POG 2019-2020 特集

【POG 2019-2020 特集】ブルトガング(タピッツフライの2017)を解説!

更新日:

タッピツフライの2017


こんにちは。
競馬知恵袋の管理人の「KAZU」です。

この記事では、「POG 2019-2020 特集」と題して、ブルトガング(タピッツフライ2017)を解説します。

POGの選定に参考ください!!



ブルトガング 血統(配合)

性別:牡馬

父:ディープインパクト

母:タピットフライ

母父:タピット

全姉馬:グランアレグリア(桜花賞1着)

牝系活躍馬:ベッラレイア (フローラステークス1着、オークス2着)


ブルトガング AEI(競走馬期待ランク)

AEI値:3.49  競走馬期待ランク:A-

※AEI値は父:ディープインパクト×母父:タピットの配合から算出

【アーニングインデックス】

種牡馬の優劣を判定するための目安で、出走馬1頭当たりの収得賞金の平均値を1.00として、各々の種牡馬の産駒の平均収得賞金の割合を数値で表わしたもの。

1.00が平均となり、数値が大きくなるほど産駒が多くの賞金を獲得していることを表わす。

引用:JRA 競馬用語辞典


※競走馬期待度ランクは4.5(S)>4.0(A+)>3.5(A)>3.0(A-)>2.5(B+)>2.0(B)>1.5(B-)>1.0(C)>0(D)でランク付け。



ブルトガング 馬体診断

胴(体長・体高)

極端に胴が詰まっているわけでもなく、胴が伸びているわけではないです。
体調・体高が正方形に近いですが、あえて言うならば若干の胴詰まりで短距離指向。

肩甲骨

ピッチ、大飛びの走法の目安になる肩甲骨の角度は偏りがないです。

脚のつなぎ

馬場適性の目安の脚のつなぎですが、若干立っています(つなぎが立つ=ダート向き)。
馬体的には、芝だけでなくダートも走りそうな印象を受けます。

飛節

飛節の角度については明らかに直飛型で、瞬発力勝負というよりはパワー型で短距離向きの馬体です。


まとめ


この記事では、ブルトガング(タピッツフライ2017)を特集しました

全姉と同様にマイル~中距離の距離で、脚質的には先行して長くいい脚を使う印象を受ける馬です。最後に予想の本命をまとめます。

ブルトガング(タピッツフライ2017) の活躍に期待します!


以上、 「POG2019-2020」の特集でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

-POG 2019-2020 特集

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.