【STV賞 予想(2019年)】血統で導く馬券の狙い目|予想印公開!

投稿日:

札幌競馬 予想


こんにちは!KAZUです。

この記事では、土曜日の札幌競馬場メインレース「STV賞(2勝クラス)」の予想を特集します。


この記事では、予想のポイントとしてコースの特徴とラップ傾向、好走血統を簡単にまとめ、その傾向をふまえた予想印をご紹介する流れとなっています。

馬券予想にぜひご参考下さい!

STV賞(2019年)| 予想のポイント


まずはレースを予想する上で予想のポイントとなるコースの特徴とラップ傾向、好走血統について見ていきましょう。

「レースまで時間がない。予想印をまずは確認したい」という方は、予想印の項目までスクロールしていただくか、冒頭の目次の予想印をクリックして移動しください。

それでは予想のポイントについてご紹介していきます。

STV賞 予想のポイント①|コースの特徴

札幌競馬場 芝1500m
札幌競馬場 芝1500m


札幌芝1500mはJRAで唯一組まれている芝1500mの距離で、札幌競馬場を象徴する特殊なコースです。

スタート地点は1コーナー横にあるポケット。

スタート後、約170m斜めに走り向正面直線に合流します。

札幌競馬場の芝コースは高低差が0.6mと小さく、全周にわたりほぼ平坦コースです。

またコース全体が丸みを帯びており、コーナーが大回りで直線部分が短いという特徴があります。

そのためコーナーもスピードが出やすい特徴があります。

最後の直線距離はAコース時が266.1m、Bコース時が267.6m、Cコース時が269.1m。

芝は洋芝です。

脚質別成績を見ると、Aコース時は逃げ馬が圧倒的に強い一方で、Bコース、Cコースになると逃げ馬が壊滅して、先行馬と差し馬がそれぞれ互角の成績となります。

ただ追い込みは常に厳しいコースです。

枠順傾向はスタート直後のコーナーと小回りコースであるため、内枠が有利となっています。


STV賞 予想のポイント②|ラップの傾向

札幌芝1500m ラップ
札幌芝1500m ラップ


札幌芝1500mのラップ傾向はスタート後から11秒台ラップが続くのが特徴的です。

ラスト1Fは12秒台とはなりますが、それでも終始一定のスピードラップが続くことは間違いありません。

脚質成績は、先行>逃げ>差し>>追込みで、マクリも決まります。

札幌芝1500m 脚質別成績
札幌芝1500m 脚質別成績


このコースの特徴とラップ傾向をふまえて、札幌芝1500mで好走するための能力の方向性を考えると以下があげられます。


【STV賞の好走馬の能力の方向性】
  • 平坦コースでのスピードの持続力
  • コーナーでのスピードの柔軟性(小回り適性)
  • 洋芝適性


それでは次に、この能力の方向性をふまえた上で好走血統について取り上げます。


STV賞 予想のポイント③|好走血統



【STV賞の好走血統】
  • サンデー系はディープインパクトかダイワメジャー
  • ロードカナロア、ルーラーシップなどキングカメハメハ系


まず好走血統の1点目は、『サンデー系はディープインパクトかダイワメジャー』です。

同コースの過去5年の種牡馬別成績ではディープインパクトが勝利数1位(13勝)、ダイワメジャーが2位とサンデー系の中でも2頭が抜けて好成績となっています。

札幌芝1500m 種牡馬別成績(過去5年)
札幌芝1500m 種牡馬別成績(過去5年)


ディープインパクト、ダイワメジャーともにサンデー系の中でもスピードの総合能力が高い血統です。

この特徴が好成績、好走血統へと繋がっています。


好走血統の2点目は、『ロードカナロア、ルーラーシップなどキングカメハメハ系』です。

先ほどもご紹介した同コースの過去5年の種牡馬別成績では、出走数が少ないもののロードカナロア、ルーラーシップのキングカメハメハ系の種牡馬が好成績をあげています。

どちらも複勝率は50%前後となっており、好走率で考えればディープインパクトやダイワメジャーを上回り、信頼がおけます。

札幌芝1500m 種牡馬別成績(過去5年)
札幌芝1500m 種牡馬別成績(過去5年)


