ラヴズオンリーユー強い|【血統分析】兄リアルスティールを超えるかは『大舞台での底力』が鍵! 

更新日:

ラブズオンリーユー

「ラヴズオンリーユーの血統の特徴を知りたい・・・。競走馬としてどのような個性があるの!?」


この記事はこういった疑問に答えていきます!

本記事の内容<目次>

①全兄はリアルスティール、プロディガルサン、ラングレー

②ディープインパクト×ストームキャットのニックス配合

③3代母は名牝Miesque、牝系からはKingmamboなど名馬を輩出


こんにちは!
競馬知恵袋、管理人のKAZUです。

競馬は血統のスポーツといわれます。

血統を知れば、競走馬の能力や特徴がみえてきます。

そこで、この記事ではラヴズオンリーユーの血統分析を特集します。

血統分析からラヴズオンリーユーの競走馬としての個性を考えます!

丁寧に分析していきます。

是非、じっくりとご覧くださいm(_ _)m

全兄はリアルスティール、プロディガルサン、ラングレー

リアルスティール
兄:リアルスティール

ラヴズオンリーユーといえば、母:ラヴズオンリーミーの繁殖牝馬としての優秀さがあげられます。

全兄はGⅠ馬リアルスティールをはじめプロディガルサン、ラングレーなど、その世代のクラシック候補生です。

デビュー時から素質と存在能力の高さを大きく評価されました。

ただし、この家系からクラシックホースは出ていません。

リアルスティールもプロディガルサンもラングレーも競走馬として高い能力を持ちながら、大舞台では今一つ勝ちきれません。

勝ちきれない家系という印象を受けます。

ディープインパクト×ストームキャットのニックス配合

ラヴズオンリーユー 血統表①
ラヴズオンリーユー

ラヴズオンリーユーの血統表でまず目に入るのが、父:ディープインパクト×母父:ストームキャットのニックス配合です。

父:ディープインパクト×母父:ストームキャットの配合は、アユサン、エイシンヒカリ、キズナ、サトノアラジン、ラキシスなど多くの活躍馬を輩出しています。

この配合は、根本的にスピードと瞬発力に長けており、マイル~中距離を得意とする特徴があります。


全兄となるリアルスティール、ラングレー、プロディガルサンともに1600~2000mを得意としています。

ただし、リアルスティールが菊花賞で2着と好走したように適性距離以上の長距離も高い能力で補ってくる可能性もうかがえます。

また時に、人気して大負けすることもある血統ですので注意が必要です。

3代母は名牝Miesque、牝系からはKingmamboなど名馬を輩出

三代母:ミエスク

ラヴズオンリーユーの3代母は名牝Miesqueです。

Miesqueは英1000ギニー(G1)、仏1000ギニー(G1)、BCマイルなどGⅠ10勝を果たした世界的名牝です。

また繁殖牝馬としても初仔でKingmamboを産んでいます。

Kingmamboはその後、種牡馬として大活躍してキングマンボ系という系統を確立しています。

日本でもエルコンドルパサーやキングカメハメハなど名馬を輩出しました。

その他でも、この牝系からは多くのGⅠ馬を生まれています。

基本的には欧州のマイル気質の血統です。

ただ日本馬場への適性は高く、高速馬場の対応力も高いです。

兄を超えられるか『大舞台での底力が鍵』

ここまでは、ラヴズオンリーユーの血統の特徴を3つに絞って紹介しました。

母系の血統の筋は非常に良く、ディープインパクト×ストームキャットのニックス配合。

申し分のない超良血馬です。

全兄からのGⅠ馬が出ており、素材は一級品です。

競走馬としての能力も非常に高いものを持っているでしょう。

あとは勝ちきることができるかどうか。

勝利への執念がどこまで備わっているかが重要です。

この家系の牝馬ですから、一度成績を崩すとパフォーマンスを戻すのは難しいように感じます。

どこまで勝ち続けれるかが重要な気がします。

いずれにせよ、兄リアルスティールを超える鍵は『大舞台での底力』ではないでしょうか。



以上、この記事ではラヴズオンリーユーの血統から能力や特徴を分析しました(`・ω・´)b

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.