亀谷氏 関連記事

【メトロポリタンステークス 2019年 予想】亀谷氏の血統理論にもとづく馬券予想のポイント!

投稿日:

メトロポリタンステークス


こんにちは!競馬知恵袋管理人のKAZUです。

この記事では、亀谷敬正氏の血統理論を参考にしたメトロポリタンステークス(2019年)の馬券予想のポイントと推奨馬を特集します。

馬券予想にぜひご参考下さい。

メトロポリタンステークス  レース条件をチェック


まずはメトロポリタンステークスが行われるレース条件をチェックします。

レース条件から血統的にどの馬が合うのかを探っていくため、最初に抑えておきたいポイントです。

コース

東京競馬場の芝2400m

直線の距離

長い(529.5m)

馬場状態

良馬場(想定)

Aコース(内柵を最内に設置)を使用。3コーナーから4コーナーの内柵沿いに傷みが出始めたが、全体的に良好な状態。

直線の坂

あり(長い緩やかな坂)

メトロポリタンステークス  血統傾向(過去5年 )


次に過去5年のメトロポリタンステークスで3着内に入った馬の血統傾向を分析します。

亀谷氏の血統理論を参考にした管理人独自の分析結果を下記にまとめます!


  1. 過去5年の3着内に入った馬で、父、母父の小系統で最も多いのは欧州型ロベルト系の6頭。欧州型ロベルト系の血を持った馬が走る。

  2. 過去5年の3着内に入った馬、15頭中13頭が父、母父の大系統でサンデー系の血を持った馬。主流コースとしてサンデー系の馬が好走。

  3. 過去5年の3着内に入った馬を4L(父、母父、父母父、母母父)でみると、サンデー系×重厚な欧州型血統の配合が好走傾向。


メトロポリタンステークス 馬券予想のポイントと推奨馬


主流コースの東京芝2400mでありながら、欧州型血統ロベルト系がディープ系やキングマンボ系を抑えて好走傾向というちょっとずれたレース傾向です。

主流血統のサンデー系を基本にしながら、4Lにロベルト系の血を持つ馬を優先し、次に重厚な欧州型血統を持つ馬を選ぶ。

血統的にはそのような流れで馬券を予想するのがよいのでは!?と考えます。


メトロポリタンステークス 推奨馬


〇グローブシアター

〇アイスバブル

〇ノーブルマーズ

注ブレスジャーニー

注カラビナ

※「注」は推奨馬まではいないが、血統的に面白みのある馬。



以上、この記事では亀谷敬正氏の血統理論からメトロポリタンステークス(2019年)の予想のポイントと推奨馬を特集しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

おすすめの記事!

〇亀谷氏の関連記事をチェック

【補足】
本記事の予想は亀谷敬正氏の血統理論を参考にして、管理人の独自の見解を入れながら予想しています。
実際の亀谷敬正氏の予想はオフィシャルサイトよりご確認下さい。

※亀谷敬正氏のサイト
亀谷敬正氏の「血統ビームオフィシャルサイト」
ブラッドバイアス血統馬券プロジェクト

こちらの記事もおすすめ

-亀谷氏 関連記事

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.