2019年 函館記念 KAZUの予想

【函館記念 2019 血統】予想は好走傾向の鉄板配合を狙え!

更新日:

函館記念 予想


こんにちは!
競馬知恵袋、管理人のKAZUです。

この記事では、2019年函館記念の予想を特集します。


この記事では、函館記念の過去5年のレース結果の血統から、期待値の高い血統(好走血統)と人気を裏切りやすい危険な人気馬の血統(凡走血統)を分析します。

その結果、導き出された血統傾向から予想印をご紹介します。

なお血統を分析する上での血統分類については、Pサンデー系やTサンデー系などの亀谷氏の血統分類を活用しています。

それではまいりましょう!



予想のポイント①|函館記念(2019年)の好走血統

好走血統


過去のレース結果から導く今年の函館記念の好走血統は2点です!

早速ご紹介します。


【函館記念の好走血統】

①父:欧州型血統×母父:サンデー系の組み合わせか、父:Tサンデー系×母父:欧州型血統の配合

②欧州型ロベルト系の血



その根拠について、順番にご紹介します。

好走血統①:父:欧州型血統×母父:サンデー系の組み合わせか、父:Tサンデー系×母父:欧州型血統の配合


過去5年の函館記念の勝馬の父と母父の配合を分析すると、5頭ともどちらかの配合の組み合わせとなっています。


【函館記念の勝馬と配合】

2018年:エアアンセム(父:シンボリクリスエス×母父:サンデーサイレンス)
➢父・母父配合:欧州型ロベルト系×日本型サンデー系

2017年:ルミナスウォリア(父:メイショウサムソン×母父:アグネスタキオン)
➢父・母父配合:欧州型サドラーズウェルズ系×日本型Pサンデー系

2016年:マイネルミラノ(父:ステイゴールド×母父:ポリッシュプレセデント)
➢父・母父配合:日本型Tサンデー系×欧州型ロベルト系

2015年:ダービーフィズ(父:ジャングルポケット×母父:マンハッタンカフェ)
➢父・母父配合:欧州型グレイゾヴリン系×日本型Tサンデー系

2014年:ラブイズブーシェ(父:マンハッタンカフェ×母父:メジロマックイーン)
➢父・母父配合:日本型Tサンデー系×欧州型マイバブー系



欧州型血統×サンデー系、Tサンデー系×欧州型血統の相性がよいということは、

小回りコーナーから加速できるスピードの柔軟性と淀みないペースでタフな展開になっても粘りきるスタミナ

この2点がまず好走血統で求められる能力といえるでしょう!

好走血統②:欧州型ロベルト系の血


函館記念は欧州型ロベルト系の血を持つ馬が好走傾向です!


【函館記念の欧州型ロベルト系の血を持つ好走馬】

2018年:1着:エアアンセム、3着:エテルナミノル

2017年:3着:ヤマカツライデン

2016年:1着:マイネルミラノ

2015年:2着:ハギノハイブリッド、3着:ヤマカツエース



過去4年は血統の3代までに欧州型ロベルト系の血を持つ馬が毎年馬券に絡んでいます!

この欧州型ロベルト系の血についても、必ず抑えておきたい好走血統ですね!!

<参考>亀谷敬正氏のプロキオンステークスの血統傾向のポイント


ここで参考として、函館記念の血統傾向をさらに深掘りするために血統予想のパイオニアである亀谷敬正氏の予想のポイントを紹介します 。

紹介する内容は亀谷敬正氏の書籍「重賞ビーム 2019」の函館記念の血統予想のポイントを引用します。

【黄金血統】

欧州馬力血統でダート中距離も得意な血

・ロベルト系の血を持つ馬
・父が非サンデー系。そのなかでもダートのランキングが上位の種牡馬

引用:重賞ビーム 2019 (サラブレBOOK)


信頼度の高い亀谷氏の予想のポイントですから、しっかりとおさえておきたいところです!

参考:亀谷敬正氏の書籍

予想のポイント②|函館記念の凡走血統

凡走血統


ここからは凡走血統、いわゆる「危険な人気馬の血統」について特集します。

今年の函館記念の凡走血統は1点です。


【函館記念(2019年)の凡走血統】

①父が米国型血統



過去5年で父が米国型血統で3着内に好走したのは、父がエンパイアメーカーであるエテルナミノルのみです。

洋芝の函館競馬場、例年淀みないペースとなりタフな競馬となる函館記念ですから、米国型血統が先行した馬には厳しいレースといえますね。

父が米国型血統の出走馬については、割り引いて予想していくべきでしょう!


