【ブリーダーズゴールドカップ 予想(2019年)】血統で導く馬券の狙い目|予想印公開!

更新日:

競馬予想


こんにちは!KAZUです。

この記事では、門別競馬場で行われる交流重賞「ブリーダーズゴールドカップ(JpnⅢ)」の予想を特集します!


なお、この記事の内容を動画でもまとめています。
動画で確認したいという方は下記の動画をご覧ください。


僕の予想法は血統を軸にして、その上でレース傾向や馬場傾向、展開をふまえた内容となっています。

勝つ可能性が高いと思った馬に印を打つ予想スタイルのため、オッズをあまり参考にしません。

時に予想が人気馬に偏ったり、穴馬中心になったりします。

その点はご了承下さい。

それでは予想にまいります。

ブリーダーズゴールドカップ 予想のポイント


まずはブリーダーズゴールドカップを予想する上でのポイントをご紹介します。


【ブリーダーズゴールドカップ 予想のポイント】

  • 好走血統
    ヴァイスリージェント系やエーピーインディ系など米国型血統

  • 展開・脚質
    勝ちパターンは先行して3コーナーから4コーナーにかけて早め先頭 。逃げ馬は若干苦戦

  • レース傾向
    過去5年の3着内馬はいずれも中央所属馬


予想のポイントの1点目は好走血統『ヴァイスリージェント系やエーピーインディ系など米国型血統』です。

昨年の勝馬のラビットランの父がエーピーインディ系のタピット、一昨年の勝馬のマイティティーの父がミスプロ系のエンパイアメーカー、3年前、4年前と連覇したアブールブリエの父が同じくミスプロ系のスマートストライクと、ブリーダーズゴールドカップは米国型血統の父を持つ馬が好走傾向です。

ブリーダーズゴールドカップは小回り得意で先行力のある米国型血統が好走血統で狙い目といえそうです。

予想のポイントの2点目は『勝ちパターンは先行して3コーナーから4コーナーにかけて早め先頭 。逃げ馬は若干苦戦』です。

過去5年のブリーダーズゴールドカップのレース内容を分析すると、2015年のアムールブリエを除き、いずれの勝馬も道中は先行して3コーナーもしくは4コーナーで早め先頭のレースパターンを取っていることが分かります。

