2019年7月3週 KAZUの予想 マーキュリーカップ

【マーキュリーカップ 2019 予想】血統データ分析|馬券はこの鉄板配合を狙え!

投稿日:

マーキュリーカップ


こんにちは!
競馬知恵袋、管理人のKAZUです。

この記事では、2019年マーキュリーカップの予想を特集します。


この記事では、マーキュリーカップの過去5年の好走馬の血統から、期待値の高い血統(好走血統)を分析します。

その結果、導き出された血統傾向から予想印をご紹介します。

それではまいりましょう!



【マーキュリーカップ 2019 予想】血統データ分析|馬券はこの鉄板配合を狙え!

予想のポイント①|マーキュリーカップの好走血統

好走血統


まず初めに過去5年のマーキュリーカップの好走馬(3着内馬)をまとめます。

内容は好走馬の父と母父の血統を中心に馬場状態やペース、脚質などを取り上げています。

マーキュリーカップ 好走血統


それでは、この好走傾向を分析して今年のマーキュリーカップの好走血統をご紹介します。

今年のマーキュリーカップの好走血統は2点です!


【マーキュリーカップの好走血統】

①父がダート型もしくは万能型(芝・ダ兼用)のサンデー系。特に母父がノーザンダンサー系

②ロベルト系の血


好走血統①:父がダート型もしくは万能型(芝・ダ兼用)のサンデー系。特に母父がノーザンダンサー系


ここ4年のマーキュリーカップの勝馬はいずれも父がサンデーサイレンス系の馬となっています。

また2016年勝馬のストロングサウザーの父ハーツクライを除けば、2015年がスズカマンボ、2017年、2018年がカネヒキリとダート型もしくは芝だけでなくダートも走る万能型のサンデーサイレンス系の種牡馬が好走血統です。

そして、その母父はエリシオ、コマンダーインチーフといったノーザンダンサー系の血統となっています。

この点から父がダート型もしくは万能型(芝・ダ兼用)のサンデー系。その上で母父がノーザンダンサー系の馬は好走血統と言えるでしょう!

好走血統②:ロベルト系の血


過去3年のマーキュリーカップの好走馬9頭中3頭は父か母父にロベルト系の血を持っています。

特に2016年はストロングサウザー、タイムズアローとロベルト系の血を持つ馬が1着、2着となっています。

ロベルト系の血も好走血統として、しっかり押さえておくべきでしょう!


予想のポイント②|マーキュリーカップの予想印

マーキュリーカップ


マーキュリーカップの好走血統が分かったところで、その血統傾向を軸にした予想印を紹介します!

◎(本命):①グリム


本命は①グリムです!


父は芝もダートも走る万能型サンデーサイレンス系のゼンノロブロイ、母父がプリンスリーギフト系のサクラバクシンオーの配合です。

母の母父に大系統ノーザンダンサー系で小系統ダンチヒ系のシャーディーの血が入っていることが好印象です。

父と母系という関係でマーキュリーカップの好走血統の万能型サンデー系×ノーザンダンサー系の配合が成立しています。

戦ってきたメンバーがチュウワウィザードなどダート一線級で、メンバーでは力が一枚も二枚も上でしょう!

脚質も先行でき、死角が見当たりません。

自信の本命です!

〇(対抗):⑨テルペリオン


対抗は⑨テルペリオンです。

父が好走血統のロベルト系のフリオーソ。

フリオーソ自身が地方競馬の交流重賞で活躍した馬ですから、ロベルト系にプラスαで血統の後押しがつきます。

母父がスタミナ・パワー型サンデー系のダンスインザダークであることも好印象です。

過去のサンデー系の好走馬の血統傾向をみると、サンデー系でみえばダート型>万能型>スタミナ・パワー型>スピード型の順番で評価していますので、母父ダンスインザダークは悪くないでしょう。

グリムにどこまで迫れるか注目です!

▲(単穴):⑭ロードグラッソ


単穴には⑭ロードグラッソを推します!

父のハーツクライは2016年の勝馬ストロングサウザーを輩出しており、高評価です。

母父のキングマンボもキングマンボ系のキングカメハメハ産駒が2015年に2着、3着、2014年には1着と好走しています。

配合の組み合わせとしては好走血統に近いと言えるでしょう!

ハーツクライ産駒らしく3歳冬の昨年の暮れからメキメキと力をつけてきています。

グリムとの力差は感じますが、2番手テルペリオンとの力差は僅差です!

△(連下):③ノーブルサターン
注(注意):⑪コパノチャーリー


単穴以下は連下に③ノーブルサターン、注意に⑪コパノチャーリーを抑えます!


ノーブルサターンは父エーピーインディ系×母父サンデーサイレンス系、コパノチャーリーは父、母父ともにミスタープロスペクター系の配合で好走血統とは少しずれた血統です。

今年のマーキュリーカップはグリムが抜けており、追うテルペリオン、ロードグラッソの構図で考えています。

ただし過去、交流重賞で掲示板にのっている中央馬のノーブルサターンとコパノチャーリーも軽視はできません。


以上、マーキュリーカップの好走血統とその血統傾向を軸にした予想印について特集しました。

ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!


【今週のレース特集】
管理人KAZUの血統を軸にした今週のレース予想をチェックする!

こちらの記事もおすすめ

-2019年7月3週, KAZUの予想, マーキュリーカップ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.