栗東ステークス 2019年|亀谷氏の血統理論で予想【推奨馬、推奨穴馬はこの馬】

投稿日:

京都競馬場 ダート
「栗東ステークス…予想に悩む。血統から狙い目はどの馬だろう。馬券的においしい穴馬を知りたい」


この記事はこういった疑問に答えていきます!

本記事の内容<目次>

①栗東ステークスの活躍馬の血統データ(過去5年)

②栗東ステークスの血統傾向を分析

③栗東ステークスの推奨馬・推奨穴馬はこの馬だ!


こんにちは!競馬知恵袋、管理人のKAZUです。

この記事では、僕が馬券で最も信頼する亀谷敬正先生の血統理論『血統ビーム』を参考にした栗東ステークスの予想を特集します!

過去5年の活躍馬の血統を丁寧に分析して、推奨馬と推奨穴馬を予想しています。

是非、じっくりとご覧くださいm(_ _)m



栗東ステークスの活躍馬の血統データ(過去5年)


まずは栗東ステークスの過去5年で3着内に入った馬の父、母父の血統データをまとめます。

栗東ステークス 血統分類


明らかに米国型血統が好走傾向!

父、母父でカウントすると種牡馬が30頭になる中で、16頭は米国型血統。

ダートで恐るべしの米国型血統!!


栗東ステークスの血統傾向を分析


では、血統の傾向を分析してまとめます。

予想のポイント(血統傾向)

①父もしくは母父にダートの主流血統である米国型血統の血を取り込んだ馬が好成績。

②米国型血統ではフォーティナイナー系とヴァイスリージェント系が走る。

③父、母父の配合の組み合わせは米国型血統×ターントゥ系・サンデー系が走る。


別記事でも特集したんですが、京都ダート1400mは米国型血統が走ります。

亀谷先生曰く「米国型×米国型が走る」

そして「前走上り5位以内の馬が走る 」

ですから、米国型血統を軸に予想すれば基本的には間違いないレースでしょう。

ちなみに別記事で特集した記事とは↓↓の記事です。

[blogcard url="https://legends.jp/2019/05/08/https-legends-jp-2019-05-07-pedigree-theory6/"]



栗東ステークスの推奨馬・推奨穴馬はこの馬だ!

京都 ダート


それでは、最後に管理人KAZUの推奨馬と推奨穴馬を紹介します(`・ω・´)b

推奨馬

スマートダンディー


まず推奨馬はスマートダンディーです。

父、母父ともに米国型血統の同馬。

京都ダート1400mは適性が高そうです。

能力的にもメンバー上位でしょう。

人気で馬券的旨味は少ないですが、逆らわず推奨馬とします。

推奨穴馬

キングズガード


推奨穴馬はキングズガード。

この馬を推す理由は、父で米国型血統のシニスターミニスターです。

シニスターミニスター産駒の京都ダート1400mの特別条件の成績は、過去3年で1着4回(勝率:21.1%)、2着4回(42.1%)と抜けています。

単勝回収値も150%です。

スマートダンディーを負かすとすれば、この馬でしょう!


最後に本記事のまとめとして『予想のポイント』をまとめます。

本記事のまとめ

①父もしくは母父にダートの主流血統である米国型血統の血を取り込んだ馬が好成績。

②米国型血統ではフォーティナイナー系とヴァイスリージェント系が走る。

③父、母父の配合の組み合わせは米国型血統×ターントゥ系・サンデー系が走る。

④米国型血統の前走上り5位以内の馬が走る。

⑤推奨馬はスマートダンディー、推奨穴馬はキングズガード。


ということで、亀谷先生の血統理論を参考に栗東ステークスを予想してみました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(`・ω・´)ゞ

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.