【UHB杯 2019 血統】予想は「欧州型血統」が狙い目|亀谷氏理論を参考

更新日:

UHB杯 2018


こんにちは!
競馬知恵袋、管理人のKAZUです。

この記事では、日曜日の函館メインレース「UHB杯」の予想を特集します!

昨年はクリーンファンキーが勝ったこのレース。

はたして今年はどの馬が制するのでしょうか!?

しっかり予想していきます!


【参考:管理人KAZUの予想法】

僕の予想法は血統が軸です。

この血統については、Tサンデー系やPサンデー系などの亀谷氏の血統分類を用います。

その上で該当レースの過去の好走馬から血統傾向(ブラッドバイアス)を分析して、好走血統を把握します。

この好走血統を重視した上で、予想のスパイスとして好走条件(ターフバイアスやトラックバイアスなど)を加え、最終的に予想印へ落とし込んでいきます。

予想印だけでなく予想の過程までしっかり書きますので、ぜひご参考下さい!

UHB杯 2019 出走馬の血統


まずはUHB杯に出走馬とその血統について整理したいと思います。

出走馬と、父・母父の血統分類についてまとめます!


今年のUHB杯はPサンデー系やTサンデー系、ディープ系など大系統でサンデー系が多いですね。

あとは欧州型のミスタープロスペクター系が多いメンバー構成になっています。

小回り洋芝の1200mコースなので、個人的には米国型血統か欧州型でスプリント血統を中心に考えたいところですが・・・

このあたりは過去のレースの好走血統や直近の函館芝レースの好走血統を通じて分析していきましょう。

それでは予想のポイントに入ります!

UHB杯 2019 好走血統|ブラッドバイアス

好走血統


それでは好走血統について取り上げます。
いわゆるブラッドバイアスですね!

昨年のこのレースは、

1着:クリーンファンキー(父:タイキシャトル/米国型ヘイロー系)
2着:クリノスイートピー(父:アドマイヤコジーン/欧州型グレイゾヴリン系)
3着:ロイヤルメジャー(父:ダイワメジャー/Pサンデー系)

の決着でした。

この血統の傾向をさらに拡大して、過去5年のUHB杯の3着内に入った馬の父と母父から好走血統を分析します!


【UHB杯の予想のポイント/好走血統】

〇父は米国型ヘイロー系(3頭)>欧州型グレイゾヴリン系、Pサンデー系、Tサンデー系(2頭)の順で好走傾向。
タイキシャトル産駒とアドマイヤコジーン産駒が好成績。

〇母父は米国型ミスプロ系(4頭)>ヴァイスリージェント系、ロベルト系、ボールドルーラー系(2頭)の順で好走傾向。

〇血統分類は米国型血統>日本型血統>欧州型血統の順で好走傾向。



UHB杯ですが、タイキシャトル産駒とアドマイヤコジーン産駒が好成績です。

特に直近2年はタイキシャトル産駒とアドマイヤコジーン産駒の1着、2着が続いています。

異なる競走馬で2年続けての1着、2着ですから、この2頭の産駒についてレース適性が高いと考えられます。

その他でいくと、小回りコースが得意でスピードの持続力に長ける米国型血統の血を持つ馬が好成績です。

このあたりも予想のポイントとしてしっかり抑えておきたいところです!

【予想のスパイス】先週の函館芝コースの好走血統|ターフバイアス


予想印の紹介に入る前に予想のスパイスとして、先週(6月3週)の函館芝の血統傾向を紹介します。

内容は先週函館で行われた土曜、日曜の芝レースで3着内に入った好走馬の父と母父の血統傾向を分析しています。


【先週の函館芝コースの好走血統】

〇父は欧州型キングマンボ系が3着内6頭/30頭と好成績。特にロードカナロア、ルーラーシップ産駒が好走傾向。

〇父か母父に欧州型サドラーズウェルズ系の血を持つ馬が好走傾向(5頭/30頭)。

〇血統分類は欧州型血統>日本型血統>>米国型血統の順で好走傾向。



先週の函館芝コースは土曜日が良、日曜日が稍重でレースが行われました。

洋芝コースらしく欧州型血統、特に欧州型キングマンボ系、サドラーズウェルズ系の血を持つ馬の好走が目立ちました。

この点はUHB杯を予想する上で重要なポイントとなります!

UHB杯 2019 予想印

UHB杯 2018


それでは最後に、好走血統(ブラッドバイアス)をふまえたUHB杯の予想印を紹介します!


【UHB杯 予想印】

◎⑪シュエットヌーベル

〇⑤ショウナンタイガ

▲⑧タイセイソニック

☆⑥シンデレラメイク

△⑬ルマーカーブル/p>

△①インシュラー

△④ライリー

△⑫キングキング



本命は⑪シュエットヌーベルです。

本命は夏場と函館、札幌の洋芝との相性が良いシュエットヌーベルです!

母父が好走血統タイキシャトルであることが買い材料。

またレース当日の馬場状態は道悪が想定されます。

そうなるとDサンデー系の父スマートファルコンの血が活きてくるでしょう。

人気薄ですが期待したい一頭です!

対抗、単穴、星は人気を集めている3頭です。

⑤ショウナンタイガ、⑧タイセイソニック、⑥シンデレラメイクともに血統的には買い材料です。

そのなかでも推奨はショウナンタイガです。

父:ディープインパクト×母父:サクラバクシンオーの配合は函館芝1200mに好相性の血統です。

ディープ、サクラバクシンオーと聞くと道悪適性に疑問を持ちますが、過去レースで道悪も勝っています。

重賞ファルコンS4着の実績馬ですので、信頼度は高いです!

連下は血統を重視して、ミスプロ系の父に母系のボールドルーラーの血が魅力の⑫キングキング、このコース好成績のマンハッタンカフェ産駒の①インシュラー、ロベルト系のシンボリクリスエスを父に持つ④ライリー、極端な米国型血統が面白い⑬ルマーカーブルの4頭を推します。

以上、UHB杯の予想を特集しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【今週のレース特集】
管理人KAZUの血統を軸にした今週のレース予想をチェックする!


馬券的中率を上げる方法

管理人KAZUの馬券的中率を上げる方法を記事に書きました。

時間が少しかかり正攻法な方法ですが、KAZUが実際に体験済みで効果は保証します。ぜひご参考下さい!

[blogcard url="https://legends.jp/2019/06/12/baken/"]


血統を勉強しよう!

血統は「ブラッドスポーツ」。

血統を勉強すれば、競馬がさらに楽しくなります。血統を勉強するにあたっての管理人KAZUのおすすめ本を紹介します!



こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.