橘ステークス(2019年)

【橘ステークス 2019年 予想】亀谷氏の血統理論を参考に馬券予想|推奨馬も特集!

更新日:

京都競馬場


こんにちは!競馬知恵袋管理人のKAZUです。

この記事では、亀谷敬正氏の血統理論を参考にした橘ステークス(2019年)の予想のポイントと管理人の推奨馬を特集します。

馬券予想にぜひご参考下さい。



橘ステークスのレース条件をチェック


まずは橘ステークスが行われるレース条件をチェックします。

レース条件から血統的にどの馬が合うのかを探っていくため、最初に抑えておきたいポイントです。

コース

京都競馬場の芝1400m外回り

直線の距離

短い(399m)

馬場状態

良馬場(想定)

Cコース(Aコースから直線部7メートル、曲線部6メートル外に内柵を設置)を使用。
向正面直線および、外回り3コーナー、4コーナーから正面直線にかけての内側に傷みが出始めたが、その他の箇所は概ね良好な状態。

直線の坂

なし

橘ステークスの血統傾向(過去5年 )


次に過去5年の橘ステークスで3着内に入った馬の父、母父の血統傾向をまとめます。

亀谷氏が提唱する「血統ビーム」にもとづく系統分類でまとめています。

また日本型血統を緑、欧州型血統を青、米国型血統を橙色で色付けしています。

橘ステークス 3着内馬 血統分類(過去5年)
橘ステークス 3着内馬 血統分類(過去5年)


過去5年のレース結果をふまえて、管理人独自の分析による血統傾向を下記にまとめます!


    【橘ステークス 血統傾向】

  1. ブラックタイドやマツリダゴッホなど、サンデー系でもちょっとずれた血統が好成績。

  2. トニービンなどグレイゾブリン系の血を持つ馬が好走傾向。



京都芝1400mは、外回り・内回りに限らずブラックタイド産駒とマツリダゴッホ産駒の好成績です。

実際にターゲットフロンティアから過去5年の京都芝1400mの種牡馬別成績をみると、マツリダゴッホ、ブラックタイドともに単勝回収率200%を超えています。
(ただしブラックタイドは勝率10%未満のため注意が必要)

京都芝1400m 種牡馬成績(過去5年)
京都芝1400m 種牡馬成績(過去5年)

橘ステークスの馬券予想のポイント


京都芝1400m(外)は400mで割れない非根幹距離です。

京都ということでディープインパクトやキングカメハメハ、ロードカナロアなど主流血統も好走傾向ではありますが、それ以上にブラックタイドやマツリダゴッホなど主流血統から少しずれた血統が好走傾向です。

このあたりをポイントに推奨馬を選びます。

谷川岳ステークスの推奨馬


ディープダイバー

(父:ブラックタイド×母:シアージュ、母父:Raven's Pass)

父はブラックタイド、母父が欧州型ミスプロ系のRaven's Pass。

父:ブラックタイド×母父:欧州型血統は昨年このレースを勝利したマドモアゼルと同じ配合です。

ディープダイバー自身も京都芝1400m(外)は、もみじステークス(OP)、秋明菊賞(500万下)と2回走って2着2回。

堅実な走りを見せています。

橘ステークスでも好走が期待できる一頭です!



以上、この記事では亀谷敬正氏の血統理論を参考に橘ステークス(2019年)の予想のポイントと管理人の推奨馬を特集しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

おすすめの記事!

〇亀谷氏の関連記事をチェック


【補足】
本記事の予想は亀谷敬正氏の血統理論を参考にして、管理人が独自に予想しています。
実際の亀谷敬正氏の予想はオフィシャルサイトよりご確認下さい。

※亀谷敬正氏のサイト
亀谷敬正氏の「血統ビームオフィシャルサイト」
ブラッドバイアス血統馬券プロジェクト

こちらの記事もおすすめ

-橘ステークス(2019年)

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.