2019年6月5週レース CBC賞 2019 KAZUの予想

【CBC賞 2019 予想】血統で暴く好走馬と凡走馬|危険な人気馬はどの馬!?

更新日:

CBC賞_2019


こんにちは!
競馬知恵袋、管理人のKAZUです。

この記事では、重賞レース「CBC賞(GⅢ)」の予想を特集します!

昨年はアレスバローズ、一昨年はシャイニングレイ、一昨々年はGⅠ馬・レッドファルクスが勝ったCBC賞!

今年はどの馬が勝つのでしょうか!?

しっかり予想していきます!


【参考:管理人KAZUの予想法】

僕の予想法は血統が軸です。

この血統については、Tサンデー系やPサンデー系などの亀谷氏の血統分類を用います。

その上で該当レースの過去の好走馬の血統傾向を分析して、好走血統を導きます。

また人気を集めたが期待を裏切った凡走馬の血統傾向も分析することで危険な人気馬も把握します。

予想印だけでなく予想の過程までしっかり書きますので、ぜひご参考下さい!

CBC賞(2019年)の過去5年の好走馬の血統


まずはCBC賞の過去5年の好走馬(1着・2着・3着馬)の血統について整理したいと思います。

好走馬の父・母父とその血統分類についてまとめます!

CBC賞 好走血統

CBC賞(2019年)の好走血統

好走血統


さきほど紹介した過去5年の好走馬の血統から好走血統を取り上げます。

好走血統については好走馬の父、母父に加えて、5代血統表をみて分析しています。

今年のCBC賞の好走血統は3点です!


【CBC賞(2019年)の好走血統】

①父か母父どちらかがサンデー系(信頼度:A)

②父がディープインパクト(信頼度:B)

③母系に欧州型グレイゾヴリン系(信頼度:C)

④米国型ミスタープロスペクター系の血(信頼度:C)



まずは信頼度Aの好走血統は父か母父どちらかがサンデー系です。

過去5年の3着内馬15頭中12頭がこの血統に該当し、信頼度は非常に高いです。

次が信頼度Bで父ディープインパクト。

昨年のアレスバローズ、一昨年のシャイニングレイ、2015年のウリウリと過去5年で3頭の勝馬を輩出しています。

信頼度Aに近い信頼度Bの好走血統といえます。

信頼度Cの好走血統は母系に欧州型グレイゾヴリン系と米国型ミスタープロスペクター系の血。

昨年のアレスバローズ、一昨年のシャイニングレイをはじめ、CBC賞は母系に欧州型グレイゾヴリン系の血を持った馬が好走します。

次に抑えておきたいのが、米国型ミスタープロスペクター系の血統です。

特に要注意なのはフォーティーナイナー系ですね。

一昨々年勝馬のレッドファルクスや2年連続で好走したセカンドテーブルがフォーティーナイナー系の父を持つ馬で該当します。

<参考>亀谷敬正氏のCBC賞の血統傾向のポイント


ここで参考として、CBC賞の血統傾向をさらに深掘りするために血統予想のパイオニアである亀谷敬正氏の予想のポイントを紹介します 。

紹介する内容は亀谷敬正氏の書籍「重賞ビーム 2019」のCBC賞の血統予想のポイントを引用します。

【黄金血統】

・グレイゾヴリン系の血を持つ馬

・父フォーティーナイナー系

引用:重賞ビーム 2019 (サラブレBOOK)


先ほど書いた好走血統と同じ内容ですね!

僕としては信頼度Cの好走血統ですが、亀谷氏の後押しもあると考えれば信頼度Bまで上げてもよいかもしれません。

参考:亀谷敬正氏の書籍

CBC賞(2019年)の凡走血統|危険な人気馬

凡走血統


ここからは過去レースで人気を集めたが凡走した馬の血統を分析することで、CBC賞の凡走血統、危険な人気馬を考えます。

今回、凡走血統として取り上げるのは3頭です。

2018年CBC賞:ダイメイフジ(1番人気11着)

2017年CBC賞:メラグラーナ(1番人気10着)

2016年CBC賞:エイシンブルズアイ(1番人気9着)

この3頭の5代血統表を分析して発見した凡走血統がこちらです。


【CBC賞(2019年)の凡走血統】

①母系に欧州型グレイゾヴリン系の血がない

②父がミスタープロスペクター系でもフォーティーナイナー系ではない



特に注意したいのは、「母系に欧州型グレイゾヴリン系の血がない」ことですね。

この凡走血統にあてはまる馬は、危険な人気馬といえそうです。

思い切って馬券から切るのもありかもしれません。

CBC賞(2019年)の予想印

CBC賞_2019


それでは最後に出走馬の血統と、好走血統を軸にしたCBC賞の予想印を紹介します!

