【ジャパンダートダービー 2019 血統】予想はロベルト系の血を狙え!

更新日:

ジャパンダートダービー


こんにちは!
競馬知恵袋、管理人のKAZUです。

この記事では、2019年ジャパンダートダービーの予想を特集します。


この記事では、過去のレース結果の血統から、期待値の高い血統(好走血統)と人気を裏切りやすい危険な人気馬の血統(凡走血統)を分析します。

その結果、導き出された血統傾向から予想印をご紹介します。

なお血統を分析する上での血統分類については、Pサンデー系やTサンデー系などの亀谷氏の血統分類を活用します。

それではまいりましょう!

【お知らせ】Youtubeを始めました!

ブログでは書ききれないレースの予想のポイントや血統の基礎知識、注目馬の血統解説などをYouTubeで配信しています!

2日1回は最新動画をアップしています。

ぜひチャンネル登録して、馬券予想にお役立て下さい!

KAZU KEIBAチャンネル


予想のポイント①|ジャパンダートダービー(2019年)の好走血統

好走血統


まずは好走血統を分析する上で、ジャパンダートダービーの過去5年の好走馬(1着・2着・3着馬)の血統について整理したいと思います。

父と母父の血統分類は亀谷氏の血統理論にもとづき行い、各血統の系統にもとづく色付けをしています。

また今回は地方馬所属についても、馬名をグレー色に色付けしています。

ジャパンダートダービー 好走馬

以上の好走馬の血統をふまえて、今年のジャパンダートダービーの好走血統を分析します。

その分析結果の好走血統がこちらです!


【ジャパンダートダービー賞(2019年)の好走血統】

①欧州型ロベルト系のブライアンズタイムの血(信頼度:B)

②父が米国型フォーティーナイナー系(信頼度:B)

③父か母父にサンデー系の血(信頼度:B)



その根拠について、順番にご紹介します。

好走血統①:欧州型ロベルト系のブライアンズタイムの血


まずは欧州型ロベルト系のブライアンズタイムの血についてです。

過去5年のジャパンダートダービーの3着内に入った馬を好走馬と位置づけ、その父と母父を血統分類すると、直近2年はブライアンズタイムの血を持った欧州型ロベルト系の馬が好走していることが分かります。

3年前までは欧州型のナスルーラ系やノーザンダンサー系の血が好走していましたが、ここ2年で血統傾向として大きな変化がおきており、この点は抑えておきたいポイントです、

好走血統②:父が米国型フォーティーナイナー系


次に父が米国型フォーティーナイナー系ですが、過去ノンコノユメ、ヒガシウィルウィンで勝利、オメガパフュームで2着と好走しています。

特に地方馬ヒガシウィルウィンがジャパンダートダービーを勝つということは異例で、血統とレースの相性が非常によかったと言えるのではないかと考えています。

好走血統③:父か母父にサンデー系の血


最後に父か母父にサンデー系の血ですが、こちらは前週行われた帝王賞同様に大井の重賞レースの好走血統の特徴であり、好走血統を考えるベースとなる血です。

サンデー系の血があるのかないのかは非常に重要ですでの、好走血統の前提条件として捉えてください。

予想のポイント②|ジャパンダートダービー(2019年)の凡走血統

凡走血統


ここからは凡走血統、いわゆる「危険な人気馬の血統」について特集します。

今年のジャパンダートダービーの凡走血統は1点です。


【ジャパンダートダービー(2019年)の凡走血統】

①米国型血統が先行しすぎて距離に不安を抱える馬



なかなか分かりづらい部分もありますので、実例をあげてご紹介します。

凡走馬の実例としてあげるのは、2016年に2番人気で7着に敗れたストロングバローズです。

ストロングバローズ 血統表
ストロングバローズ 血統表

父が米国型エーピーインディ系のマインシャフト、母父が米国型ミスプロ系のストリートクライの配合です。

米国型が先行しており、距離も若干の不安を覚える血統構成ですね。

この馬以外にも、昨年のヘネシー産駒のドンフォルティス、一昨年の母系に米国型血統のサンライズノヴァ、4年前のアグネスデジタル産駒のライドオンウインドなど米国型血統が先行した血統構成で距離不安を抱える馬は人気を裏切る傾向にあります。

この凡走血統の傾向はしっかり抑えておきましょう!


