ブリリアントステークス(2019年)

【ブリリアントステークス 2019年 予想】亀谷氏の血統理論を参考に馬券予想|推奨馬も特集!

更新日:

東京競馬場 ダート


こんにちは!競馬知恵袋管理人のKAZUです。

この記事では、亀谷敬正氏の血統理論を参考にしたブリリアントステークス(2019年)の予想のポイントと管理人の推奨馬を特集します。

馬券予想にぜひご参考下さい。



ブリリアントステークスのレース条件をチェック


まずはブリリアントステークスが行われるレース条件をチェックします。

レース条件から血統的にどの馬が合うのかを探っていくため、最初に抑えておきたいポイントです。

コース

東京競馬場のダート2100m

直線の距離

長い(501.6m)

馬場状態

重馬場(想定)

直線の坂

あり(長い緩やかな坂)

ブリリアントステークスの血統傾向と予想のポイント


次に過去5年のブリリアントステークスで3着内に入った馬の父、母父の血統傾向をまとめます。

亀谷氏が提唱する「血統ビーム」にもとづく系統分類でまとめています。

また日本型血統を緑、欧州型血統を青、米国型血統を橙色で色付けしています。

ブリリアントステークス 3着内馬血統分類(過去5年)
ブリリアントステークス 3着内馬血統分類(過去5年)


過去5年のレース結果をふまえて、管理人独自の分析による血統傾向を下記にまとめます!


    【ブリリアントステークス 血統傾向】

  1. キングカメハメハやゼンノロブロイなどダートシェア率が高い種牡馬(ダート・芝兼用の種牡馬)が走る。

  2. 母父:サンデーサイレンスが過去5年3着内4頭と好走。

  3. 4L(父、母父、父母父、母母父)まで広げると、大系統ノーザンダンサー系の血を持つ馬が好走傾向。


東京ダート2100m。

非根幹距離で直線は長く、緩やかな坂がだらだらと続くコース。

小回りでスピードの持続力が求められる米国型血統よりは、芝もダートも走るサンデー系の日本型血統が好走傾向です。

このあたりは予想時に抑えておきたいポイントです。


ブリリアントステークスの推奨馬


予想のポイントをふまえた上で、今回の出走メンバーで推奨馬をピックアップします。

ブリリアントステークスの推奨馬


アングライフェン

(父:ステイゴールド×母:レッドスレッド、母父:パントレセレブル)

ピオネロ

(父:ネオユニヴァース×母:クルソラ 、母父:Candy Stripes)

ザイディックメア

(父:ゼンノロブロイ×母:シルキーラグーン 、母父:ブライアンズタイム)


土曜日の大雨で当日の東京競馬場の馬場状態は想定で重馬場。

脚抜きがよく、スピードが出やすい馬場を想定します。

そうなると、より浮上してくるのが芝も走れる芝・ダート兼用の血統です。

そのため推奨馬3頭は芝・ダート兼用の種牡馬産駒の三頭を選びました。

なかでもアングライフェンは芝実績もある馬。

鞍上もルメール騎手ということで期待の一頭です。

その他、実績馬ピオネロ、昨年2着のザイディックメアを推します!


以上、この記事では亀谷敬正氏の血統理論を参考にブリリアントステークス(2019年)の予想のポイントと管理人の推奨馬を特集しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

おすすめの記事!

〇亀谷氏の関連記事をチェック


【補足】
本記事の予想は亀谷敬正氏の血統理論を参考にして、管理人が独自に予想しています。
実際の亀谷敬正氏の予想はオフィシャルサイトよりご確認下さい。

※亀谷敬正氏のサイト
亀谷敬正氏の「血統ビームオフィシャルサイト」
ブラッドバイアス血統馬券プロジェクト

こちらの記事もおすすめ

-ブリリアントステークス(2019年)

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.