2015年度産駒(4歳世代) 2019年 天皇賞春 注目馬 血統解説

フィエールマンは強い!?血統・配合から適性や特徴を分析!

更新日:

フィエールマン


「フィエールマンが強さを発揮できる距離適性や得意コースを把握したい 」
「フィエールマンの血統や配合の特徴を知りたい」

この記事はそのような方へ向けて書いています。

こんにちは。競馬知恵袋の管理人の「KAZU」です。

この記事では、フィエールマンの血統・配合から能力を発揮できる適性や競走馬としての特徴を分析します。

内容は血統構成、血統分析、適性診断の3部構成です。

ぜひ、馬券予想にお役立て下さい!!



フィエールマン 血統構成

フィエールマン
フィエールマン 血統表(5代)
※クリック・タップすると拡大します。


父はディープインパクト。

父で大種牡馬のサンデーサイレンスの最高傑作といわれるディープインパクト。

現役時代は無敗で牡馬三冠を制覇したほか、ジャパンC、有馬記念、宝塚記念、天皇賞・春などビッグレースを制覇しました。

種牡馬としても数多くの名馬を輩出しており、現在はディープインパクト系という系統を確立しています。

産駒は芝中距離戦に強く、スローペースの上り勝負を得意としており、末脚の鋭さが最大の武器です。

一方で1400m未満と2500m以上になると成績が低下傾向にあります。

直線の長いコースを得意としており、東京競馬場を中心に京都競馬場、阪神競馬場で好成績です。

スピード型の血統構成を持つ繁殖牝馬との相性がよい傾向にあります。

母はリュヌドール 。

仏国で生まれ調教を積み、競走馬としてデビューしています。

現役時代は芝2000m~2500mで活躍し、伊国のGⅠ・ リディアテシオ賞など重賞を3勝しています。
通算成績は13戦4勝です。

2004年にはジャパンカップにも参戦しています。

欧州で繁殖牝馬入り後、日本に輸入されフィエールマンを送り出しました。

欧州、日本ともにフィエールマン以外の産駒の活躍馬は出ていません。

母父はグリーンチューン。

祖父ニジンスキー、父グリーンダンサーと続く血統で底力と欧州血統特有のパワーとスタミナを引き継ぐグリーンチューン。

国内で走った産駒の競走馬は少なく、また母父としてもフィエールマンやフィエールマンの半姉のルヴォワールなどに限られます。

父グリーンダンサーの産駒でいえば、日本ではエイシンプレストンがいます。

また父サンデー系で母父ニジンスキー系の配合で考えれば、ダンシングキイの「華麗なるダンス一族」に始まり、多くの活躍馬を輩出しています。

その他、父の母の父(ディープインパクトの母父)は 、リファール系でスピードの加速力に優れ、直線の瞬発力勝負に強いアルザオ

母の母の父(リュヌドール の母父)は、日本馬場の適性とスピード能力が高いプリンスリーギフト系のノワールエトールです。

フィエールマン 血統分析


大種牡馬の系統で考えれば、父サンデー系×母父ニジンスキー系の配合です。

多くの活躍馬を輩出しており、中距離以上、ダンスインザダークなどは3000m以上の長距離でも活躍しました。

父がディープインパクトに変わり、距離適性は中距離よりにシフトしている感はありますが、通常のディープインパクト産駒のように2400m以上になると極端にパフォーマンスが落ちることはなさそう。


母が欧州のGⅠを勝ち競走能力に長けた馬であること。
母系に日本の芝適性が高いプリンスリーギフト系の血を取り込んでいること。
そこにディープインパクトの血が加わっているので、日本馬場でのスピード能力は非常に高いです。

特にディープインパクト産駒特有の瞬発力・切れ味は世代屈指でしょう。

理想的なレース展開は、スローペースの直線瞬発力の展開です。

ただし、母系にスタミナとパワーの欧州血統を取り込んでいるので、パワーが求められるコースやタフなレース展開の流れにも対応できそう。

総合能力が高く、毎レース結果を残し、よほどの不利がなければ凡走することはなさそうな馬です。


フィエールマン 適性診断

距離適性

適距離:2000m~2500m
※マイル~長距離までの距離も幅広くこなす。

馬場適性

芝:◎
ダート:×

馬場状態

良馬場:◎
道悪:〇

コース適性

左回り:〇
右回り:〇
得意競馬場:京都競馬場、阪神競馬場、東京競馬場

成長型

普通(早)

血統的に最も向いているコースは京都の2000~2400m。
大阪杯が行われる阪神2000mや東京競馬場2000m~24000mのパフォーマンスも高そうです。

京都のフィエールマンは積極的に狙っていきたいところです!


以上、この記事ではフィエールマンの血統から能力や特徴を分析しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

-2015年度産駒(4歳世代), 2019年 天皇賞春, 注目馬 血統解説

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.