【サマーチャンピオン 予想(2019年)】血統で導く馬券の狙い目|予想印公開!

更新日:

競馬予想


こんにちは!KAZUです。

この記事では、佐賀競馬場で行われる交流重賞「サマーチャンピオン(JpnⅢ)」の予想を特集します!


なお、この記事の内容を動画でもまとめています。
動画で確認したいという方は下記の動画をご覧ください。


僕の予想法は血統を軸にして、その上でレース傾向や馬場傾向、展開をふまえた内容となっています。

勝つ可能性が高いと思った馬に印を打つ予想スタイルのため、オッズをあまり参考にしません。

時に予想が人気馬に偏ったり、穴馬中心になったりします。

その点はご了承下さい。

それでは予想にまいります。

サマーチャンピオン 予想のポイント


まずはサマーチャンピオンを予想する上でのポイントをご紹介します。


【サマーチャンピオン 予想のポイント】

  • 好走血統
    大系統ミスプロ系の血統。特に米国型ミスプロ系、シーキングザゴールドやゴーンウエストの血を内包する馬

  • 展開・脚質
    逃げ馬もしくは先行馬。4コーナーで2番手以内につけれる馬


予想のポイントの1点目は好走血統『大系統ミスプロ系の血統。特に米国型ミスプロ系、シーキングザゴールドやゴーンウエストの血を内包する馬』です。

過去4年のサマーチャンピオンの勝馬の血統を分析すると、下記のようにミスプロ系の血を内包しています。

2018年勝馬:エイシンバランサー/母の母父:シーキングザゴールド
2017年勝馬:ラインシュナイダー/父:ヴァーミリアン
2016年勝馬:グレイスフルリープ/母父:シーキングザゴールド
2015年勝馬:タガノトネール/父:ケイムホーム