CBC賞(2019年)の予想印


【CBC賞 2019 予想印】

◎④アレスバローズ

〇②ショウナンアンセム

▲⑤ラインスピリット

☆③セイウンコウセイ

△⑦ビップライブリー

△⑨レッドアンシェル

△⑬アウィルアウェイ

注⑩ラヴェンダーヴァレイ


◎④アレスバローズ

アレスバローズ 血統表
アレスバローズ 血統表


本命は④アレスバローズです!

父ディープインパクトに母父欧州型グレイゾヴリン系のトニービンの配合はCBC賞の好走血統のそのものと言えます。

実際に昨年のこのレースを制して重賞初勝利。

近走の成績から7歳となりピークを過ぎたのではという問題や、道悪馬場になった時の適性など不安点もありますが、好走血統の血に期待したいです。

また鞍上が川田騎手というのも買い材料で、ある程度前目につけて勝ちにいく積極的な競馬をしてくれるでしょう!

〇②ショウナンアンセム

ショウナンアンセム 血統表
ショウナンアンセム 血統表


対抗は②ショウナンアンセムです!

父が欧州型グレイゾヴリン系のジャングルポケット、母父がヴァイスリージェント系クロフネの配合です。

いかにも左回りに強そうな血統で、実際に前走の高松宮記念3着をはじめ東京競馬場など左回りコースで実績をあげています。

3代にヌレイエフやダンチヒの血を取り込んでおり道悪は得意と考えられます。

調教も迫力十分な動きを見せており、調子も良さそうです。

勝ち負けが十分に可能な馬で、あとは鞍上の乗り方次第でしょう!

▲⑤ラインスピリット

ラインスピリット 血統表


単穴は⑤ラインスピリットです!

フォーティーナイナー系の父スウェプトオーヴァーボードに、母父欧州型グレイゾヴリン系のトニービンは激走が期待できる好走血統です。

特に過去勝利馬レッドファルクスと同じフォーティーナイナー系のスウェプトオーヴァーボードの血がいいですね。

昨年のスプリンターズステークスの3着のように「あっと!驚く!」激走も十二分に考えられます!

☆③セイウンコウセイ

セイウンコウセイ 血統表
セイウンコウセイ 血統表


星には③セイウンコウセイを推します!

この馬も父がフォーティーナイナー系のアドマイヤムーンで好走血統にあたります。

母父が大系統ナスルーラ系のボールドルーラー系であることも好印象です。

好走、凡走の差が激しい同馬ですが、中京芝1200mに限っては高松宮記念を3戦して1着、2着、6着と安定した成績をあげています。

GⅠで1着、2着、6着のコースでのGⅢですから、トップハンデとは言え、あっさり勝ちきってしまうかもしれません。

△⑦ビップライブリー、⑨レッドアンシェル、⑬アウィルアウェイ


連下には勢いのある3頭。

⑦ビップライブリー、⑨レッドアンシェル、⑬アウィルアウェイを推します。

この3頭で血統の後押しをあげるとすれば、⑦ビップライブリーの母父フォーティーナイナーぐらいなのですが勢いがありますからね。

特に⑬アウィルアウェイは斤量51kgとかなり恵まれましたので、気になる一頭です。

注⑩ラヴェンダーヴァレイ


最後、注意に⑩ラヴェンダーヴァレイをあげます!

実績的にはメンバー内では格下ですが、気になるのは父ディープインパクトであることです。

血統の三代には相性のよい欧州型ノーザンダンサー系のリファールやニジンスキーの血を取り込んでおり、馬券的に面白い一頭です!

<参考>YoutubeでもCBC賞の予想を公開中!


以上、この記事ではCBC賞の予想を特集しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【今週のレース特集】
管理人KAZUの血統を軸にした今週のレース予想をチェックする!


馬券的中率を上げる方法

管理人KAZUの馬券的中率を上げる方法を記事に書きました。

時間が少しかかり正攻法な方法ですが、KAZUが実際に体験済みで効果は保証します。ぜひご参考下さい!


血統を勉強しよう!

血統は「ブラッドスポーツ」。

血統を勉強すれば、競馬がさらに楽しくなります。血統を勉強するにあたっての管理人KAZUのおすすめ本を紹介します!



こちらの記事もおすすめ

-2019年6月5週レース, CBC賞 2019, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.