2019年8月2週 KAZUの予想

【博多ステークス 予想(2019年)】血統で導く馬券の狙い目|予想印公開!

投稿日:

小倉記念_最終予想


こんにちは!KAZUです。

この記事では、日曜日の小倉競馬場メインレース「博多ステークス(3勝クラス)」の予想を特集します!


博多ステークスをしっかりと予想していきます。

馬券予想にぜひご参考下さい!

博多ステークス 予想のポイント


予想印のご紹介に入る前に、まず博多ステークスの予想のポイントを取り上げます。


まずは好走血統についてです。

博多ステークスが行われる小倉芝2000mの好走血統は欧州型血統です。

この欧州型血統の中でもグレイソヴリン系、特にトニービンの血を持つ馬はコース適性が高くよく走ります。

これは小倉芝2000mコースは淀みないペースが道中続くことと、スタミナ・馬力型のマクリが決まりやすい特殊なコース形態に起因します。


それでは2点目の予想のポイントとして、前日土曜日の小倉競馬場の芝コースのターフバイアスを確認します。

前日土曜日の小倉芝コースでのレースは脚質的に逃げ・先行が有利でした。

ただしペースが前傾ラップのハイペースになった場合はマクリで後ろからの馬も上位に食い込むという傾向もあります。

血統については芝2000mのレースが2レース行われているのですが、いずれも父がディープ系の馬が勝っています。

2レースの3着内に入った好走馬6頭中5頭の父と母父の組み合わせが父サンデー系×母父欧州型血統になっています。

さらに血統の3代にグレイソヴリン系を持つ馬が2頭、2着に食い込んでいます。


この点をポイントとして、最終予想を行っていきたいと思います。


博多ステークス 予想印|馬券の狙い目


それでは予想のポイントをふまえた上で、博多ステークスの最終予想として予想印をご紹介します。



【博多ステークス 予想印】

◎②アロハリリー
〇⑧ラテュロス
▲⑤アメリアブルーム
☆①カフジバンガード
△④ドリームソルジャー



本命は②アロハリリーです。

父がトニービンの血を内包するハーツクライ、母父が欧州型キングマンボ系のキングカメハメハの血統構成で、好走血統にあたり高評価です。

直近2走はまったくいいところがなく凡走しています。

不安要素もある馬なのですが、小倉芝2000mの適性は血統的に非常に高いです。

相性のよい舞台に戻っての復活の走りを期待します。


対抗には⑧ラテュロスを推します。

父が前日土曜日開催で活躍している好走血統のディープインパクトで高評価です。

母父が米国型のヴァイスリージェント系のタッチゴールドですが、スピードの持続力に優れる血統ですから、ここも好印象ですね。

近走の内容も充実していますし、恐らくハナを切るのはラテュロスで展開的にも恵まれそうです。

そのため、あっさり1着もありえると予想しています。


単穴には⑤アメリアブルームを推奨します。

父がドリームジャーニー、母父がネオユニヴァースでサンデー系×サンデー系の配合です。

この馬で評価したいのが母の母父のナスルーラ系のダッシングブレードの血統です。

小倉芝コースはナスルーラ系が好走血統ですから、血統背景から3番手評価したい馬です。


星として①カフジバンガードを推します。

父が好走血統である欧州型のダンチヒ系ハービンジャーと母父サンデーサイレスの配合の組み合わせは好印象です。

さらに母の母父にナスルーラ系のカールドナスクラの血統もいいですね。

おそらくある程度前につけるでしょうから、内でじっと我慢して直線手前からの早めの仕掛けを期待したいところです。


星以降の予想印には、連下として勢いのあるドリームジャーニー産駒の④ドリームソルジャーを抑えます。



以上、この記事では博多ステークスの予想について特集しました。

馬券予想のご参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


予想のポイントを解説するKAZUのYouTubeチャンネルとツイッター


レースの予想のポイントや血統の基礎知識などをYouTubeやツイッターでも配信しています!

チャンネル登録やフォローいただき、馬券予想にお役立て下さい!

【YouTube】KAZUの競馬予想

【ツイッター】血統マニア KAZU

こちらの記事もおすすめ

-2019年8月2週, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.