キングカメハメハ系の種牡馬の産駒はいい脚を長く使える馬が多いのが特徴です。

またキングカメハメハ産駒が内枠で好成績であったように、小回り適性が高い血統でもあります。

この特徴が好走血統に繋がっています。


STV賞(2019年) 予想印|馬券の狙い目


それでは、ここからはラップ傾向や好走血統ををふまえた予想印を紹介していきます。


【STV賞 予想印】

◎⑥アイスフィヨルド
〇⑪スカルバン
▲②ヤマニンペダラーダ
☆⑩ダブルシャープ
△⑤ムスコローソ
△⑥ワールドヘリテージ
△⑧オーパキャマラード

※予想印の意味
◎:最も勝つ確率が高い馬(トップ評価)
○:本命に対抗できる馬(2番手評価)
▲:◎や○の馬に勝てる能力がある馬(3番手評価)
☆:◎○▲以外で勝てる可能性がある穴馬
△:2・3着に来る可能性がある馬
注:3着までなら可能性がある馬。


◎(本命):⑥アイスフィヨルド

アイスフィヨルド 血統表
アイスフィヨルド 血統表


本命は⑥アイスフィヨルドです。

母父が好走血統のディープインパクトで父にクリストワイニングの配合です。

クリストワイニング産駒はかなり珍しいのですが、トワイニング、フォーティーナイナーと続くサイア―ラインで大系統ミスプロ系、小系統でフォーティーナイナー系に分類される種牡馬です。

フォーティーナイナー系×ディープインパクトの配合らしく、過去成績は中山芝1600mで6戦して全て掲示板と好成績。

直近5戦も2勝クラスを4着➢2着➢4着➢5着➢3着ときていますが、いずれも僅差でこのクラスでの能力の高さを感じます。

今回は初の札幌となりましたが、パワータイプのスピードが特徴のフォーティーナイナー系ですから洋芝も問題なくこなしてくるでしょう。

休み明けとなりますが、メンバーとの力関係を考えて本命で推したいと思います!

〇(対抗):⑪スカルバン

スカルバン 血統表
スカルバン 血統表


⑪スカルバンを対抗として推します。

父タイキシャトルに母父がストームバード系のキャットレイルの配合は、いかにもスピードの加速力と持続力に長けた印象を受けます。

好走血統ではあげませんでしたが、タイキシャトルの札幌芝1500mの成績も勝率20%を超えており、このコースで好走が期待できる血統です。

スカルバンも札幌は3戦して(いずれも芝1500m)、1着1回、2着1回、4着1回ですから、相性は抜群で好走が期待できます。

STV賞は前走同コースの『道新スポーツ賞』組が多く参戦しており、その中でもスカルバンは最先着の2着ですから、高く評価したいです。

対抗評価で推したいと思います。

▲(単穴):②ヤマニンペダラーダ

ヤマニンペダラーダ 血統表


単穴には②ヤマニンペダラーダを推奨します。

父が好走血統のディープインパクト、母系にリファール系のホワイトマズルやトニービンの血を取り込んでおり、このコースでの適性の高さを感じさせる血統です。

今回は先週札幌で勝ちまくったルメール騎手が鞍上で、その点は大きなプラス材料です。

また枠順も内枠の2番枠といい位置に入りました。

ただ前走の道新スポーツ賞が6着と負けすぎなことと脚質的に後ろから行く馬なので、その点で単穴まで評価を下げました。

とにかくルメール騎手が怖いので馬券には絡めておいた方がよさそうです。

☆(星):⑩ダブルシャープ

ダブルシャープ 血統表
ダブルシャープ 血統表


要注意の星に⑩ダブルシャープを推奨します。

メジロ牝系のメジロルーシュバーの仔で、父はダンチヒ系のベーカバドです。

近親馬にはメジロブライトやメジロベイリーがおり、何とも趣のある血統です。


メジロ牝系なのでスタミナとパワーを感じさせる血統構成で父もダンチヒ系ですから、切れるスピードというよりはパワフルなスピードの印象が強いですね。

その点で洋芝の札幌競馬場と相性がよく、4戦して全て馬券に絡んでいるんのでしょう。

出遅れ癖がある馬なので、スタートさえある程度出れば一発もあって面白い一頭です。

その他の注目馬と予想のまとめ


単穴以下の予想印は、連下として⑤ムスコローソ、⑥ワールドヘリテージ、△⑧オーパキャマラードを推奨します。

このレースは上位4頭が抜けている構図でありながら、メンバー中の能力は拮抗しているかなと印象です。

上位4頭を中心に馬券を組み立て、あとは当日の馬場状態や馬体重、パドックの要素もふまえて馬券の買い目を選んでいきましょう。



以上、この記事ではSTV賞の予想について特集しました。

馬券予想のご参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


予想のポイントを解説するKAZUのYouTubeチャンネルとツイッター


レースの予想のポイントや血統の基礎知識などをYouTubeやツイッターでも配信しています!

チャンネル登録やフォローいただき、馬券予想にお役立て下さい!

【YouTube】KAZUの競馬予想

【ツイッター】血統マニア KAZU

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.