札幌記念2019 予想|血統を軸に選ぶ馬券の狙い目!

投稿日:

札幌記念


こんにちは!KAZUです。

この記事では、注目の重賞レース「札幌記念(GⅡ)」の最終予想をご紹介します!

なお、この記事の内容を動画でもまとめています。

動画で確認したいという方は下記の動画をご覧ください。


それでは札幌記念の予想にまいります。


僕の予想法は血統を軸にして、その上でレース傾向や馬場傾向、展開・ラップをふまえた予想法となります。

その点をふまえて予想を確認いただければと思います。

札幌記念 2019|好走血統など予想のポイント


まずは札幌記念を予想する上でポイントとなる好走血統をご紹介します。


【札幌記念 2019 好走血統】

  • 主流血統のディープインパクト、キングカメハメハ


なお、この好走血統については別記事で詳細をまとめています。

好走血統の根拠が気になるという方は、下記の関連記事をご確認下さい。



この好走血統に加えて予想をする上で抑えておきたいのは、前日開催のレース傾向と展開についてです。

今週から札幌芝コースはAコースからBコースに変わっています。

内馬場が良好なためか、前日開催の土曜日の札幌芝コースのレースを見ると内、外での芝の痛みの差は少ない印象で、内でもよく伸びていました。

血統については、稍重で行われた第1レースはハービンジャー産駒の1着、2着となりましたが、馬場が良馬場に回復してからはキングカメハメハ系やディープインパクトなどの主流血統が好走傾向です。

次に札幌記念の展開についてですが、逃げるのは⑦エイシンティンクル、番手に⑤ロードヴァンドールと想定しています。

⑭クロコスミアや③ステイフーリッシュが続き、人気の⑨フィエールマンや⑫ワグネリアンは中段に、⑩サングレーザーは中段内を意識して位置取ると予想します。

①ブラストワンピースは鞍上が川田騎手ですから、ある程度前目につけたいと考えているはずです。

ただしスタートがいい馬ではありませんから、良くて先行集団の後ろ、悪くなれば後方からのレースになるのではないでしょうか。

全体のペースは前半1000mが59秒後半から60秒前半のミドルペースになると想定しており、脚質としての有利・不利は生じないと考えています。



それでは、この予想のポイントをふまえて最終予想となる予想印をご紹介していきます。

札幌記念 2019|血統を軸にした予想印



【札幌記念 2019 予想印】

◎⑩サングレーザー
〇⑨フィエールマン
▲⑫ワグネリアン
☆⑪ペルシアンナイト
△③ステイフーリッシュ
△⑭クロコスミア


◎(本命):⑩サングレーザー


本命は⑩サングレーザーです。

今年の札幌記念の予想のコンセプトは『内差し』です。

その視点で考えた際に最も適した馬が⑩サングレーザーと岩田騎手です。

血統構成は、父が好走血統のディープインパクト、母父がヴァイスリージェント系のデピュティミニスターの配合です。

ヴァイスリージェント系の血も札幌記念で好走傾向の血統で評価ができます。

昨年のこのレースの覇者となるわけですから、レース適性が高いことは証明済みです。

また札幌競馬場は過去3戦して3勝ですからコースとの相性も抜群です。

直近2走の大阪杯、安田記念のGⅠレースは12着、5着と今一つな成績ですが、得意舞台に戻っての好走に期待します。

メンバー中トップクラスの一瞬の切れ味を活かして、内差しの1着を予想します。

〇(対抗):⑨フィエールマン


対抗は⑨フィエールマンです。

好走血統のディープインパクトにフランス牝系の母リュヌドール、そして母父が重厚な欧州血統のニジンスキー系のグリーンチューンの配合です。

凱旋門賞を見据えた一戦で、調教をみても仕上がりは8分といったところでしょうか。

ただし十分に力を発揮できる状態にはあります。

前走天皇賞春から大幅な距離短縮となりますが、京都芝3200mよりは洋芝の札幌芝2000mの方が適性があると考えています。

フレッシュな状態で走るディープインパクト産駒の典型のような馬ですので、休み明けの今回も崩れず好走してくるでしょう。

ただし、今回はマクリ気味に外から押し切るフィエールマンよりは、内から切れ込むサングレーザーの姿の方が想像できるため対抗評価としました。

▲(単穴):⑫ワグネリアン


単穴には⑫ワグネリアンを推します。

この馬も父が好走血統のディープインパクト、母がブロードアピールの血を受け継ぐミスアンコール、母父も好走血統のキングカメハメハとかなり評価できる血統構成です。

体質の問題からか、レース間隔を空けて使われてきているワグネリアンですが、逆にフレッシュな状態でレースに臨めていることが功を奏しています。

ディープインパクト産駒のダービー馬の多くは3歳で燃え尽きてしまう馬が多いのですが、ワグネリアンのように休みを入れつつ常にフレッシュな状態を保っておけばディープ産駒は走ります。

予想に話を戻すと、馬体もうっすらあばら骨が見えるほどスッキリと仕上げてきており、この馬の好走パターンで好感が持てます。

あとはコース適性でしょう。

本来は主場と言われる東京や京都外回りがいい馬。

コース適性に若干の疑問を覚えたため、今回は単穴評価としました。

単穴以降の予想印と見解


単穴以降の予想印としては、まずはサングレーザー同様に『内差し』の戦法を取ってくると想定する⑪ペルシアンナイトを☆(星)で推します。

直近2走の大阪杯(GⅠ)、安田記念(GⅠ)は大きな不利を受けており、まとめなレースができていません。

ハービンジャー産駒でもブラストワンピースと異なり、末脚に切れがある馬です。

人気が落ちた時に飛んでくる馬ですから、一発が怖いです。

昨年のマイルチャンピオンシップのような内差しを期待したいところです。


連下には先行馬の前残りを想定して、③ステイフーリッシュ、⑭クロコスミアの粘り強い2頭を抑えます。


なお人気の①ブラストワンピースについては、今回は無印としました。

馬場状態が稍重や重などタフな競馬になれば単穴以上の評価をつける予定でしたが、今の馬場状態では厳しいと判断しました。

もちろん展開がハイペースで隊列が縦長になり、この馬のスタミナとパワー、そしてタフさが活きる競馬になれば勝ち負けもありえます。

ただし、今回はそのような展開にならないと想定して予想しています。

ブラストワンピースが来たら、素直に『ごめんなさい』の予想です。



以上、この記事では札幌記念の予想のポイントと予想印をご紹介しました。

馬券予想のご参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


予想のポイントを解説するKAZUのYouTubeチャンネルとツイッター


レースの予想のポイントや血統の基礎知識などをYouTubeやツイッターでも配信しています!

チャンネル登録やフォローいただき、馬券予想にお役立て下さい!

【YouTube】KAZUの競馬予想

【ツイッター】血統マニア KAZU

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.