2019年 天皇賞春 2019年4月28日 レース 亀谷氏 関連記事

【天皇賞春 2019年 予想】亀谷氏の血統理論にもとづく注目馬を特集!

更新日:

2018年 天皇賞(春)


こんにちは!競馬知恵袋管理人のKAZUです。

この記事では、亀谷氏の血統理論を参考にした天皇賞・春(2019年)の予想のポイントと注目馬を取り上げます。

馬券予想にぜひご参考下さい
(内容は投稿日時点の出走登録馬を対象に書いています。)



引用書籍:重賞ビーム2019について


この記事で参考にしているのは亀谷敬正氏が書いた書籍「重賞ビーム 2019」です。

中央競馬で行なわれるすべての平地重賞について、万馬券獲得や的中率をアップさせるためのポイントやヒントを特集しています。

重賞ビーム 2019 (サラブレBOOK)
亀谷 敬正(著)

予想のポイント|データ×レース傾向

データ

【傾向①】
2000m重賞で3着以内の実績あり(◎)
過去5年で馬券になった15頭中13頭が該当。複勝率32%、複勝回収率110%。これに該当しなかった上位人気馬の凡走も目立つ。


【傾向②】
内枠(〇)
過去5年で馬券になった15頭中10頭が1~4枠

引用:重賞ビーム 2019 (サラブレBOOK)


まず2000m重賞で3着以内の実績がある馬ですが、投稿日時点(2019年4月21日時点)の出走登録馬では、カフジプリンス、ロードヴァンドールの2頭のみです。

「これに該当しなかった上位人気馬の凡走が目立つ」といったデータ傾向が出ていますが、今回上位人気が予想されるフィエールマンやエタリオウ、ユーキャンスマイルはそもそも2000mの重賞レースに出ていません。

個人的にあまり気にしなくていいデータだと思います。

内枠については、3200mの長距離レース。

スタミナの消耗を考慮すると内枠がやはり有利ということ。

この枠順については、枠順発表を待って1~4枠に入った馬をチェックしましょう。

予想のポイント|血統×レース傾向

血統(DNA)

スタミナに加えてスピード持続性の高い血を持つ馬

【傾向①】
トニービンの血を持つ馬。そのなかでもボールドルーラー系の血を持つ馬。

【傾向②】
父がTサンデー系で母父が米国型かミスプロ系(大系統)

引用:重賞ビーム 2019 (サラブレBOOK)


まずトニービンの血を持つ馬についてチェックしましょう。

ハーツクライ産駒はハーツクライの母父がトニービンです。

そのため、ハーツクライ産駒のカフジプリンス、チェスナットコート、プリンスオブペスカはトニービンの血を持っています。

それ以外の馬は・・・、いませんね。


次に3頭の中でボールドルーラー系の血を持つ馬ですが、プリンスオブペスカが血統の4代にボールドルーラー系のBold Hourの血を持っています。
(Bold Hourの父はボールドルーラー(血統5代)です)

次に父がTサンデー系で母父が米国型か大系統でミスプロ系を考えます。

ちなみにTサンデー系とは、芝1800m以上で能力を発揮する産駒が多いサンデーサイレンス系の種牡馬の分類名です。

これに該当するのは、エタリオウ、チェスナットコート、プリンスオブぺスカ、メイショウテッコンの4頭です。

血統傾向の深堀り


ここからは管理人独自の血統傾向の深堀りです。

過去5年の天皇賞(春)で3着内に入った15頭中の種牡馬をみると、そのうちステイゴールド3頭、ハーツクライ7頭とこの2頭が圧倒しています。

その他の種牡馬をみると、ホッコーブレーヴのマーベラスサンデー、キタサンブラックのブラックタイド、サトノダイヤモンドのディープインパクト、昨年のクリンチャーのディープスカイの4頭です。

つまり全てサンデー系ということです。

天皇賞(春)はサンデー系が圧倒的に強いレースです。

サンデー系でもスタミナに優れるステイゴールド、ハーツクライ産駒をメインに、スピードの持続性が特徴の米国血統を取り込んだ馬を狙いたいです。

まとめ|天皇賞(春)の注目馬

競馬


今回は亀谷敬正氏の血統理論を参考に、天皇賞(春)の予想のポイントについて特集しました!

ここまで分析を進め、管理人の注目馬をあげると

エタリオウ

メイショウテッコン

の2頭です!

この2頭はデータ傾向にはあてはまらない可能性もありますが、血統的な魅力が大きいので期待します。

人気を集めるであろうフィエールマンについてですが、血統傾向とはあいません。

さらに2400m以上でパフォーマンスが下がるディープインパクト産駒です。

ただし、管理人はフィエールマンの母系がスタミナを特徴とする重厚な欧州血統で構成されている点をふまえると、現時点では馬券に絡んでくると踏んでいます。

当日の馬場状態や展開、枠順など、まだまだチェックすることはありますが、エタリオウ、メイショウテッコンの2頭は注目です!

馬券予想にご参考下さい!!



この記事では亀谷氏の血統理論を参考に天皇賞・春(2019年)の予想のポイントと注目馬を特集しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

予想におすすめ!

天皇賞春の関連記事をチェック

亀谷氏の関連記事をチェック

ウマゲノムで天皇賞(春)のエタリオウを馬券分析

ウマゲノムで天皇賞(春)のフィエールマンを馬券分析

【補足】
本記事の予想は亀谷敬正氏の血統理論を参考に管理人が独自に予想しています。
実際の亀谷敬正氏の予想はオフィシャルサイトよりご確認下さい。

※亀谷敬正氏のサイト
亀谷敬正氏の「血統ビームオフィシャルサイト」
ブラッドバイアス血統馬券プロジェクト

こちらの記事もおすすめ

-2019年 天皇賞春, 2019年4月28日 レース, 亀谷氏 関連記事

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.