POG 2019-2020 特集

【シルヴェリオ 血統】POG|健康面に課題ありで指名はしません!

投稿日:

シルヴェリオ

POG指名馬を選ぶにあたってシルヴェリオが走る馬なのか知りたい。シルヴェリオの血統を知りたい。とにかくシルヴェリオに関連する情報を知りたい。


この記事はこういった疑問に答えていきます!


こんにちは!

競馬知恵袋、管理人のKAZUです。

この記事では、POG指名馬選びのため血統を切り口にシルヴェリオを特集します!

血統大好き、血統マニアの僕なので、しっかり分析していきますよ。

是非、じっくりとご覧くださいm(_ _)m

シルヴェリオの血統からPOGの指名を検討


まずはシルヴェリオの3代の血統表を取り上げます。

3代血統表 シルヴェリオ

3代血統表 シルヴェリオ

ハーツクライ

 2001年 鹿毛 (千歳市)
*サンデーサイレンス

 1986年 青鹿 (米)
Halo
 1969年 (米)
Wishing Well
 1975年
アイリッシュダンス

 1990年 鹿毛 (千歳市)
*トニービン
 1983年 鹿毛 (愛)
*ビユーパーダンス
 1983年 黒鹿 (米)
*シルヴァースカヤ

 2001年 黒鹿 (米)
Silver Hawk

 1979年 (米)
Roberto
 1969年 (米)
Gris Vitesse
 1966年
Boubskaia

 1987年
Niniski
 1976年
Frenetique
 1973年
[Hail to Reason]   12.50% 4 x 4
[Turn-to]   6.25% 5 x 5
[Nothirdchance]   6.25% 5 x 5
[Northern Dancer]   6.25% 5 x 5


故障に泣き、僅か5戦で引退した『シルバーステート』の半弟ですね。

シルバーステートは『ダービーを狙える馬』と言われていた素質馬です。

その半弟なので期待は持てる一頭だと思います。

母のシルヴァースカヤはシルヴァーホーク産駒ながら現役時代はフランスの重賞を勝った活躍馬です。

これも期待が持てます。

ただですね。

この家系の馬。非常に健康面に課題ありなんですよね。

兄のシルバーステートしかり、ヘンリーバローズしかり。

素質馬で期待されながら、故障に泣きクラシックを見送る。

そんな印象の家系です。

関係者からは『モノが違う』と能力を評価するコメントや脚元に不安なく育成が順調で早めにデビューできるとの前向きなコメントが出ています。

ただ、それでも個人的にこの家系の不安は払拭できません。

父:ハーツクライ×母父:シルヴァーホーク(ロベルト系)の配合もそこまでいい配合とは思えませんし。

個人的にはPOGで指名するまではいかないですね。

【シルヴェリオ 血統】POG|健康面に課題ありで指名はしません!


結論ですが、シルヴェリオはPOGで指名しません。

血統的な魅力も薄いし、健康面で課題がある家系をあえてPOGで指名する理由がみつからないのが理由です。
(POGで指名された方、ごめんなさい)

兄のシルバーステートやヘンリーバローズのように、2歳時に故障⇒クラシックを棒に振るでは、POG的に困りますので。

かなり素質はある馬だとは思うのですが…



以上、この記事では血統を切り口にシルヴェリオを特集しました!

最後までお読みいただきありがとうございました(^ ^)/


続けてPOG特集をチェックしましょう ←クリック(`・ω・´)b

こちらの記事もおすすめ

-POG 2019-2020 特集

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.