2019年 函館スプリントS 2019年6月3週レース 亀谷氏 関連記事 日曜 特別レース

【函館スプリントステークス 2019 血統】予想のポイントは「欧州型×米国型の配合」|亀谷理論も活用!

更新日:

【函館スプリントS(2019) 血統予想】狙い目種牡馬は「マンハッタンカフェ」<亀谷氏 重賞ビーム 活用>


こんにちは!
競馬知恵袋、管理人のKAZUです。

この記事では、血統から考える函館スプリントステークスの予想のポイントを特集します!

この記事の内容は以下の通りです。

この記事の内容<目次>

①亀谷氏の血統理論「重賞ビーム」の予想のポイント(引用)

②函館芝1200mの好走傾向の血統

③血統傾向から考える有力馬解説


前半は亀谷氏の書籍「重賞ビーム」から函館スプリントステークスの血統の予想のポイント、中盤は函館芝1200mで好走傾向の血統を、最後に出走予定の有力馬の血統解説を紹介します。

ぜひ、最後までお読みください!

禁止薬物検出での除外に関するご案内

競走馬用飼料から禁止薬物が検出された影響で、予想後に多数の出走予定馬が除外となりました。

除外となった馬については文章中に取消線を入れています。

レースによっては多くの馬に取消線が入っていますが、ご了承ください。

【函館スプリントステークス 2019 血統】予想のポイントは「欧州型×米国型の配合」|亀谷理論も活用!

【函館スプリントステークス】亀谷氏の血統理論「重賞ビーム」の予想のポイント(引用)


まずは亀谷敬正氏の書籍「重賞ビーム 2019」から、函館スプリントステークスの血統の予想のポイントを引用し、出走予定馬を分析します。

ダート適性も高い血が有効

・ダートでランキング上位の種牡馬。種牡馬自身か産駒がダートGⅠ実績のある種牡馬

・欧州型やノーザンダンサー系の血と米国型やダート適性も高い血を両方持つ馬。欧州型ミスプロ系の血を持つ馬

引用:重賞ビーム 2019 (サラブレBOOK)


この血統傾向で有力馬を分析すると、適性が高いのはダノンスマッシュでしょう。

父:ロードカナロアが欧州型ミスプロ系、母父が米国型血統のハードスパンです。

また三歳馬アスターペガサスも父:ジャイアンツコーズウェイ×母父:トリッピの米国型血統の配合で適性を高く感じます。

あとはデアレガーロも、芝だけでなくダートも走るサンデー系の父:マンハッタンカフェに母父が米国型血統のスーヴェニアコピーの血統で魅力を感じます。

参考:亀谷敬正氏の書籍


【函館スプリントステークス】函館芝1200mの好走傾向の血統


次にターゲットフロンティアから、過去5年の函館芝1200mの上位10頭の種牡馬別成績を取り上げます。

函館芝1200m 種牡馬別成績(過去5年)
函館芝1200m 種牡馬別成績(過去5年)


ここでポイントとなるのは、単勝回収値、複勝回収値ともに100を超えるマンハッタンカフェです。

父がマンハッタンカフェといえばデアレガーロですね。

レースの血統傾向だけでなく、コースからの血統傾向も後押ししています。

なお、ランク外ですがロードカナロアも単勝回収値100を超えており好成績です。

ダノンスマッシュも血統傾向は後押しします。

【函館スプリントステークス】血統傾向から考える有力馬解説


血統傾向を把握したところで、函館スプリントステークスの有力馬の血統を診断します。

ダノンスマッシュ

レースの血統傾向、コースの血統傾向からも適性が高く、好走が期待できます。

過去、函館競馬場では昨年の函館日刊スポーツ杯を勝っており、同じ洋芝の札幌競馬場でもキーンランドC(G3)で2着と好成績です。

かなり人気を集めそうで馬券的に旨味が少ない印象ですが、はずせない一頭でしょう。

タワーオブロンドン

欧州型血統が先行しており、レースの血統傾向とは若干合っていない印象を受けます。

ただし洋芝適性は高そうで、2歳時に走った札幌競馬場では1着⇒2着と成績を残しています。

初の芝1200m、負担重量58.0kgなど他馬と比べると厳しい条件ですが、どうでしょうか。

能力はダノンスマッシュに劣らないため、軽視はできない馬です。

アスターペガサス

デビューから2連勝を飾った函館競馬場に変わって面白い一頭です。

3歳馬のため負担重量も52.0kgと恵まれており、血統背景も魅力があります。

上位2頭にどこまで迫れるか、楽しみな馬です。

デアレガーロ

今年の函館スプリントSは、血統面で一番推したい馬がデアレガーロです。

マンハッタンカフェ産駒は函館芝1200mで単勝回収値・複勝回収値ともに100以上と非常に得意としています。

実際にデアレガーロ自身も函館芝1200mは2戦2勝と相性抜群です。

この馬にとってベストな舞台といえ、好走を期待です!

(函館スプリントステークスは当初デアレガーロを推奨馬に予想を組み立てる予定でしたが、残念ながら回避となりました。)

函館スプリントステークスの血統を軸にした予想印

血統傾向から考える有力馬解説


それでは最後に函館スプリントステークスの予想印を紹介します!


【函館スプリントステークス 予想印】

◎⑥ダノンスマッシュ
〇⑬タワーオブロンドン
▲⑪アスターペガサス
☆③シュウジ
△⑤リナーテ
△④ライトオンキュー
△⑦ダイメイフジ
△①サフランハート


本命はダノンスマッシュです。

函館芝1200mの小回り、洋芝コースを考えた場合、父ロードカナロアの欧州型血統のパワー、母父ハードスパンの小回り適性が活きてきます。

内枠先行有利なこのコースで、6番枠も買い材料。

レースは久々ですが、調教は抜群の動きを見せており連対は固いと想定します。


対抗のタワーオブロンドンは外枠で差し馬と条件はよくありません。

また父、母父が欧州型血統で洋芝適性は高そうですが小回りコースへの適性が疑問視されます。

それでも前走からの距離短縮は歓迎で実績・能力ともにメンバー中上位ですから対抗で評価します。

3番手評価のアスターペガサスは米国型血統を主体にナスルーラ系の血を取り込んでおり、いかにも函館芝1200mが合いそうな血統です。

あとは古馬GⅠ戦線で活躍する馬との力関係をどう図るかです。

期待を込めて3番手評価としました。


「☆」評価のシュウジ
はダートを3戦使っての芝替わりです。

ローテーションに一貫性がない点が気になりますが、それでもコース適性は高いです。

調教の動きはいま一つですが、一発に期待します。

リナーテは差し馬で内枠に入り進路確保に手間取りそうなため連下評価。

サフランハート、ライトオンキュー、ダイメイフジの3頭は血統的な魅力を感じて連下評価です。

以上、この記事では函館スプリントステークスの予想を特集しました!

馬券予想にぜひご参考下さい!

【今週のレース特集】
管理人KAZUの血統を軸にした今週のレース予想をチェックする!


馬券的中率を上げる方法

管理人KAZUの馬券的中率を上げる方法を記事に書きました。

時間が少しかかり正攻法な方法ですが、KAZUが実際に体験済みで効果は保証します。ぜひご参考下さい!


血統を勉強しよう!

血統は「ブラッドスポーツ」。

血統を勉強すれば、競馬がさらに楽しくなります。血統を勉強するにあたっての管理人KAZUのおすすめ本を紹介します!



こちらの記事もおすすめ

-2019年 函館スプリントS, 2019年6月3週レース, 亀谷氏 関連記事, 日曜 特別レース

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.