【新潟日報賞 予想(2019年)】血統で導く馬券の狙い目|予想印公開!

投稿日:

新潟競馬場


こんにちは!KAZUです。

この記事では、土曜日の新潟競馬場メインレース「新潟日報賞(3勝クラス)」の予想を特集します。


この記事では、予想のポイントとしてコースの特徴とラップ傾向、好走血統を簡単にまとめ、その傾向をふまえた予想印をご紹介する流れとなっています。

馬券予想にぜひご参考下さい!

新潟日報賞(2019年)| 予想のポイント


まずはレースを予想する上で予想のポイントとなるコースの特徴とラップ傾向、好走血統について見ていきましょう。

「レースまで時間がない。予想印をまずは確認したい」という方は、予想印の項目までスクロールしていただくか、冒頭の目次の予想印をクリックして移動しください。

それでは予想のポイントについてご紹介していきます。

新潟日報賞 予想のポイント①|コースの特徴

新潟芝1400m コース(内)
新潟芝1400m コース(内)


スタート地点は向正面直線の右奥の2コーナーポケット。

3コーナーまでの直線は約648mと外回りの芝1600mよりも長いバックストレッチを走ることになります。

3~4コーナーはスパイラルカーブで緩やかな下り坂で最後の直線距離は359m。

前半が速くなる傾向でクラスを問わず一様に前半が速い前傾ラップになり、1200m戦やダート戦のようなラップ推移になることが多いです。

脚質的には逃げ・先行馬が有利で差し馬までで追込み馬は厳しい。

差し馬が好走しても前が総崩れになることは珍しく、ハイペースに強い先行馬の粘り込みを狙うのがポイントとなります。


新潟日報賞 予想のポイント②|ラップの傾向

新潟芝1400m ラップ&傾向


新潟芝1400mのラップ傾向はスタート後の2F目が最も速くなっており、その後は11秒台前後の淀みないラップが続きます。

直線に入り、残り2Fのラップも11秒前半(6F目)➢11秒後半(7F目)となっています。

脚質成績を見ても、逃げ>先行>差し>>追込みとなっていますので、やはり先ほどもあげたハイペースに強い先行馬を狙うのがベストでしょう。

このコースの特徴とラップ傾向をふまえて、新潟芝1400m(内)で好走するための能力の方向性を考えると以下があげられます。


【新潟日報賞の好走馬の能力の方向性】
  • スタート後のテンの早さ(先行力)
  • 平坦コースでのスピードの持続力
  • コーナーでのスピードの柔軟性(小回り適性)


それでは次に、この能力の方向性をふまえた上で好走血統について取り上げます。


新潟日報賞 予想のポイント③|好走血統



【新潟日報賞の好走血統】
  • スピード型サンデー系もしくはマンハッタンカフェ
  • フォーティナイナー系
  • ナスルーラ系はプリンスリーギフト系かトニービン系


まず好走血統の1点目ですが、新潟芝1400m(内)はダイワメジャーやキンシャサノキセキなどのスピード型サンデー系とマンハッタンカフェ産駒が走ります。

同コースの過去5年の種牡馬別成績ではダイワメジャーが勝利数1位(13勝)、マンハッタンカフェが勝利数3位(4勝)、キンシャサノキセキが5位(3勝) と好成績となっています。

ダイワメジャーは短距離~マイルが得意で長くいい脚を使えるサンデー系、キンシャサノキセキはフジキセキ系に属する種牡馬でフジキセキ系はスプリント適性と先行力に長けた血統です。