その中でも特にシーキングザゴールドやゴーンウエストなどの米国型ミスプロ系の血統を内包した馬が、勝馬以外にも好走していますので好走血統として注意が必要です。

予想のポイントの2点目は『逃げ馬もしくは先行馬。4コーナーで2番手以内につけれる馬』です。

過去5年のサマーチャンピオンの成績を分析すると、逃げ馬は[2-1-1-1/5]と好走傾向です。

さらに過去5年の勝馬においては、いずれも3コーナーで4番手以内、4コーナーでは2番手以内につけた馬となっています。

サマーチャンピオンは逃げ馬もしくは先行馬、先行馬でも3コーナーから早めに仕掛けていける馬が有利といえるでしょう。


それではここからは、もう一つの重要な視点として今年のサマーチャンピオンの展開について予想していきます。

今年のサマーチャンピオンは先行力のある2頭、スマートレイチェル、ヒザクリゲが1番枠、2番枠に入りました。

両馬ともに中央のダート競争では2F目が10秒台のラップになっても先行できる出足の早い馬です。

この2頭が先行していくことは固いと想定します。

その上でスマートレイチェルは逃げていい馬ですから、スマートレイチェルがハナを主張していくと読みます。

ヒザクリゲはいつも通り逃げ馬をみる形で先行するのではないでしょうか。
おそらくスマートレイチェルをマークするようなかたちで番手につけると考えています。

芝からダート代わりのグランドボヌールも先行力がある馬ですが、ダート適性の有無など不確定要素も多い馬です。

グランドボヌールがハナを切る可能性もありますが、先行集団につけると考えるのが妥当ではないでしょうか。

その3頭に続くかたちで中央勢2頭ナンチンノン、シャインヴィットゥが続き、地方馬はスピードの違いからペースについていくのが厳しいのではないかと想定しています。

サマーチャンピオン 予想印|馬券の狙い目


それでは予想のポイントをふまえた上で、サマーチャンピオンの最終予想として予想印をご紹介します。



【サマーチャンピオン 予想印】

◎①スマートレイチェル
〇②ヒザクリゲ
▲⑩グランドボヌール
△⑨シャインヴィットゥ
△⑥ナンチンノン


◎(本命)|①スマートレイチェル


本命は①スマートレイチェルです。

父が好走血統のキングカメハメハの同馬。
サマーチャンピオンで好走したキングカメハメハ産駒には2015年2着、2014年3着の地方馬タガノジンガロがいます。

母父のヴァイスリージェント系のフレンチデピュティも好走血統にはあげませんでしたが、サマーチャンピオンで相性のいい血統の一つです。

展開面でも書きましたが、ハナを奪うのはおそらくこの馬だと思いますし、同じく出足の早い②ヒザクリゲの横山典弘騎手が武豊騎手が乗るスマートレイチェルに競り掛けていく展開も想像できません。

おそらくすんなりハナを取って、武豊騎手とスマートレイチェルがペースを握るのではないでしょうか。

そうなればスマートレイチェルは自分のかたちに持ち込め力を発揮してきますので、そのまま逃げ切りと予想しました。

〇(対抗)|②ヒザクリゲ


対抗には②ヒザクリゲを推します!

直近成績は1勝クラス、2勝クラス、3勝クラスと3連勝中で勢いのある馬です。

しかもそのレース内容が非常によく、先行して直線で逃げ馬を競り落とす強い勝ち方を見せています。

血統についてもサイア―ラインがミスタープロスペクター➢ゴーンウエスト➢ケイムホームというラインで好走血統にあたり高評価です。

特にケイムホーム産駒は2015年1着、2016年3着のタガノトネール、2016年2着のワンダーコロアールとこのレースで好走しています。

またこの馬も①スマートレイチェル同様に母父がヴァイスリージェント系のフレンチデピュティであることが好印象です。

近走のレース内容、血統背景もいい馬なのですが、基本は1000m~1200mのダートのスプリントを走ってきた馬。

今回、距離延長で『初のダート1400mがどうか!?』という点が気になったので対抗評価としました。

▲(単穴)|⑩グランドボヌール


単穴は⑩グランドボヌールです!

芝の重賞でも掲示板に載るほど実力を持つ同馬。

スピード能力はメンバー中でもトップクラスであることは間違いないでしょう。


あとはダート適性をどう見極めるか。

血統的には父が好走血統でもあるミスプロ系のエンパイアメーカーですし、半兄には兵庫ジュニアグランプリを勝ったゴーイングパワーがいます。

ゴーイングパワーの父がサクラバクシンオーですから、父がエンパイアメーカーに変わったグランドボヌールのダート適性は高いと考えるのが普通でしょう。

3歳時にはダート1800mの未勝利戦を2戦して凡走していますが、これは距離が長すぎたと考えた方がよさそうです。

つまりダート適性はあるというのが僕の見解です。

ただし、芝替わりのダートで地方競馬となると条件が変わりすぎな印象を受けるため評価を下げました。

そのため単穴評価としています。


連下の見解と予想のまとめ


単穴以降の連下には中央所属馬の⑨シャインヴィットゥ、⑥ナンチンノンを抑えています。

両馬ともに近走凡走していますが、オープン競走で走ってきた馬ですし、地方競馬に変わって展開がハマれば3着はあり得るかなと予想しています。

一方で地方所属馬については、無印にしました。

このレースで地方所属馬が好走する時は兵庫などの遠征組の実力馬が参戦した時です。

今回はこれに該当する馬がいなかたったため、無印となっています。



以上、この記事ではサマーチャンピオンの予想のポイントと予想印をご紹介しました。

馬券予想のご参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


予想のポイントを解説するKAZUのYouTubeチャンネルとツイッター


レースの予想のポイントや血統の基礎知識などをYouTubeやツイッターでも配信しています!

チャンネル登録やフォローいただき、馬券予想にお役立て下さい!

【YouTube】KAZUの競馬予想

【ツイッター】血統マニア KAZU

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.