2019年5月3週レース KAZUの予想

【フリーウェイS2019 予想】血統から考える予想印と馬券の買い目!

投稿日:

東京競馬場

 

「フリーウェイステークスの血統傾向からの予想や馬券の狙い目を知りたい


この記事はこういった疑問に答えていきます!


こんにちは。
競馬知恵袋の管理人の「KAZU」です。

この記事では、2019年のフリーウェイステークスの予想について特集します。

オークスなどの予想で疲れてしまったので、今回はコース傾向と予想印、馬券の買い目のみです。

ご了承ください。。。

僕の予想スタイルは過去の血統傾向をメインに、データ傾向をサブにおいたスタイルです。
(血統×データ予想です)

それではいきましょう!

【フリーウェイS2019 予想】血統から考える予想印と馬券の買い目!


まずはフリーウェイステークスが行われるコースの特徴を確認しておきましょう。

JRA-VANからのコース解説を引用します。

スタート地点は向正面直線の真ん中付近。

スタート直後の3コーナー手前で緩やかな昇り坂があり、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線に入ると、途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)。東京競馬場全体の高低差は2.7mある。

最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さ。仮柵によるコース設定はA、B、C、Dの4パターン。3mごとに幅員が異なる。例年、Dコースは1~2月に使用され、芝内側部分を保護している。

各クラスで前半3ハロンより、後半3ハロンが速いのが特徴。コース形態上、京都や阪神の芝1400mよりもペースが落ち着きやすい。瞬発力勝負になり、上がりの速さが問われることになる。したがって、スプリンターのスピードよりも、マイラーの切れが武器になる。ただし、馬場状態にもよる。

近年は外から差しにくい馬場になることが多い。また、Aコース、Bコースでは逃げ・先行・差し馬の成績はほぼ互角だが、CコースとDコースは逃げ・先行馬の好走が目立つ。スタートして間もなくカーブがあるため、内枠はやや有利。

種牡馬成績はサクラバクシンオーが筆頭。続くのがタイキシャトル、シンボリクリスエス、マイネルラヴ、クロフネら。速い上がりは必要でもヘイロー系は優勢ではない。ダンスインザダーク、スペシャルウィーク、ネオユニヴァース、ゴールドアリュールらはひと息。 

●クラス別水準ラップ(3F-1F-3F)と勝ち時計 2歳OP特別・重賞(35.3-12.2-34.2=1.21.7)、3歳以上500万(35.6-12.2-34.5=1.22.3)、3歳以上1000万(35.3-11.9-34.5=1.21.7)、3歳以上準OP・OP特別(35.0-11.8-34.3=1.21.1)、3歳以上重賞(34.8-11.4-34.2=1.20.4)

引用:JRA-VAN


このあたりをふまえて予想と馬券の買い目を考えていきたいですね。

フリーウェイステークスの予想印


それでは、フリーウェイステークスの予想印を紹介します。

フリーウェイステークスの予想印

◎⑥エスターテ
〇②ライラックカラー
▲③オールザゴー
△⑦アダムバローズ
△⑧トミケンキルカス
注④ディスティニーソング


本命はエスターテです。

父:ベーカバド×母父:サンデーサイレンスの配合です。

母父:サンデーサイレンスはこのコースでの成績が非常に良いですね。

父:ベーカバドもダンチヒ系なので東京コースとの相性も悪くなさそう。

期待も込めて本命です!

あとは東京コース非根幹距離が得意なルーラーシップ産駒のライラックカラーを対抗に、前走強い勝ち方を見せ人気になりそうなオールザゴーを単穴。

以下、血統を考慮してアダムバローズ、トミケンキルカス、ディスティニーソングと予想印を打ちます。

フリーウェイステークス 血統予想 まとめ|馬券の買い目


ここまでお読みいただき、ありがとうございます!

最後に馬券の買い目を紹介して、締めたいと思います。

フリーフェイステークス 馬券の買い目

馬連BOX(3点)

⑥、②、③(3点)


馬券は、単穴以上の3頭は結構信頼しているので、この3頭の馬連BOXで買おうと思います。

オッズ的にも10倍はいきそうですし、馬券代も限られてますしね(僕の話ですが…)。



以上、この記事ではフリーウェイステークスの予想について特集しました(`・ω・´)ゞ

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

こちらの記事もおすすめ

-2019年5月3週レース, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.