安田記念 2019年

【安田記念 2019】血統×データ予想|信頼度Aの2頭の種牡馬から狙え!

更新日:

【安田記念2019】血統とデータ で導く予想!信頼度Aの2頭の種牡馬


こんにちは。

競馬知恵袋の管理人の「KAZU」です。

この記事では安田記念(2019年)の予想を特集します。

安田記念の血統やデータから予想のポイントを分析して、予想印と馬券の買い目を紹介!

しっかり書きますので、ぜひ最後までお読みくださいm(__)m


【安田記念 2019】血統×データ予想|信頼度Aの2頭の種牡馬から狙え!


この記事では、まず安田記念の予想のポイントとなるコースの特徴、血統傾向、データ傾向を分析してまとめます。

その後、予想のポイントにもとづく予想印と馬券の買い目を特集。

最後に参考として、血統傾向とデータ傾向の根拠となる情報を紹介します。

①予想のポイント
②予想印・馬券の買い目
③血統傾向とデータ傾向の根拠

以上の3部構成になっています。

なお血統傾向、データ傾向は多角的に分析するため、該当レースの過去の傾向と該当コースの過去の傾向の両方を分析し、信頼できる方を選んで予想のポイントにしています。

それでは、まず予想のポイントから紹介します!

安田記念2019 コースの特徴と血統・データの予想のポイント

安田記念2019 東京芝1600mのコースの特徴


まずは安田記念の舞台となる東京芝1600mのコースの特徴をまとめます。

東京芝1600mのコースの特徴


①スタート地点は向正面直線の右奥で最初の3コーナーまでの直線距離は約542m。

②最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さ。直線の途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)あり。

③上がり3ハロンの水準は各クラス34秒台で差があまりないが、その代わり前半3ハロンと中盤の厳しさの差が、クラスの差になり、走破時計に影響を及ぼす。

④OP以上のレースではスタートからゴールまで高いレベルのスピードと末脚の持続力が必要になる。

⑤3歳以上重賞の基準タイムは【34.2-23.4-34.9=1.32.5】。



安田記念2019 血統傾向から考える予想のポイント


続いて安田記念を予想する上で抑えておきたい血統傾向からの予想のポイントです。

血統傾向の予想のポイント


①ディープインパクトとロードカナロアの2強、追うヴァイスリージェント系のクロフネ
東京芝1600mの過去3年間のデータでは、勝利数トップ10に入る馬で勝率1位がディープインパクト(勝率:15.6%)、2位がロードカナロア(勝率:13.8%)で2強状態。これを追うのがヴァイスリージェント系のクロフネやフレンチデピュティ。

②母父はサンデーサイレンスかストームバード系もしくはヴァイスリージェント系
東京芝1600mの過去3年間のデータでは母父の勝利数トップはサンデーサイレンス。2位、3位にはヴァイスリージェント系のクロフネ、フレンチデピュティ。勝率が抜けて高いのはストームバード系のストームキャット。

③父と母父の配合が大系統でサンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系
安田記念直近5年の3着内馬15頭中、父と母父の組み合わせがサンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系であった馬が半数の7頭を占める。



安田記念2019 データ傾向から考える予想のポイント


次に安田記念を予想する上で抑えておきたいデータ傾向からの予想のポイントです。

データ傾向の予想のポイント


・上り3F 1位が走る
東京芝1600mの過去3年間のデータでは、上り3F1位の馬が勝率26.5%。単勝回収率236%、複勝回収率231%と好成績。

・人気が信頼できる
東京芝1600mの過去3年間のデータでは、1番人気の勝率が37.1%、2番人気の勝率が21.0%、3番人気の勝率が14.3%、以降も人気と勝率が相関に近い関係にあり、人気順の決着で収まりやすい。




安田記念2019 血統・データで導く予想印(確定)


それでは予想のポイントふまえて安田記念の予想印を紹介します!

安田記念2019 予想印

◎⑭アーモンドアイ

〇⑮ダノンプレミアム

▲②アエロリット

☆④サングレーザー

△⑧ステルヴィオ

△⑬ペルシアンナイト

△⑤インディチャンプ

注⑩フィアーノロマーノ

注⑫ロードクエスト


安田記念2019 予想印の解説

本命は⑭アーモンドアイ。

父ロードカナロアは東京芝1600mは大得意で、この舞台でディープインパクトに唯一対抗できる種牡馬。
母父サンデーサイレンスとの配合も東京芝1600m向き。
昨年のジャパンカップに代表されるように高速馬場への適応力も高い。
海外帰りが気になるが、東京芝1600mはこの馬の能力が最も活かせる舞台と考える。

対抗は⑮ダノンプレミアム。

父ディープインパクトは東京芝1600mを得意としている。
また先週の日曜日の芝レースが全てサンデーサイレンス系が勝ったように、現在の東京の馬場状態もディープインパクト産駒に味方している。
マイル適性も高く、能力はアーモンドアイに匹敵。
母父がロベルト系という点が気になるが、ダンチヒ系のデインヒルの血も取り込んでおり、スピード勝負では見劣らない。

単穴は②アエロリット。

前走ヴィクトリアマイルは、海外大敗帰り後の一戦で超ハイペースの流れを作りながら、5着に残る評価できる競馬。
ヴァイスリージェント系のクロフネを父に持ち、スピードの持続力に優れる血統で枠順やスタート、展開がハマれば、ハナを取っての逃げ切り勝ちもあり得る。

星は④サングレーザー。


父ディープインパクト×母父デピュティミニスターは今の高速の東京に合う血統。
前走大阪杯が掲示板を外す凡走だが、時計のかかる馬場でこの馬の瞬発力を活かせなかった。
瞬発力はメンバー中随一でここで見直したい一頭。


以下、⑧ステルヴィオ、⑬ペルシアンナイト、⑤インディチャンプを連下。

⑩フィアーノロマーノ、⑫ロードクエストを注意評価です。

安田記念2019 血統・データで導く馬券の買い目


【三連複/2頭軸流し】

⑭、⑮⇒②、④、⑧、⑬、⑤、⑩、⑫(計7点)

⑭アーモンドアイと⑮ダノンプレミアムは信頼度が高く馬券圏内は固いと考え三連複の軸に、以降は予想印に流しています。

⑭-⑮-②と⑭-⑮-④の組み合わせは厚めに買いたいです。

三連単で購入しようかと思いましたが、土曜日時点で三連複のオッズが意外とついておりトリガミの心配はなさそうなため、買い方は三連複としました。



安田記念2019 血統傾向、データ傾向の参考資料


最後に参考情報として血統傾向とデータの根拠を紹介します。

血統傾向①|東京芝1600m 種牡馬別成績

血統傾向①|東京芝1600m 種牡馬別成績

血統傾向②|東京芝1600m 母父別成績

血統傾向②|東京芝1600m 母父別成績

血統傾向③|安田記念過去5年3着内馬 父・母父

血統傾向③|安田記念過去5年3着内馬 父・母父

データ傾向①|東京芝1600m 上り別成績

データ傾向①|東京芝1600m 上り別成績

データ傾向②|東京芝1600m 人気別成績

データ傾向②|東京芝1600m 人気別成績



以上、「【血統×データ予想】安田記念 2019|信頼度Aの2頭の種牡馬」の特集記事でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m

安田記念の特集記事をチェック!

こちらの記事もおすすめ

-安田記念 2019年

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.