2019年 宝塚記念 2019年6月4週レース KAZUの予想

【宝塚記念 2019 血統】予想のポイントは「パワーとスタミナ血統」|亀谷氏理論を参考!

更新日:

宝塚記念 2019年 予想


こんにちは!
競馬知恵袋、管理人のKAZUです。

この記事では、グランプリレース「宝塚記念」の予想を特集します!

昨年は1着ミッキーロケット、2着ワーザー、3着ノーブルマーズで三連単は4925.6倍の高配当となりました。

はたして今年も荒れるのか!?

しっかり予想していきます!


【参考:管理人KAZUの予想法】

僕の予想法は血統が軸です。

この血統については、Tサンデー系やPサンデー系などの亀谷氏の血統分類を用います。

その上で該当レースの過去の好走馬から血統傾向(ブラッドバイアス)を分析して、好走血統を把握します。

この好走血統を重視した上で、予想のスパイスとして好走条件(ターフバイアスやトラックバイアス)を加え、最終的に予想印へ落とし込んでいきます。

予想印だけでなく予想の過程までしっかり書きますので、ぜひご参考下さい!

宝塚記念 2019 出走馬の血統


まずは宝塚記念に出走馬の血統について整理したいと思います。

出走馬の父・母父とその血統分類についてまとめています!

宝塚記念 2019


出走馬の父の血統傾向としてはサンデー系、特にディープ系、Tサンデー系が多いですね。

サンデー系以外には欧州型キングマンボ系のキングカメハメハ、ルーラーシップ。

グレイゾヴリン系のジャングルポケットの顔ぶれです。

宝塚記念 2019 好走血統|ブラッドバイアス

好走血統


それでは好走血統について取り上げます。
いわゆるブラッドバイアスですね!

昨年のこのレースは、

1着:ミッキーロケット(父:キングカメハメハ/欧州型キングマンボ系)
2着:ワーザー(父:タヴィストック/欧州型サドラーズウェルズ系)
3着:ノーブルマーズ(父:ジャングルポケット/欧州型グレイゾヴリン系)

の決着でした。

この好走血統では、過去5年の宝塚記念の3着内に入った馬の父と母父の血統傾向を分析します。

宝塚記念の近年の好走血統をしっかりと抑えることができる内容です。

血統から考える予想のポイントをしっかり掴んでいきましょう!

宝塚記念 2019 好走血統

宝塚記念 過去5年 好走血統

【宝塚記念の予想のポイント/好走血統】

〇昨年は父:欧州型血統×母父:欧州型血統の1着、2着、3着で決着するなど欧州型血統が好走傾向。

〇父か母父がサンデー系の場合の好走血統は相手に大系統ミスプロ系かノーザンダンサー系の欧州型血統。なかでも欧州型ミスプロ系のキングマンボ系が◎。

〇血統3代までにナスルーラ系で欧州型血統の血をもっている馬は穴を空けやすい。 (血統表3代(父母父、母母父)まで分析した内容)



過去5年の宝塚記念の血統傾向から考える好走血統はこの3点です。

今年の宝塚記念ではこの3点を予想のポイントにしたいと思います!

<参考>亀谷敬正氏の宝塚記念の血統傾向のポイント


ここで参考として、宝塚記念の血統傾向をさらに深掘りするために血統予想のパイオニアである亀谷敬正氏の予想のポイントを紹介します 。

紹介する内容は亀谷敬正氏の書籍「重賞ビーム 2019」の宝塚記念の血統予想のポイントを引用します。

【黄金血統】

①父が非サンデー系、特に欧州型。そのなかでもサンデー系の血を持たない馬

②ディープインパクト産駒の牝馬 

引用:重賞ビーム 2019 (サラブレBOOK)


亀谷氏の黄金血統(血統傾向)をもとに、今年の出走予定馬の血統を照らし合わせ考えてみます。

まず父が非サンデー系で欧州型の血統馬はキセキ、ノーブルマーズ、レイデオロの3頭です。

そのなかでも、父と母父にサンデー系の血を持たない血統馬はレイデオロ一頭のみですね。

ディープインパクト産駒の牝馬については、今年は該当する出走馬がいません。

あえて解釈を拡大してあげるとすれば、サンデー系のハーツクライを父に持つリスグラシューでしょう。

予想の基本は先ほどあげた好走血統の3点が軸ですが、亀谷氏の予想のポイントも参考にしながら、予想を組み立てていきたいと思います!

