2016年度産駒(3歳世代) 2019年 京都新聞杯

【血統解説】ブレイキングドーンは強い!?適性能力診断

更新日:

ブレイキングドーン


こんにちは。
競馬知恵袋の管理人の「KAZU」です。

この記事ではブレイキングドーンの血統分析を特集します。

記事の内容は血統分析、距離やコースなどの適性・能力診断馬券の狙い目の3部構成です。

馬券予想に参考下さい!



ブレイキングドーン 血統分析

ブレイキングドーン 血統表(5代)
ブレイキングドーン 血統表(5代)
※クリック・タップすると拡大します。


ブレイキングドーンは浦河町の高昭牧場の生産馬です。

血統構成は父:ヴィクトワールピサ、母:アグネスサクラ、母父:ホワイトマズルの配合です。

父:ヴィクトワールピサ×母父:ホワイトマズルの配合は該当馬が少ないですが、父:サンデーサイレンス系×母父:ホワイトマズルでいえばスマートレイアー(父:ディープインパクト)があげられます。

ヴィクトワールピサ産駒の特徴は、一瞬の脚を活かす競馬を得意としており、位置取りが極端に後方にならなければ、成績が落ちることはありません。

距離は芝の中距離の非根幹距離を得意としており、特に1800mは好成績です。


ブレイキングドーンの母:アグネスサクラはアグネス一族の牝系で曾祖母はアグネスフローラです。

アグネスフライトやアグネスタキオンといった芝の中距離で名馬を産みだしている家系です。

アグネスサクラの現役時代は32戦3勝。

芝のマイルから1800mのレースを中心に出走しています。

成績自体は500万下の勝利と振るいません。

良馬場よりは道悪の方が好走しており、この適性はブレイキングドーンにも受け継がれているでしょう。


ブレイキングドーン 適性診断

ブレイキングドーン1

適性・能力診断

距離適性

距離:1800m~2500m

馬場適性

芝:〇
ダート:×

馬場状態

良馬場:〇
道悪:◎

コース適性

左回り:〇
右回り:〇
得意競馬場:東京競馬場、ローカル競馬場(新潟競馬場)

ペース×末脚タイプ

ペース:スローペース~ミドルペース
末脚タイプ:瞬発力

成長型

普通(早)


ブレイキングドーン 馬券の狙い目


ヴィクトワールピサ産駒は東京や京都で走るイメージがありますが、成績をみると函館、福島、新潟、小倉などローカル競馬場での勝率が7.0%と優れています。

特に新潟は勝率10%を超えています。

距離は1800mの非根幹距離で強く、東京1800mの単勝回収率は300%を超えています。

ブレイキングドーンは、東京1800mならびにローカル中距離が馬券の狙い目でしょう。

また馬場状態が稍重、重になるとさらに馬券の狙い度合いは高まります。

予想時に抑えておきたいところです。


以上、この記事ではブレイキングドーンの血統分析から適性・能力診断、馬券の狙い目を特集しました。

馬券を予想の参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


こちらの記事もおすすめ

-2016年度産駒(3歳世代), 2019年 京都新聞杯

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.