2019年7月4週 KAZUの予想 キングジョージ

【キングジョージ6世&クイーンエリザベスS 2019 予想】馬券はこの血統を狙え!

更新日:

キングジョージ


こんにちは!
血統マニア KAZUです。

この記事では、2019年キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(以下キングジョージ)の血統傾向における予想のポイントを特集します。

キングジョージで好走傾向の血統を好走血統と位置づけ、しっかりと予想していきます。

ぜひ、馬券予想にご参考下さい!


記事の内容はキングジョージの好走血統と好走血統に該当する出走予定馬を取り上げる2本立ての内容となっています。

なお最終予想の予想印については、別記事で投稿しますのでもう少々お待ちください。

それでは、まず好走血統について紹介します!


【キングジョージ6世&クイーンエリザベスS 2019 予想】馬券はこの血統を狙え!


予想のポイント①|キングジョージ6世&クイーンエリザベスSの好走血統

アイビスサマーダッシュの好走血統


今年のキングジョージの好走血統は2点です!


【キングジョージの好走血統】

①ミルリーフ系の血統

②サドラーズウェルズ系。特にガリレオ系の血統



その根拠を順番に紹介していきます!

好走血統①:ミルリーフ系の血統


好走血統の1点目は『ミルリーフ系の血統』です。

下記は過去3年のキングジョージの3着内に入った好走馬の血統をまとめた表です。

キングジョージ 好走血統
キングジョージ 好走血統
※今回の血統分析は血統傾向を詳細に分析するため小系統単位で行っています。


この表から血統傾向を分析すると、ミルリーフ系の血統が好走傾向です。

血統の3代までで考えた場合は好走馬9頭中6頭がミルリーフ系の血を持っています。

また血統の5代までで見た場合は好走馬9頭中7頭がミルリーフ系の血を取り込んでいます。

ミルリーフと言えば、欧州三冠を史上初めて達成した1970年代の欧州最強馬で豊富なスタミナと底力が特徴の血統です。


キングジョージが行われるアスコット競馬場のコースの高低差は約22m。

日本の競馬場で起伏が激しいとされる中山競馬場の約4倍にもなる非常にタフなコースです。

このタフなコースではミルリーフの血が活きるということでしょう!

好走血統②:サドラーズウェルズ系。特にガリレオ系の血統


好走血統の2点目は『サドラーズウェルズ系。特にガリレオ系の血統』です!


こちらも過去3年のキングジョージの3着内に入った好走馬の血統表を見てみます。

キングジョージ 好走血統
キングジョージ 好走血統
※今回の血統分析は血統傾向を詳細に分析するため小系統単位で行っています。


好走血統をまとめた表を見ると、昨年はサドラーズウェルズ系と同じノーザンダンサー系でもポエッツワードやクリスタルオーシャンなどダンチヒ系が好走傾向でした。

ただし2017年と2016年のキングジョージは、1着から3着まで全てサドラーズウェルズ系の血統を持った馬となっています。

その中でもガリレオ系の血統が好走しており、好走馬9頭中4頭の父がガリレオ系となっています。

2016年3着となったダートマスも母父がガリレオですから、サドラーズウェルズ系の中でも小系統で考えた場合、ガリレオ系の血統が好走血統と言えるでしょう!

参考|ミルリーフの血統の特徴


ここで好走血統の一点目に取り上げたミルリーフの血統について触れておきたいと思います。

ミルリーフは大種牡馬ナスルーラの最後の世代の産駒であるネヴァーベンドを父と持つ馬です。

種牡馬としては、父ネヴァーベンドの血の発展の礎を築くまでに貢献します。

現役時代は欧州三冠を史上初めて達成するなど14戦12勝と活躍し、1970年代の欧州最強馬と言われました。

引退後、種牡馬としても優秀な成績をあげ、特にシャーリーハイツ、ダルシャーンのサイアーラインでミルリーフ系を確立しています。

血統としてのミルリーフ系の特徴は、豊富なスタミナと底力。

また精神力や闘争心も高く、大レースで力を発揮することも特徴的です。

基本はスタミナに長けた血統ですが、スピードも内包しています。

高速馬場の日本競馬ではそこまで活躍できる血統ではありませんが、スタミナとパワーが求められる欧州競馬では今なお大きな影響力を発揮しています。

予想のポイント②|好走血統の該当馬

有力馬の血統診断


ここまではキングジョージの好走血統を分析してきました。

ここからは実際に好走血統に該当する出走予定馬をチェックしていきましょう!

