2019年 NHKマイルカップ

【NHKマイルカップ 2019年】有力馬・上位人気3頭の血統適性をチェック!

投稿日:

東京競馬場


こんにちは。
競馬知恵袋の管理人の「KAZU」です。

この記事では、2019年NHKマイルカップの上位人気のグランアレグリア、アドマイヤマーズ、ダノンチェイサーの血統適性を特集します。

引用元はNo.1競馬予想SNSのウマニティさんです。
(管理人のおすすめ競馬サイトの一つです!)

馬券予想に参考ください!!

有力馬 血統適性

グランアレグリア 血統適性

父であるディープインパクトの産駒はNHKマイルCで2勝、昨年はワンツーフィニッシュを果たした。

母のタピッツフライは5歳時にマイルG1を2勝。

一見すると晩成型の印象を受けるが、BCジュヴェナイルフィリーズターフを制しているように、早い時期から活躍できる傾向にある。

サンデーサイレンス系×ボールドルーラー系配合馬の当レースにおける好走例がない点は気になるものの、米国牝系自体の相性は良く、大きな問題になるとは思えない。

持ち味の速力を活かせる馬場なら、ここでも争覇圏内とみる。

引用元:ウマニティ

アドマイヤマーズ 血統適性

母は仏のマイル重賞勝ち馬。

母父のメディシアンは国内で馴染みが薄いものの、その父はマキャベリアン。

さらに、シングスピールなど日本適性の高い血が重ねられている。

この牝系に速力豊かなダイワメジャーを配することで、上質のスピード持続力を実現。高いマイラー資質を窺わせる。

母方にサドラーズウェルズを内包するダイワメジャー産駒という点は、2016年の優勝馬メジャーエンブレムと同じ。

これといった減点材料はなく、有力候補の1頭であることは間違いない。

引用元:ウマニティ

ダノンチェイサー 血統適性

母のサミターは現役時に愛1000ギニー、米ガーデンシティS(芝9F)を制覇。

異なる芝質のG1で結果を残しているように、ロックオブジブラルタルの速力のみならず底力をも受け継いでいる。

ディープインパクト×ロックオブジブラルタルの組み合わせは、2014年の勝ち馬ミッキーアイルと同じ。

母系にダンチヒのインブリードを有するディープインパクト産駒という点は、さきのマイラーズCを制したダノンプレミアムを想起させる。

軽んじて扱えない1頭だ。

引用元:ウマニティ

まとめ

グランアレグリア、アドマイヤマーズ、ダノンチェイサーの上位人気馬3頭は血統適性として問題なく、好走が期待できそうですね。

管理人の見立てでは、血統適性順で見ると、

①グランアレグリア⇒②アドマイヤマーズ⇒③ダノンチェイサー

の順番で考えています。

ただし、馬場は道悪の場合は牝系に欧州型血統を持つダノンチェイサーが浮上してきます。

要チェックでしょう!


以上、 この記事ではNHKマイルカップ(2019年)の有力馬の血統適性を特集しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

予想におすすめ!

NHKマイルカップの関連記事をチェック

こちらの記事もおすすめ

-2019年 NHKマイルカップ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.