参考:亀谷敬正氏の書籍

【予想のスパイス】先週の阪神芝コースの好走血統|ターフバイアス


予想印の紹介に入る前に予想のスパイスとして、先週(6月3週)の阪神芝の血統傾向を紹介します。

内容は先週阪神で行われた土曜、日曜の芝レースで3着内に入った好走馬の血統傾向を分析しています。


【宝塚記念の予想のスパイス/先週の好走血統(芝)】

□先週の阪神芝レースの馬場状態は土曜日、日曜日ともに稍重。

〇父の3着内回数はディープ系(6頭)、Tサンデー系(5頭)、欧州型キングマンボ系(5頭)が抜けて好成績。

〇母父の3着内回数はTサンデー系(6頭)、欧州型サドラーズウェルズ系(4頭)、欧州型ロベルト(3頭)、米国型ミスプロ系(3頭)が好成績。


先週の好走血統で気になるのが、中距離以上のレースで欧州型サドラーズウェルズ系の血を持つ馬が好走していることです。

土曜日の阪神6R3歳未勝利戦(芝2400m)では、母父がサドラーズウェルズ系の馬が1着、2着にきました。

また日曜日の阪神8Rの500万下(芝2000m)はサドラーズウェルズ系のフランケル産駒のスティーンが2着にきました。

冒頭に書いた予想のポイント3点に加えて、サドラーズウェルズ系の血の配合にも注意を払いたいです!

宝塚記念の血統を軸にした予想印(確定)

宝塚記念 2019年 予想


それでは最後に、好走血統をふまえた宝塚記念の予想印を紹介します!


【宝塚記念 予想印(確定)】

◎⑫リスグラシュー

〇①キセキ

▲⑩ノーブルマーズ

☆⑪スワーブリチャード

△④アルアイン

△②レイデオロ

△⑥スティッフィリオ

注⑤ダツゴウゲキ



阪神競馬場の金曜日時点の芝の馬場状態は乾燥した良馬場。

よいコンディションです。

ただしレース当日の天気予報は「雨」です。

この点もふまえて予想をしていきたいと思います!

◎⑫リスグラシュー

本命は牝馬の⑫リスグラシューです!

父:ハーツクライ(Tサンデー系 )×母父:アメリカンポスト(欧州型ネイティヴダンサー系)の配合は好走血統ではありますが、母父がミスプロ系ではないので少しずれています。

ただしミスタープロスペクター系の血を辿ればネイティヴダンサーに行き着くわけですから許容範囲です。

何よりリスグラシューのよい点は父母父と母母父に欧州型ナスルーラ系の血を持っていることと、血統の4代にサドラーズウェルズの血を取り込んでいること。

雨が降って馬場が渋ることはむしろ歓迎でしょう。

マリアライトの再来を期待します!

◎①キセキ

対抗は①キセキです!

父:ルーラーシップ(欧州型キングマンボ系)×母父:ディープインパクト(ディープ系)の組み合わせは宝塚記念の好走血統です。

父がルーラーシップですから、父母父にはトニービンの欧州型ナスルーラ系のグレイゾヴリンの血。

4代にはダンチヒの血もあり、勝ち負けが期待できる血統構成です。

雨が降って馬場が渋れば好走確立はさらに高まるでしょう!

スタートさえ決めれば、好勝負必須の一頭です。

▲⑩ノーブルマーズ

単穴には⑩ノーブルマーズを推します!