好走血統① 該当馬|ミルリーフ系の血統を持つ馬


まずは好走血統①『ミルリーフ系の血統を持つ馬』をチェックします!

この好走血統に該当する出走予定馬は6頭です。


【ミルリーフ系の血統を持つ馬】

  • デフォー
  • エネイブル
  • ヴァルトガイスト
  • ハンティングホーン
  • クリスタルオーシャン
  • マジックワンド


2017年覇者のエネイブルや昨年2着のクリスタルオーシャンの他に、今年になってコロネーションC(GⅠ)を勝ったデフォー、ガネー賞(GⅠ)を勝ったヴァルドガイストなどが該当します。

好走血統① 該当馬|サドラーズウェルズ系。特にガリレオ系の血統


次に好走血統②『サドラーズウェルズ系。特にガリレオ系の血統』をチェックします!

この好走血統について、サドラーズウェルズ系は欧州の競走馬では多くの馬が持つ血統のため、ガリレオ系の血統を持つ馬に絞ってチェックしていきます!

好走血統『ガリレオ系の血統を持つ馬』に該当する出走予定馬は6頭です。


【ガリレオ系の血統を持つ馬】

  • エネイブル
  • アンソニーヴァンダイク
  • ヴァルトガイスト
  • サルウィン
  • マジックワンド
  • ノルウェー


ここでもエネイブルが該当していますね。

またヴァルドガイスト、マジックワンドもエネイブルとともに、ミルリーフ系+ガリレオ系の好走血統の両方を満たす馬です。

その他、今年のイギリスダービー馬であるアンソニーヴァンダイクも該当馬であることは抑えておきたいですね!

この好走血統の該当馬をふまえると、『やはりエネイブルか』となるのは仕方がない印象と受けます。

そもそもキングジョージは人気通りに決着しやすいレース傾向がありますので、エネイブルに逆らうことは得策ではないのかもしれません。

この点をしっかりと踏まえながら馬券の予想をしていきたいところです!

なお最終予想については、改めて別記事で投稿します。

その記事についても、ぜひご確認下さい!


以上、この記事ではキングジョージの好走血統と好走血統に該当する出走予定馬を特集しました。


特集した内容が馬券予想のご参考になれば嬉しいです!

最後までお読み、いただきありがとうございました!


【ご案内】引退競走馬のセカンドキャリアをご存知ですか!?

引退した競争馬がどのようなセカンドキャリアを歩んでいるかをご存知ですか?

最近、僕がお伺いして話を伺った団体に岡山県吉備中央町の特定非営利活動法人「吉備高原サラブリトレーニング」があります。

この法人は引退競走馬のリトレーニングを専門的に行い、行方が分からなくなっているような競走馬たちを1頭でも多くセカンドキャリアへ繋ぐことを支援しています。

より多くの方に引退競走馬のセカンドキャリアに興味持っていただきたいと考え、ご紹介させていただきます。

この支援の活動が広がっていくととても嬉しいです。

サンクスホースプロジェクト


予想のポイントを解説するKAZUのYouTubeチャンネルとツイッター


レースの予想のポイントや血統の基礎知識などをYouTubeやツイッターでも配信しています!

チャンネル登録やフォローいただき、馬券予想にお役立て下さい!

【YouTube】KAZUの血統予想

【ツイッター】血統マニア KAZU

こちらの記事もおすすめ

-2019年7月4週, KAZUの予想, キングジョージ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.