またマンハッタンカフェはスプリンターからステイヤーまで産駒の適性は幅広く、400mで割れない非根幹距離が得意。
さらに小回りコース巧者でもあります。

このあたりがダイワメジャー、キンシャサノキセキ、マンハッタンカフェが好走血統のあたる理由と考えています。

またこの種牡馬別成績で4位(4勝)と好成績なのがフォーティーナイナー系のアドマイヤムーンです。

アドマイヤムーンはスプリント戦に強い血統で、短距離でパワフルな末脚を繰り出す産駒を多く送り出します。

フォーティーナイナー系、特にアドマイヤムーンについては好走血統として要注意です。

最後に短距離でのスピードの持続力となれば、当然ナスルーラとなるわけですが、ナスルーラ系でみるとジャングルポケットやサクラバクシンオーの産駒が好成績です。

特にプリンスリーギフト系の血は高速馬場で平坦コースの新潟競馬場との相性が非常にいいです。

プリンスリーギフト系やトニービン系も好走血統として抑えておきましょう。


新潟日報賞(2019年) 予想印|馬券の狙い目


それでは、ここからはラップ傾向や好走血統ををふまえた予想印を紹介していきます。


【新潟日報賞 予想印】

◎②ジュランビル
〇⑰アダムバローズ
▲⑱カレングロリアーレ
△③レノーア
△⑨モアナ
△⑫ジョイフル
△⑭カネトシブレス
△④ルタンデュボヌール
注⑬ボンセルヴィーソ

※予想印の意味
◎:最も勝つ確率が高い馬(トップ評価)
○:本命に対抗できる馬(2番手評価)
▲:◎や○の馬に勝てる能力がある馬(3番手評価)
☆:◎○▲以外で勝てる可能性がある穴馬
△:2・3着に来る可能性がある馬
注:3着までなら可能性がある馬。


◎(本命):②ジュランビル

ジュランビル 血統表
ジュランビル 血統表


好走血統のキンシャサノキセキ産駒の②ジュランビルが本命です。

母系にスピードの持続力を強化するヴァイスリージェント系やナスルーラのブラッシンググルーム系の血も取り込んでおり、コース適性はかなり高そうです。

過去成績もGⅠ桜花賞を除けば全て馬券圏内。

芝1200m~芝1400mの短距離に限れば先行抜け出しの王道パターンで確実に走ります。

馬券圏内は固く、勝ち負けも視野に入りますので軸には最適です。

〇(対抗):⑰アダムバローズ

アダムバローズ 血統表
アダムバローズ 血統表


⑰アダムバローズを対抗として推します。

父ハーツクライ×母父アンブライドルズソングの配合馬で、この配合でまず思い浮かぶのはスワーブリチャードで左回り巧者の印象ですね。

アダムバローズ自身も左回りコースで好成績です。

直近3戦も左回りの中京芝1400m➢東京芝1400m➢中京芝1400mの3勝クラスを、3着➢2着➢3着と好走しています。

若干勝ちきれないイメージもある馬ですが、実力はメンバー中上位ですから対抗では評価したいところです。

外枠に入りましたがコースの特徴から枠順の有利不利は少ないので、心配はいらないでしょう。

▲(単穴):⑱カレングロリアーレ

カレングロリアーレ 血統表
カレングロリアーレ 血統表


単穴には連勝中で勢いのある⑱カレングロリアーレを推奨します。

好走血統ではありませんが、ディープ後継種牡馬のトーセンホマレボシはスピードの能力が高い血統で好印象です。

トーセンホマレボシは母父にノーザンテーストの血を持つディープ産駒ですから、高速馬場への対応力も高そう。

母の母父にフォーティーナイナー系の血統もプラスに働くでしょう。

直近2走は逃げた快勝。

とにかくテンの速さ(先行力)が売りの馬です。

このレースでも大外枠から先行力を活かしてハナを取って逃げるでしょう。

能力と直近のレース内容は高く評価していますが、勝ったレースの走破時計とラップタイムが平凡なので単穴評価としました。

その他の注目馬と予想のまとめ


単穴以下の予想印は、連下として③レノーア、⑨モアナ、⑫ジョイフル、⑭カネトシブレス、④ルタンデュボヌールを推奨。

そして注意に⑬ボンセルヴィーソを抑えます。



広めの予想印となりましたが、上位3頭が抜けているという印象です。

特に◎②ジュランビル、〇⑰アダムバローズは実績、適性が評価でき信頼できる2頭です。

▲⑱カレングロリアーレは昇級初戦で力関係が走ってみないと分からない点が懸念点ですが、走ってみればあっさり1着ということも考えられます。

あとは当日の馬場状態や馬体重、パドックの要素もふまえて馬券の買い目を選んでいきましょう。



以上、この記事では新潟日報賞の予想について特集しました。

馬券予想のご参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


予想のポイントを解説するKAZUのYouTubeチャンネルとツイッター


レースの予想のポイントや血統の基礎知識などをYouTubeやツイッターでも配信しています!

チャンネル登録やフォローいただき、馬券予想にお役立て下さい!

【YouTube】KAZUの競馬予想

【ツイッター】血統マニア KAZU

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.