【天皇賞春 2019年 予想】今井氏の血統理論「ウマゲノム」でフィエールマンの馬券分析!

更新日:

フィエールマン


こんにちは!競馬知恵袋管理人のKAZUです。

この記事では、競走馬の心身構造から好走を見抜く 「Mの法則」を提唱した今井雅宏氏の種牡馬を軸にした血統理論「ウマゲノム」にもとづく天皇賞・春(2019年)のフィエールマンの馬券分析を特集します。

馬券予想にぜひご参考下さい

参考書籍:ウマゲノム版種牡馬辞典2018-2019について


この記事で参考しているのは今井雅宏氏が書いた書籍「ウマゲノム版種牡馬辞典2018-2019」です。

ウマゲノム版種牡馬辞典は種牡馬の精神構造にまで踏み込み、それを実際の産駒のデータと照らし合わせて好走パターンを解説した書籍です。

難解な血統理論のため、この記事では「ウマゲノム版種牡馬辞典2018-2019」の内容を参考にしつつ、管理人の独自の見解を加えて分析していきます。

ウマゲノム 種牡馬辞典
ウマゲノム版 種牡馬辞典 2018-2019
今井雅弘(著)

ウマゲノム フィエールマン馬券分析

フィエールマン 菊花賞


フィエールマンの父はディープインパクトです。

そこでウマゲノムでのディープインパクトの種牡馬としての特徴をあげます。

    ウマゲノム ディープインパクトの種牡馬の特徴

  • 適応力に優れており、距離延長への対応、惨敗からの巻き返し、休み明けの好走が期待できる。
  • 高速上りでの能力が高く、レースの上りが速くなればなるほど期待値があがる。
  • ストレスなく走らせること、揉まれずに加速させるのがよく、広い馬場や外枠などでスムーズに競馬するかたちがベスト。
  • 芝での距離は1400m~2400mまで安定感が高い。ただしレースでのストレスが高くなる古馬での芝2400mの成績は3歳時と比較して低下する。
  • 疲労耐久能力が高くなく、使い詰めると競走寿命が縮まる、やる気をなくす。適度にレース間隔を開けて使っていけば、それほど能力低下はない。


ウマゲノムの特徴にもありますが、ディープインパクトは競走寿命が短いです。

レースへの闘争心、集中力に優れた産駒が多く、ビッグレースの厳しい展開で激走すると、競走寿命が縮まります。

日本ダービーを勝ったマカヒキやキズナなどが典型的な事例です。

フィエールマンについては体調面の弱さもあってか、間隔を開けてレースを使われています。

GⅠを制覇した菊花賞は3000mの長丁場でしたが、スローペースの終い勝負でそこまで消耗する展開ではありませんでした。

ディープインパクト産駒によくある古馬になっての不振パターンは、フィエールマンには当てはまらないでしょう。

またフィエールマンの距離適性は本来2000m~2400m前後がベストと考えますが、適応力に優れており、3200mの距離延長も対応できそう。

休み明けも苦にせず、逆にフレッシュな状態で臨めた方が好走パターンでしょう。

天皇賞春の傾向としては内枠が圧倒的有利ですが、揉まれることが得意ではない印象なので、4~6枠がベストな枠順。

また上り勝負が得意のため、レース道中はスローペースで直線の瞬発力勝負の展開が最も力を発揮できます。
一方で道中緩みなく進むペースだと、スタミナやスピードの持続性の問題が浮き上がり、勝ちきるまでは難しい印象です。

馬券の考え方


フィエールマンの天皇賞 春は、
揉まれることなくスムーズにレースが進められ、スローペースの直線勝負になれば1着2着の勝ち負け。

ミドルペースからハイペースで消耗戦になるとスタミナと末脚の特性の問題から、3着から掲示板までと考えたいです。

この記事では種牡馬血統理論「ウマゲノム」をもとに天皇賞 春(2019年)の予想を特集しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

予想におすすめの記事!

天皇賞春の関連記事をチェック

亀谷氏の血統理論にもとづく天皇賞(春)特集

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.