予想のポイント③|函館記念 (2019年)の予想印

函館記念 予想


好走血統・凡走血統が分かったところで、最後に血統傾向を軸にした函館記念の予想印を紹介します!

函館記念 (2019年)の予想印

◎(本命):①レッドローゼス


父はスタミナ・パワー型サンデー系のステイゴールド×母父サドラーズウェルズ系のガリレオは函館記念の好走血統にあたり期待が持てます。

対抗馬と本命を迷いましたが、血統データからレッドローゼスを本命としました!

その血統データとは、函館芝2000mのステイゴールド産駒は母父がノーザンダンサー系の配合が好走傾向にあることです。

過去5年の函館芝2000mで3着内に入ったステイゴールド産駒の好走馬19頭を分析すると、11頭が母父がノーザンダンサー系となっています。

特にダンチヒやサドラーズウェルズ、ニジンスキーなど欧州の重厚な血統を母父に持つ馬が好走傾向。

最内枠と不安要素もありますが、血統の力に期待して今年の函館記念はレッドローゼスを本命とします!

〇(対抗):⑩ステイフーリッシュ


父がステイゴールド、母父がキングマンボ系のキングカメハメハ、母の母父がロベルト系のシルヴァホーク、そして母が洋芝で行われる重賞のクイーンカップ(GⅢ)で3着のカウアイレーン。

血統的には申し分なく、確率的にはメンバー中最も好走率が高い一頭だと考えています。

本命のレッドローゼスが内で包まれる可能性がありますので、確実に馬券を狙うのであればステイフーリッシュを馬券の軸とするのが妥当でしょう。

枠順も5枠10番と絶好枠に入りました。

脚質も先行か、仮に後ろになってもマクッていけると思いますので、好走は必須でしょう!

▲(単穴):⑭ナイトオブナイツ


父がダンチヒ系のハービンジャー×母父がサンデーサイレンスの配合ですが、まずは欧州型のノーザンダンサー系×サンデーサイレンス系の配合が好走血統にあたり好評価できます。

その上で評価したいのが道悪適性が高いハービンジャーの血です。

函館記念のレース当日が良馬場か道悪馬場かは読み切るのが難しいですが、パンパンの良馬場は考えづらいところです。

道悪になればなるほどハービンジャーの血が活きてきますので、もし重や不良になれば対抗や本命級にあげてもいい一頭です。

また重めの良馬場、稍重で好走が期待できます。

ある程度オッズもつくと思いますので、馬券的にも面白い一頭ではないでしょうか!

☆(星):⑧メートルダール


父がスタミナ・パワー型サンデー系のゼンノロブロイ×母父がロベルト系のシルヴァーホークは好走血統に該当します。

父と母父の配合がサンデー系×ロベルト系は昨年の勝馬エアアンセムをはじめ、一昨年の3着ヤマカツライデンと明らかに舞台適性が高く、好走しています。

メートルダールは左回りが得意な印象が強いですが、今年初戦のAJCC(GⅡ)ではシャケトラ、フィエールマンの3着と好走しています。

函館記念はロベルト系の血が激走血統ですから、一発が十分に考えられる一頭でしょう!

△(連下):④マイスタイル、⑫スズカデヴィアス、⑯エアスピネル

マイスタイルは前走の巴賞は最終コーナーでの不利が響きまったく競馬ができていません。

一方その巴賞を勝ったスズカデヴィアスは展開がはまった印象が強いです。

この2頭ともに血統的には父か母父にミスタープロスペクター系の血が入っていますので、小回り適性は期待できるでしょう。

どちらも展開が大きく左右する2頭ですが、十分好走が期待できます。


実績最上位のエアスピネルについては、長期休養明けで血統的にこのレースで求められるスタミナとパワーの血が薄いので連下までの評価としました。

ただし、調教については中間にしっかりと本数をこなしており力は発揮できる状態にあると思いますので、注意が必要であることは間違いありません。


以上、函館記念の好走血統・凡走血統、血統傾向を軸にした予想印について特集しました。

ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!


【今週のレース特集】
管理人KAZUの血統を軸にした今週のレース予想をチェックする!

こちらの記事もおすすめ

-2019年 函館記念, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.