複勝:67.6%)で、逃げ・先行が圧倒的に有利(逃げ/勝率:16.2%、複勝率:34.2%、 先行/勝率:11.7%、複勝率:36.0% )となっています。
※データ集計期間:2016.1.1~2018.12.31

1番人気、脚質は先行できる馬を狙うのが妥当でしょう。

春雷ステークスの狙い目な馬

本命:メイソンジュニア

本命はメイソンジュニアです。

投稿日時点の人気は1番人気で先行脚質の馬で、コース形態からの特徴にもあった馬です。

父:メイソンはイギリス生産の欧州型ノーザンダンサーのダンチヒ系、母父が欧州型のネイティヴダンサー系、父母父、母母父も欧州型血統と続き、血統の相性も抜群といえるでしょう。

逆に血統全体が欧州型血統に偏りすぎている点は気になるところではありますが、信頼できる一頭でしょう。

中山芝コースも3歳時のニュージーランドトロフィーで8番人気で2着と激走しており、その点も買い材料です。

その他でいえば、同じく牝系に欧州型の血統を取り込むタイムトリップやクインズサリナ、キングハートあたりが注目馬といえます。

最後に・・・


この記事では、2019年春雷ステークスの狙い目の馬と特集しました。

ぜひ、馬券予想にお役立てください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.