レパードステークス ラップ・ペース傾向(2019年) |有力馬の好走条件をつかめ!

更新日:

レパードステークス


こんにちは!KAZUです。

この記事では、2019年レパードステークスのラップ・ペース傾向とその傾向から好走が期待できる好走適性馬について特集します!

なお、まずは最終予想となる予想印を確認したいという方は下記の記事で公開しています!



しっかりと分析して、レパードステークスの予想の精度をあげていきたいと思います。

ぜひ、馬券予想にご参考下さい!


この記事の内容はレパードステークスの過去5年のラップ傾向、ペース傾向、そして期待値が高い好走適性馬の3点についてご紹介します。

それではまいります!


レパードステークス ラップ・ペース傾向(2019年) |有力馬の好走条件をつかめ!

レパードステークスの過去5年のラップ傾向


まず初めに小倉記念の過去5年のラップ傾向を見ていきましょう!

こちらはレパードステークスの過去5年の1Fごとのラップをまとめたグラフです。

赤色のグラフが過去5年のラップの平均値を取った内容です。

レパードステークス ラップ


レパードステークスはスタート後の先行争いが激化する2F目で最もペースがあがり、向こう正面に入った4F目で少しペースが落ち着きます。

その後は12秒台中盤のラップが続きます。

そこまで速い脚が求められるわけではありませんが、長くいい脚を使う必要があり、競走馬の能力としては持続力が求められます。

その他、新潟のダートコースはコーナーの角度がきつく先行馬有利のため、スタート後の位置取り争いが激しくなり前傾ラップになりがちです。

脚質別成績を見ても逃げ・先行が有利となっていますから、スタート後に好位置につけるためのスピードの加速力も必要と言えるでしょう!

レパードステークスの過去5年のペース傾向


次に紹介するのが、レパードステークスの過去5年のペース傾向についてです!

このペース傾向については上り3Fを基準にして、上り3Fの1F平均ラップと上り3Fを除く1F平均ラップを比較するペース指数という指標を用います。

このペース指数については、JRA-VANのターゲットフロンティアでいうRPCIと同一の指標になります。

少し複雑な指標なのですが、簡単に考えると『50』の指数を平均値としており、『50』=『ミドルペース』と判断します。

その上で指数が低くなればハイペース、高くなればスローペースと捉え、具体的には下記の指数とペース傾向の関係にあります。


【ペース指数】
  • 46未満:ハイペース
  • 46~48:ややハイペース
  • 48~52:ミドルペース
  • 52~56:ややスローペース
  • 56~60:スローペース
  • 60以上:超スローペース



このペース指数を用いてレパードステークスの過去5年のペース指数を見ると、下限が47.0のややハイペース、上限が54.2のややスローペースとなっています。

最終的に過去5年のペース指数の平均値は49.0となりますが、直近4年は47.0~48.3のペース指数となっています。

その点を考慮すると、レパードステークスはややハイペース寄りのペース傾向と考えた方がよさそうです。

レパードステークス ペース


ここで先ほどご紹介したラップ傾向と合わせて考えると、
ペース指数が48前後のややハイペース寄りの中距離ダートレースで、スタート直後の序盤からスピードの加速力を活かして速いラップで先行でき、好成績を残している馬。

これがレパードステークスのラップ・ペース傾向から考える好走適性馬と言えるでしょう!

レパードステークスの好走適性馬


レパードステークスのラップ・ペース傾向が分かったところで、ここからは好走適性馬をご紹介していきます。

今年のレパードステークスの好走適性馬は2頭です。


【レパードステークスの好走適性馬】

  • ビルジキール
  • ブラックウォーリア

好走適性馬①:ビルジキール


好走適性馬の一頭目はビルジキールです!

該当レースは2走前の猪苗代特別です 。

福島ダート1700mのコースでレースが行われ、ビルジキールは5番人気で1着と好走しています。

不良馬場で時計が出やすい状態だったは言え、 走破時計は1分43秒1とレコード時計を叩きだしており、評価ができます。

このレースのペース指数は47.9とややハイペースで、スタート直後の2F目のラップが10.8とレース全体で最も速いラップとなりました。

その速いラップにおいてビルジキールはスピードの加速力を活かして、2番手の好位置につけレースを進めています。

ビルジキール ラップ


古馬に交じってのレースで、スタート後、2番手の好位につけ、最後は逃げたレオアルティメットを3馬身半差つけ圧勝しています。

前走、昇級戦となった3勝クラスの安達太良ステークスも同様の競馬で2着と好走しており、評価できます。

レース間隔が詰まっておりローテーションが気になりますが、レパードステークスの適性は高く好走が期待できます!

好走適性馬②:ブラックウォーリア


好走適性馬の2頭目はブラックウォーリアです!

該当レースは前走のインディアトロフィーです。

中京ダート1900mのコースでレースが行われ、ブラックウォーリアは古馬に交じり、2番人気で1着と好走しています。

なお、このレースの馬場状態は時計の出やすい重馬場でした。


レースのペース指数は49.0とややハイペース寄りのミドルペースとなっており、ラップタイムはスタート後の2F目が最も速く10.9です。

その中で、ブラックウォーリアはスターㇳ後に外に寄れますが、その後持ち直して3番手の好位につけレースを勝ちきっています。

ブラックウォーリア ラップ


3F、4F目でペースが緩んでいる点はラップ評価としては若干マイナスですが、2勝クラスで古馬相手に完勝しているわけですから、その点が高く評価ができます。

スタートに少し課題を抱える馬の印象も受けますが、ビルジキールとともに好走適性馬として抑えておきたい一頭です!



以上、この記事ではレパードステークスのラップとペース傾向と好走適性馬について特集しました。

ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば嬉しいです!

最後までお読み、いただきありがとうございました!


【ご案内】引退競走馬のセカンドキャリアをご存知ですか!?

引退した競争馬がどのようなセカンドキャリアを歩んでいるかをご存知ですか?

最近、僕がお伺いして話を伺った団体に岡山県吉備中央町の特定非営利活動法人「吉備高原サラブリトレーニング」があります。

この法人は引退競走馬のリトレーニングを専門的に行い、行方が分からなくなっているような競走馬たちを1頭でも多くセカンドキャリアへ繋ぐことを支援しています。

より多くの方に引退競走馬のセカンドキャリアに興味持っていただきたいと考え、ご紹介させていただきます。

この支援の活動が広がっていくととても嬉しいです。

サンクスホースプロジェクト


予想のポイントを解説するKAZUのYouTubeチャンネルとツイッター


レースの予想のポイントや血統の基礎知識などをYouTubeやツイッターでも配信しています!

チャンネル登録やフォローいただき、馬券予想にお役立て下さい!

【YouTube】KAZUの血統予想

【ツイッター】血統マニア KAZU

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.