一方で逃げ馬については過去5年成績は[0-2-0-3/5]となっており、若干苦戦気味となっています。

ただし中央馬で力のある馬が逃げた場合は[0-2-0-0/2]の成績です。

逃げ馬については能力があるかどうかが好走の見極めとなります。

予想のポイントの3点目は『過去5年の3着内馬はいずれも中央所属馬』です。

過去5年のブリーダーズゴールドカップでは中央馬が掲示板を含めた上位をほぼ独占しており、地方馬は厳しい結果となっています。

また例年、中央の上位馬と地方最先着馬の着差は大きく、レース傾向からはかなり力の差があると言わざる負えません。


それではここからは、もう一つの重要な視点として今年のブリーダーズゴールドカップの展開について予想していきます。

今回、先手を取るのは②ラインカリーナと想定します。

前走の関東オークスはスタート後に若干迷いが見られましたが、その後思い切って先手を取ってマドラスチェックを抑え込み快勝。

この内容であれば陣営も『逃げた方がよい』と判断しているでしょうから、今回もハナを切っていくでしょう。

それに続くのが中央の人気勢の⑥プリンシアコメータ、③クイーンマンボ、⑨ビスカリア、地元勢有力馬の⑧クオリティスタートと読みます。

⑪アンデスクイーンは差し脚を活かす競馬が得意なので、位置取りは先行勢の後ろか、先行勢を見ながらの競馬になるのではないでしょうか。

ペースについては昨年と同じように1F目、2F目は11秒台のラップで入り前半は36秒前後の比較的早いペースになるのではないかと予想しています。

その後もペースが緩むとは思えませんので、最後は持久力勝負の一戦となりそうです。


ブリーダーズゴールドカップ 予想印|馬券の狙い目


それでは予想のポイントをふまえた上で、ブリーダーズゴールドカップの最終予想として予想印をご紹介します。



【ブリーダーズゴールドカップ 予想印】

◎⑥プリンシアコメータ
〇②ラインカリーナ
▲⑨ビスカリア
☆⑪アンデスクイーン
△③クイーンマンボ


◎(本命)|⑥プリンシアコメータ


本命は⑥プリンシアコメータです。

全兄に北海道2歳優駿2着のベルモントレーサー、近親馬にはサマーチャンピオンを勝ったキングスゾーンがおり、この血統は地方でよく走ります。

実際にプリンシアコメータの成績を見ても、明らかに中央よりは地方の方が成績がいいです。

地方の砂とコースが合っているということでしょう。

前々走のエンプレス杯はビスカリアを完封しての強い勝ち方でしたし、前走のブリリアントステークスも2着でしたが内容は悪くありません。

斤量が57kgというのが気になりますが、番手もしくは3番手を取って3コーナーから4コーナーにかけての早め先頭での押し切りを期待します。

〇(対抗)|②ラインカリーナ


対抗は②ラインカリーナです!

父が好走血統のエーピーインディ系のパイロ。

パイロ産駒はこのレースで2016年3着のビービーバーレルがいます。

またエーピーインディ系でみれば、昨年勝ったラビットランの父がエーピーインディ系のタピットです。

前走の関東オークスは粘り強く逃げ勝ち、距離の目途もつきました。

3歳馬ですがデアフルーグ、マスターフェンサーなど同世代の強者といい勝負をしてきている馬ですから能力は上位です。

展開的にラインカリーナが逃げるでしょうから、歴戦の古馬に『マークされてどうか!?』という点がポイントになると考えています。

そうなると過去5年逃げ馬が勝ちきれていないことが気になります。

また個人的にラインカリーナが逃げ切る姿よりも本命のプリンシアコメータが3コーナーから4コーナーでラインカリーナに並びかけ、競り落とす姿の方がイメージできるため、対抗評価としました。

▲(単穴)|⑨ビスカリア


単穴には⑨ビスカリアを推します!

過去の好走血統と照らし合わせた際の血統的な後押しは少ない馬ですが、3走前のTCK女王盃の勝ちっぷりは圧巻の内容でした。

2走前のエンプレス杯は最後バテて失速していましたので、距離が敗因と言えそうです。

前走の福島牝馬ステークスは芝レースの重賞ですから度外視してよいでしょう。

距離は1800mがベストな印象のため、今回は少し距離が長いかなという印象を受けます。

ただしエンプレス杯と比較して100mは距離短縮ですし、斤量もプリンシアコメータよりも1kg軽い状況です。

うまくレースを運べれば、上位2頭との逆転もあり得ると予想します。


連下の見解と予想のまとめ


単穴以降の連下には☆(星)として⑪アンデスクイーン、△(連下)として③クイーンマンボを抑えます。

星の⑪アンデスクイーンは近親馬に活躍馬も多く、血統の筋がいい馬です。

こういう馬は活躍を期待してしまいます。

中央のレースでは馬群を捌くのに苦労するレースが見受けられますが、今回はスムーズにレースが進められると思います。

直近3走の内容も悪くありません。

向こう正面早めからうまくマクって展開がハマれば面白い一頭だと思います。

連下の③クイーンマンボは一昨年3着、昨年2着とこのレースで好走しています。

ただし近走の成績が奮いません。

レース内容も評価ができない内容が続いていますので、今回は厳しめの評価で連下としました。

地方所属馬については交流重賞を予想する際、毎回ながらで申し訳ないのですが無印としました。

過去レースの傾向と今回の地方所属馬の成績から、やはり中央所属馬と地方所属馬の差が大きいと判断しています。

なおレース当日の天候が天気予報を見ると不安定になっており、レース当日の馬場状態が読めません。

この予想は良馬場や稍重を想定して行っています。

最後にその点を補足しておきます。



以上、この記事ではブリーダーズゴールドカップの予想のポイントと予想印をご紹介しました。

馬券予想のご参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


予想のポイントを解説するKAZUのYouTubeチャンネルとツイッター


レースの予想のポイントや血統の基礎知識などをYouTubeやツイッターでも配信しています!

チャンネル登録やフォローいただき、馬券予想にお役立て下さい!

【YouTube】KAZUの競馬予想

【ツイッター】血統マニア KAZU

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.