ヴィクトリアマイル(2019年) 亀谷氏 関連記事 血統の教室

【血統理論を学ぶ】亀谷敬正氏の血統の教室 Vol.3|東京競馬場芝1600mで狙い目の血統

更新日:

競馬


こんにちは!
競馬知恵袋 管理人のKAZUです。

「競馬は血統のスポーツ」と言われます。

管理人も予想は血統を軸にして行います。

そこで、この記事では血統理論を学ぶことを目的に管理人が師として仰ぐ亀谷 敬正先生の血統理論を特集します。

今回特集する内容は「東京競馬場芝1600mで狙い目の血統」です。


内容はYouTube netkeibaTVの動画による解説と管理人が選ぶ動画のポイントの2部構成です。

ぜひ、ご参考下さい!



【亀谷敬正の血統の教室】東京新聞杯の舞台、東京芝1600mで狙える血統とは?

動画時間:4分44秒

※YouTubeのチャンネルnetkeibaTVでは、亀谷先生の動画解説が多数公開されています。管理人おすすめのチャンネルです!


【血統理論を学ぶ】動画のポイント

東京競馬場芝1600mで狙い目の血統(ポイント)



  1. 主流コースの東京芝1600mは、上位血統のディープインパクトやキングカメハメハ、ロードカナロアなどが走りやすい。

  2. キングカメハメハやロードカナロアの父キングマンボ系は牝系に注意が必要。牝系にサンデー系で中距離血統との配合が東京芝1600mを走りやすい。一方で牝系にスタミナ血統でタフな調教を行うとダート馬になりやすく東京芝1600mは合わない。

  3. ドゥラメントなどを生み出すノーザンファーム生産のロードカナロア産駒は東京芝1600mを走る。



東京競馬場芝1600mで狙い目の血統は、上位血統のディープインパクトやキングカメハメハ、ロードカナロア。

ただし、キングマンボ系は牝系の特徴を引き出すため注意が必要。

牝系にサンデー系で中距離血統との配合は好走傾向。

牝系にスタミナ血統でタフな調教を行うとダート馬になりやすく 、東京競馬場芝1600mとは合わない。

この点は馬券予想に役立てていきたいですね!


以上、この記事では亀谷先生の「東京競馬場芝1600mで狙い目の血統」を通じて血統理論を学びました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

亀谷先生の関連記事がおすすめです!

亀谷先生の関連記事をチェック

血統の教室のその他の記事をチェック

こちらの記事もおすすめ

-ヴィクトリアマイル(2019年), 亀谷氏 関連記事, 血統の教室

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.