ラップ×血統で予想!

競馬知恵袋

【パラダイスステークス 2019 血統】予想は「欧州型血統」を狙え!|亀谷理論を参考

更新日:

パラダイスステークス 2018


こんにちは!
競馬知恵袋、管理人のKAZUです。

この記事では、日曜日の東京メインレース「パラダイスステークス」の予想を特集します!

昨年はショウナンアンセムが勝ったこのレース。

はたして今年はどの馬が制するのでしょうか!?

しっかり予想していきます!


【参考:管理人KAZUの予想法】

僕の予想法は血統が軸です。

この血統については、Tサンデー系やPサンデー系などの亀谷氏の血統分類を用います。

その上で該当レースの過去の好走馬から血統傾向(ブラッドバイアス)を分析して、好走血統を把握します。

この好走血統を重視した上で、予想のスパイスとして好走条件(ターフバイアスやトラックバイアスなど)を加え、最終的に予想印へ落とし込んでいきます。

予想印だけでなく予想の過程までしっかり書きますので、ぜひご参考下さい!

パラダイスステークス 2019 出走馬の血統


まずはパラダイスステークスに出走馬とその血統について整理したいと思います。

出走馬と、父・母父の血統分類についてまとめます!



今年のパラダイスステークスは父の血統で大系統サンデー系、ミスタープロスペクター系、ノーザンダンサー系、ターントゥ系と幅広い血統構成となっています。

母父も同様の傾向ですが、ナスルーラ系の2頭が気になりますね。

父の種牡馬の好走傾向はもちろんのこと、父と母父の配合の組み合わせもふまえて好走血統がどのような傾向なのか!?

このあたりを予想のポイントとして探っていきましょう!

パラダイスステークス 2019 好走血統|ブラッドバイアス

好走血統


それでは好走血統について取り上げます。
いわゆるブラッドバイアスですね!

昨年のこのレースは、

1着:ショウナンアンセム(父:ジャングルポケット/グレイゾヴリン系)
2着:ロードクエスト(父:マツリダゴッホ/Pサンデー系)
3着:アイライン(父:ローレルゲレイロ/リファール系)

の決着でした。

この血統の傾向をさらに拡大して、過去5年のパラダイスステークスの3着内に入った馬の父と母父をピックアップしてまとめてみます!


次にこの好走馬の血統傾向をふまえて、パラダイスステークスの好走血統を分析して予想のポイントを導きます!


【パラダイスステークスの予想のポイント/好走血統】

〇父Pサンデー系 or Tサンデー系×母父ダンチヒ系の配合

〇ロベルト系もしくはトニービンの血を持つ馬

〇欧州型血統(15頭)>日本型血統(9頭)>米国型血統(6頭)の順で好走傾向



好走血統としてまずあげられるのが、父:サンデー系×母父:ダンチヒ系の配合です。

特にサンデー系はPサンデー系かTサンデー系が好走傾向です。

次に好走系統としてあげられるのが、ロベルトもしくはトニービンの血を持つ馬です。

血統分類で見ると欧州型血統が好走傾向ですね。

サンデー系の瞬発力、ダンチヒ系のスピードと短距離適性を好走血統の基本において、トニービンの東京適性やロベルト系のパワーを補足として捉える。

そのような視点が予想のポイントと言えそうです!

【予想のスパイス】先週の東京芝コースの好走血統|ターフバイアス


予想印の紹介に入る前に予想のスパイスとして、先週(6月3週)の東京芝の血統傾向を紹介します。

内容は先週東京で行われた土曜、日曜の芝レースで3着内に入った好走馬の父と母父の血統傾向を分析しています。


【先週の東京芝コースの好走血統】

〇先週の父の好走血統は欧州型ミスプロ系(6頭)>Tサンデー系、Pサンデー系、Lサンデー系、ディープ系(4頭)>Dサンデー系、欧州型ダンチヒ系、米国型ヘイロー系(2頭)の順で好走傾向。

〇先週の母父の好走血統はPサンデー系、欧州型キングマンボ系(3頭)が好走傾向。

〇血統分類での好走血統は日本型血統>欧州型血統>>米国型血統の順で好走傾向。



先週の東京芝コースは土曜日が不良、日曜日が稍重でレースが行われました。

道悪馬場を象徴するかのように欧州型ミスプロ系が好走しました。

パワーとスタミナに長ける欧州型血統が好調傾向にあります。

パラダイスステークス 2019 予想印

パラダイスステークス 2018


それでは最後に、好走血統(ブラッドバイアス)をふまえたパラダイスステークスの予想印を紹介します!


【パラダイステークス 予想印】

◎⑩キョウワゼノビア

〇⑦リバティハイツ

▲⑫ロワアブソリュー

☆⑪シベリアンスパーブ

△③ストーミーシー

△①テトラドラクマ

△⑬キャプテンベリー



本命の⑩キョウワゼノビアは、父:ハーツクライ、母父:シーキングザゴールド、父母父:トニービン、母母父ニジンスキーの血統が魅力で本命です。

父ハーツクライが持つトニービンの血と母系のニジンスキーの欧州型の血に期待です!

今年のパラダイスステークスは血統的に「この馬!」という馬がおらず、出走馬全頭の血統表を見た際に一番惹かれたのがキョウワゼノビアです。

好走を期待します!


対抗は⑦リバティハイツです。

実力的には申し分なく、父母父にラスタタイクーンや母母父にスワーヴダンサーの血が入っているのも好印象です!

単穴は⑪ロワアブソリュー!

血統全体で見ると米国型ミスプロ系の血が先行しているのが気になりますが、東京芝1400mは6戦して3勝と好成績。

相性の良さから単穴まで推します!

星は⑪シベリアンスパーブです。

欧州型ヌレイエフ系の父に父母父にボールドルーラー系の血、母父にグレイゾヴリン系の血はこのレースで好走血統の類に入ります。

能力的には厳しい側面もありますが、血と展開と馬場状態の力を借りて一発を期待したいです!

星以降は能力的に上位に位置する③ストーミーシー、①テトラドラクマ、血統的に魅力を感じる⑬キャプテンベリーを連下評価とします!

以上、パラダイスステークスの予想を特集しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【今週のレース特集】
管理人KAZUの血統を軸にした今週のレース予想をチェックする!


馬券的中率を上げる方法

管理人KAZUの馬券的中率を上げる方法を記事に書きました。

時間が少しかかり正攻法な方法ですが、KAZUが実際に体験済みで効果は保証します。ぜひご参考下さい!

[blogcard url="https://legends.jp/2019/06/12/baken/"]


血統を勉強しよう!

血統は「ブラッドスポーツ」。

血統を勉強すれば、競馬がさらに楽しくなります。血統を勉強するにあたっての管理人KAZUのおすすめ本を紹介します!



こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.