予想のポイント③|ジャパンダートダービー(2019年)の予想

ジャパンダートダービー


それでは最後に好走血統・凡走血統を軸にしたジャパンダートダービーの予想印を紹介します!

ジャパンダートダービー(2019年)の予想印


【ジャパンダートダービー 2019 予想印】

◎⑫クリソベリル

〇③ロードグラディオ

▲②ヒカリオーソ

△④ミューチャリー

△⑤デルマルーヴル

△⑩デアフルーグ


◎⑫クリソベリル


本命は⑫クリソベリルです!

ここまで3戦3勝。この3戦で2着に突き放した着差を合計19馬身!

この3戦で示す強さは規格外で怪物のオーラが漂います。

血統も好走血統のサンデー系であるゴールドアリュールを父に持ち、全兄のクリソライトもこのレースを勝っています。

ジャパンダートダービーは過去5年入りの3Fが上がり3Fよりも速く、ハイペースになりやすいため脚質としては差しが有利なレースです。

クリソベリルは「先行してよし」、「差してよし」の馬のため、脚質的にも向いていますね。

鞍上は先週のスパーキングレディーカップをファッショニスタで勝った川田騎手!

死角が見当たらず「このレースは確勝級」と予想します。

〇③ロードグラディオ


対抗は③ロードグラディオです。

父:キングカメハメハ×母父:フジキセキの配合は昨年3着に入ったグレートタイムと同じ配合で評価できます。

父系は欧州型血統が中心でタフな競馬となりやすいこのレースでは好印象ですね。

実績的には500万下勝利からのローテーションで中央参戦馬の中では一枚落ちます。

ただし、もともとは芝レースで活躍しており、NHKマイルカップにも出走した馬。

ダート初替わりとなった前走500万下をきっちりと勝っており、ダート適性も感じます。

競走馬としてのスピード能力を備えており、ダート適性も高いのであれば好走が期待できる一頭です。

▲②ヒカリオーソ


単穴には地方馬②ヒカリオーソを推します!

東京ダービー勝馬で父が好走血統の欧州型ロベルト系のフリオーソであること最大の魅力です。

タイム的に東京ダービーのレース自体は評価できませんし、脚質的に先行が予想され展開的にも厳しい局面が予想されます。

さらに一気にメンバーレベルが上がる一戦です。

厳しい状況ではあるのですが、その状況だからこそ欧州型ロベルト系の大舞台での底力の血に期待します。

積極的な競馬をして、ロベルト系特有のスタミナが活きるレース展開に持ち込んでほしいです。

△④ミューチャリー、⑤デルマルーヴル、⑩デアフルーグ


連下には④ミューチャリー、⑤デルマルーヴル、⑩デアフルーグの3頭を抑えます。

④ミューチャリーは母父が欧州型ロベルト系のブライアンズタイムの血が魅力です。

また脚質も末脚にかけるタイプなのも評価できます。

⑤デルマルーヴルは血統的な後押しは少ないですが、実績はメンバー中でも上位で戸崎騎手が鞍上なのが買い材料です。

速い上りを使えることも好印象ですね。


⑩デアフルーグも中央馬で実績上位ですが、前走のユニコーンステークスは1番人気で7着と凡走しています。

関係者からは「敗因が分からない」とのコメントが出ており、そのような状況で変わり目は期待できないと考え、連下まで評価を落としました。



以上、この記事ではジャパンダートダービーの好走血統と凡走血統、血統を軸にした予想を特集しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【今週のレース特集】
管理人KAZUの血統を軸にした今週のレース予想をチェックする!


血統を勉強しよう!

血統は「ブラッドスポーツ」。

血統を勉強すれば、競馬がさらに楽しくなります。血統を勉強するにあたっての管理人KAZUのおすすめ本を紹介します!



こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.