2016年度産駒(3歳世代) 日本ダービー 2019年 注目馬 血統解説

【ロジャーバローズ 血統】ディープ×ダンチヒ系は日本で強い!

投稿日:

 

「ロジャーバローズの血統を知りたい。兄や姉など近親馬にはどんな馬がいるの?


この記事はこういった疑問に答えていきます!


こんにちは。
競馬知恵袋の管理人の「KAZU」です。

この記事ではロジャーバローズの血統分析を特集します。

血統大好き、血統マニアの僕なので、しっかり分析していきますよ。

是非、じっくりとご覧くださいm(_ _)m

【ロジャーバローズ 血統】ディープ×ダンチヒ系は日本で強い!

3代血統表 ロジャーバローズ

ディープインパクト

 2002年 鹿毛 (早来町)
*サンデーサイレンス

 1986年 青鹿 (米)
Halo
 1969年 (米)
Wishing Well
 1975年
*ウインドインハーヘア

 1991年 鹿毛 (愛)
Alzao
 1980年
Burghclere
 1977年
*リトルブック

 2008年 鹿毛 (英)
Librettist

 2002年
Danzig
 1977年 (米)
Mysterial
 1994年
Cal Norma's Lady

 1988年
Lyphard's Special
 1980年
June Darling
 1983年
〇インブリード
[Lyphard]   12.50% 4 x 4
[Northern Dancer]   12.50% 5 x 4+5
[Goofed]   6.25% 5 x 5


父がディープインパクト、母がリトルブック、母父がLibrettistの血統です。

母のリトルブックは英国で生産され、欧州で競走馬としてデビューしました。

現役時代は10戦0勝。活躍はできませんでした。

その後、日本に繁殖牝馬として輸入され3番仔としてディープインパクトとの配合でロジャーバローズを産みます。

ロジャーバローズの血統で最も特徴的なのは父:ディープインパクト×母父:ダンチヒ系のLibrettistの組み合わせです。

Librettistは父にダンチヒ系を持つ馬で、現役時代10戦7勝。

ジャックルマロワ賞やムーンランドロンシャン賞を勝ちました。

ダンチヒ産駒らしくスピードに長けた馬です。

父がディープインパクトで母父:ダンチヒ系の配合は、名牝ジェンティルドンナやダービー馬ロジユニヴァース、サトノダイヤモンド、フェノーメノ、ミッキーアイルなどがおり、ニックス配合に近いです。

日本の高速馬場の適性が高いスピード配合です。

なおジェンティルドンナについては、母リトルブックの半姉ドナウブリーニから生まれた馬で、ロジャーバローズとは近親馬の関係です。

母の母父はリファーズスペシャルはその名の通りリファールの血を受け継ぐ種牡馬です。

母系に取り込むダンチヒやリファールはサンデー系の血と配合するとスピード能力を高め、高速の日本馬場への適性を高めます。


母系がスピードに優れた血統のため、距離は2000m前後がベスト。

母系にダンチヒ系ですから、ある程度馬場が道悪になっても歓迎でしょう。

ディープインパクト産駒は競走寿命が短く、2歳から3歳にかけて活躍し古馬になって不振に陥る馬が多いです。

ロジャーバローズも古馬になって活躍できるかが真価が問われます。


以上、この記事ではロジャーバローズの血統を特集しました!

馬券を予想の参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

↓↓ おススメです ↓↓
同世代のライバルたちの血統もチェック!

こちらの記事もおすすめ

-2016年度産駒(3歳世代), 日本ダービー 2019年, 注目馬 血統解説

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.