POG 2019-2020 特集

【POG 2019-2020 特集】アドマイヤカストル(イルーシヴウェーヴの2017)を解説!

更新日:

アドマイヤカストル
アドマイヤカストル
引用元:馬トク


こんにちは。
競馬知恵袋の管理人の「KAZU」です。

この記事では、「POG 2019-2020 特集」と題して、アドマイヤカストル(イルーシヴウェーヴの2017)を解説します。

POGの選定に参考ください!!



アドマイヤカストル 血統(配合)

性別:牡馬

父:ディープインパクト

母:イルーシヴウェーヴ

母父:Elusive City

全兄:サトノソロモン(京都新聞杯3着)、イルーシヴグレイス

牝系活躍馬:イッテツ (京阪杯3着)


アドマイヤカストル AEI(競走馬期待ランク)

AEI値:2.75  競走馬期待ランク:B+

※AEI値は父:ディープインパクト×母父:ミスタープロスペクター系の配合から算出

【アーニングインデックス】

種牡馬の優劣を判定するための目安で、出走馬1頭当たりの収得賞金の平均値を1.00として、各々の種牡馬の産駒の平均収得賞金の割合を数値で表わしたもの。

1.00が平均となり、数値が大きくなるほど産駒が多くの賞金を獲得していることを表わす。

引用:JRA 競馬用語辞典


※競走馬期待度ランクは4.5(S)>4.0(A+)>3.5(A)>3.0(A-)>2.5(B+)>2.0(B)>1.5(B-)>1.0(C)>0(D)でランク付け。



アドマイヤカストル 馬体診断

アドマイヤカストル

胴(体長・体高)

体調・体高から描く四角形はほぼ正方形で、バランスの取れた馬体です。

肩甲骨

ピッチ、大飛びの走法の目安になる肩甲骨の角度は立っており、ピッチ走法が想定されます。

距離も中長距離はマイル寄りと考えます。

脚のつなぎ

馬場適性の目安の脚のつなぎですが、立ち気味です(つなぎが立つ=ダート向き)。
馬体的には、ダート向きの体型です。

飛節

飛節の角度については直飛で、瞬発力勝負というよりはパワー型で短距離向きの馬体です。

飛節的にもダート向きではないでしょうか。

まとめ


この記事では、アドマイヤカストル(イルーシヴウェーヴの2017)を特集しました。

2017年セレクトセールで6億円を超え、注目を集める同馬。

ですが、AEI値も低く馬体的にもダート向きでクラシックには不向き。

馬体重も3月時点で430kg。

期待要素よりは不安要素が大きい馬で、管理人的にはPOG指名馬には推奨しにくい一頭です


以上、 「POG2019-2020 アドマイヤカストル(イルーシヴウェーヴの2017)」の特集でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

-POG 2019-2020 特集

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.