昨年の3着の実績が示すように、宝塚記念に対する血統の相性は非常に高いです。

父:ジャングルポケット(欧州型グレイゾヴリン系)×母父:シルヴァーホーク(欧州型ロベルト系)の欧州型配合。

さらに母母父、父母父も欧州型血統です。

とにかくパワーとスタミナに優れた馬。

馬場状態が稍重以上に悪化すれば非常に面白い一頭です!

☆⑪スワーブリチャード

☆は⑪スワーブリチャードです。

父:ハーツクライ(Tサンデー系)に母父:アンブライドルズソング(米国型ミスプロ系)の配合は好走血統に該当します。

欲を言えば、母父がミスタープロスペクター系でもキングマンボなどの欧州型がベストですが・・・。

父母父には、欧州型グレイゾヴリン系、母母父にボールドルーラー系の血が入っており、激走の気配が漂います。

GⅠ馬ながら近走は存在感にかける印象ですが、ここで輝きを取り直す可能性は大いにあります!

△④アルアイン

連下1番手は④アルアインです!

このアルアインの連下は星に近い高い評価の連下です。

父:ディープインパクト(ディープ系)×母父エッセンスオブドバイ(エーピーインディ系)の配合自体は宝塚記念の好走血統ではありません。

ただしエーピーインディが受け継ぐボールドルーラーの血が怖いです。

ディープ×ボールドルーラーは阪神コースで滅法走ります。

前走は同じ阪神内回りコースの大阪杯で1着。

血の力を活かして、勢いに乗って連勝も考えられる一頭です!

△②レイデオロ

連下評価の2番手はレイデオロです。

このレイデオロ、非サンデー系から好走を期待される一頭ですが僕としては評価を控えめにしています。

それは母父のシンボリクリスエス(欧州型ロベルト系)の影響です。

パワーと大舞台に強いロベルト系の血は確かに魅力なのですが、上位馬と比べると好走血統とは若干ズレた印象を受けました。

この母父がTサンデー系であれば間違いなく本命です。

ここは、あえての連下評価としています。

△⑥スティッフィリオ

連下評価の最後はスティッフィリオです。

父:ステイゴールド(Tサンデー系)に母父ムトト(欧州型スターリング系)の配合が好走を期待させます。

ムトトは、パワーとスタミナが求めれるイギリス競馬で活躍した種牡馬です。

そこにステイゴールドですから、いかにもパワーとスタミナがありそうな血統でサンデー特有の瞬発力も期待できます。

ノーブルマーズ同様に面白い一頭です!

注⑤ダツゴウゲキ

最後に注意として⑤ダツゴウゲキをあげておきます!

1年の休養明けでおそらくオッズ的には最下位人気でしょう。

ただし父:マーベラスサンデー(Lサンデー系)×母父:シングスピール(サドラーズウェルズ系)の配合は、かなり穴的な香りが漂います!

特に母父がサドラーズウェルズ系の馬は、メンバー中ダツゴウゲキのみです。

去年のワーザーやノーブルマーズのように人気的にとんでもない馬が飛んでくるのが宝塚記念です。

抑えておいていい一頭だと思います。

以上、宝塚記念の予想を特集しました。

長丁場となりましたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【今週のレース特集】
管理人KAZUの血統を軸にした今週のレース予想をチェックする!


馬券的中率を上げる方法

管理人KAZUの馬券的中率を上げる方法を記事に書きました。

時間が少しかかり正攻法な方法ですが、KAZUが実際に体験済みで効果は保証します。ぜひご参考下さい!


血統を勉強しよう!

血統は「ブラッドスポーツ」。

血統を勉強すれば、競馬がさらに楽しくなります。血統を勉強するにあたっての管理人KAZUのおすすめ本を紹介します!



こちらの記事もおすすめ

-2019年 宝塚記念, 2019年6月4週レース, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.