2019年 NHKマイルカップ 2019年5月5日レース ラップ理論

【NHKマイルカップ 2019年 予想】レースラップ理論「リランキング」で前走レースを評価!

投稿日:

ラップ


こんにちは!競馬知恵袋管理人のKAZUです。

この記事では、2019年NHKマイルカップの出走予定馬の前走レースをラップ理論でランク付けします。

前走レースをランク付けすることで、出走予定馬の力関係を探ります。

馬券予想に参考下さい!

ラップ理論「リランキング」を活用!


ラップ理論でレースのランク付けを行うにあたり、「リランキング」というラップ理論を使用します。

リランキングとは、東スポの「西の仕掛人」、レースラップ理論のパイオニア上田琢巳氏が考案した手法です。


この理論は、前走レースの前半3Fと後半3Fのタイムを足して、ランキング(順位付け)し直す手法を用います。

上田氏の著書「ラップトリック」では、具体的に以下のように説明されています。

ほとんどの競走馬が全力で走るのはゴール前の後半3F。位置取り争いが激しくなる前半3Fに力を注ぐ馬もいる。逆にそれ以外の道中は、折り合い重視で乗り、全力を出していない馬が多くいる。

上田が考案した「前半3F+後半3Fタイム」のリランキングは、折り合い重視の中間ラップをカットして、自身の前半3Fと後半3Fタイムを足し算すれば、競走馬の能力が見えてくるのでないかという考え方だ。

引用:勝ち馬はこの数字でわかる! ラップトリック (出版社: 秀和システム)


管理人は力関係がはっきりしない2歳、3歳戦のオープン競走や重賞競走では、このリランキングが有効と考えています。

実際に直近で行われた青葉賞は、リランキングタイム1位のリオンリオンが勝ちました。

リランキングを用いた前走レースのランク付け


投稿日時点のNHKマイルカップ出走予定馬の前走レースをリランキングします。

対象レースは、桜花賞、皐月賞、ニュージーランドトロフィー、アーリントンカップ、きさらぎ賞、毎日杯、ファルコンステークスの7レースです。

NHKマイルカップ リランキング

レースランクA:桜花賞


レースランクAは桜花賞です。

リランキングタイムが68.7と抜けて1位です。

前半3Fは35.4とスローで進んだものの、後半3Fは33.3のハイラップで桜花賞のレースレコードをマークしました。

NHKマイルカップには、その時計を叩きだしたグランアレグリアが参戦します。

牡馬が混じった今回のメンバー構成でも、ラップから考える能力値はトップクラスです。

レースランクB:皐月賞、ニュージーランドT、アーリントンC


レースランクBは皐月賞、ニュージーランドトロフィー、アーリントンカップの3レースです。

3レースともにリランキングタイムが69秒台です。

3レースの中でも、皐月賞は後半3Fが11.7 - 11.6 - 11.4と加速ラップを刻んでおり、優秀です。

ニュージーランドトロフィーの後半3Fは11.4 - 11.2 - 11.3。
アーリントンカップの後半3Fが11.5 - 11.0 - 11.9です。

減速ラップよりも加速ラップの方が出走馬の能力の高さを感じ、評価できます。

レースランクBは皐月賞⇒ニュージーランドT⇒アーリントンカップの順番で評価します。

レースランクC:きさらぎ賞、毎日杯、ファルコンS


レースランクCはきさらぎ賞、毎日杯、ファルコンステークスの3レースです。

リランキングタイムが最も遅いきさらぎ賞をレースランクCの中でも上位に位置付けているのは、きさらぎ賞が行われたときの京都の馬場状態が極端に時計がかかる状態であったためです。

きさらぎ賞3着のランスオブプラーナが毎日杯を勝っていますから、力関係を考えてもきさらぎ賞をレースランクCの上位に位置付けるのが妥当です。

毎日杯、ファルコンステークスの順位付けについては、後半3Fのラップで差がつけにくいため、全体の走破時計を考え、ファルコンステークス⇒毎日杯とします。

レースランクCはきさらぎ賞⇒ファルコンステークス⇒毎日杯の順番で評価します。

まとめ:レースランクAは桜花賞


NHKマイルカップの前走レースのレースランクAは桜花賞です。

桜花賞の後半3Fは10.8 - 11.0 - 11.5と非常に優秀なラップを刻んでいます。

レース内容もグランアレグリアが4角先頭で押し切っていますから、グランアレグリアの強さを感じます。

グランアレグリア以外の出走予定馬で気になる馬は、ニュージーランドトロフィー組のヴィッテルスバッハ。

レース後半3F33.9(11.4 - 11.2 - 11.3)の中で、ヴィッテルスバッハは後半3F33.3とメンバー中でも抜けた脚を使っています。

推測ですが、おそらく加速ラップで終い猛追していますのでラップから能力の高さを感じます。

ルーラーシップ産駒で東京競馬場との相性も良さそうなので、馬券的に面白い一頭です。


以上、この記事ではレースラップ理論「リランキング」をもとにNHKマイルカップ(2019年)の前走レースのランク付けを特集しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

予想におすすめの記事!

① 亀谷氏の血統理論にもとづく注目馬を特集!

② NHKマイルカップの関連記事をチェック


こちらの記事もおすすめ

-2019年 NHKマイルカップ, 2019年5月5日レース, ラップ理論

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.