POG 2019-2020 特集

POG2019-2020|サトノエスペランサ(フサイチパンドラ2017)の血統、馬体を解説|期待値をランク付け!

投稿日:

サトノエスペランサ


こんにちは。
競馬知恵袋の管理人の「KAZU」です。

この記事では、「POG 2019-2020 特集」と題して、サトノエスペランサ(フサイチパンドラ2017)を解説します。

POGの選定に参考ください!!



基本情報

性別:牡馬

父:ルーラーシップ

母:フサイチパンドラ

母父:サンデーサイレンス

半姉:アーモンドアイ(牝馬三冠、ジャパンカップ、ドバイターフ)

牝系活躍馬:
アーモンドアイ(牝馬三冠、ジャパンカップ、ドバイターフ)

馬主:サトミホースカンパニー

生産者:ノーザンファーム

厩舎:不明


血統評価

アーニングインデックス(AEI)と競走馬期待ランク
父:ルーラーシップ×母父:サンデーサイレンス系


AEI値:1.18  競走馬期待ランク:C

【アーニングインデックス】

種牡馬の優劣を判定するための目安で、出走馬1頭当たりの収得賞金の平均値を1.00として、各々の種牡馬の産駒の平均収得賞金の割合を数値で表わしたもの。

1.00が平均となり、数値が大きくなるほど産駒が多くの賞金を獲得していることを表わす。

引用:JRA 競馬用語辞典


※競走馬期待度ランクは4.5(S)>4.0(A+)>3.5(A)>3.0(A-)>2.5(B+)>2.0(B)>1.5(B-)>1.0(C)>0(D)でランク付け。

同配合活躍馬
父:ルーラーシップ×母父:サンデーサイレンス系


〇キセキ(ルーラーシップxディープインパクト)

〇ダンビュライト(ルーラーシップxサンデーサイレンス)

〇メールドグラース(ルーラーシップxサンデーサイレンス)


馬体診断

サトノエスペランサ 馬体診断

胴伸び(体長・体高)

バランス(偏りなし)


体高と体長を基準に四角形を描きます。
四角形が長方形の馬は「胴が詰まっている」、横に長い長方形の馬は「胴が伸びている」といわれます。

四角形の形が正方形を標準として、胴が詰まっている(縦長の長方形)馬は短距離指向、胴が長い馬は長距離指向と考えられます。

肩甲骨の角度


バランス(偏りなし)


肩甲骨の角度は走るときの歩幅、走法に影響するといわれます。

角度が大きい(傾斜が急)場合は「肩が立っている」、また角度が小さい(傾斜が緩やか)場合を「肩が寝ている」と表現します。

肩が立ち気味の場合は完歩が狭く、ピッチ走法で短距離向き、肩が寝ている場合は完歩が広い大飛び走法で長距離向きとされます。

つなぎの角度

バランス(偏りなし)


つなぎの角度は、馬場の適性に影響するといわれます。

角度が大きい場合は「つなぎが立っている」、角度が小さい場合は「つなぎが寝ている」といいます。

つなぎが立っている場合はダート向き、つなぎが寝ている場合は芝向きとされます。

飛節の角度

曲飛


飛節の角度(折り曲がる内側部分の角度)は、距離適性などに影響するといわれます。

角度が小さい、垂直に近い形で伸びている場合を「直飛」、角度が大きい、大きく曲がった形を「曲飛」といいます

直飛傾向の馬はパワー型の短距離向き、曲飛傾向の馬は切れ味型の長距離向きといわれます。


まとめ


この記事では、サトノエスペランサ(フサイチパンドラ2017) を特集しました。

名牝アーモンドアイの半弟となる、期待の一頭。

フサイチパンドラ自体がアーモンドアイのみしか活躍馬を出せていない点は気になりますが、爆発力は持っているのではないでしょうか。

瞬発力がありそうな馬で、馬体もバランスが取れています。

活躍が期待される一頭です!


以上、 「POG2019-2020 サトノエスペランサ(フサイチパンドラ2017)」の特集でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

-POG 2019-2020 特集

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.