2019年8月4週 KAZUの予想 インターナショナルS

英インターナショナルステークス2019 予想|血統を軸に選ぶ馬券の狙い目!

更新日:

競馬予想


こんにちは!KAZUです。

この記事では、海外競馬の「英インターナショナルステークス(GⅠ)」の予想を特集します!

なお、この記事の内容を動画でもまとめています。

動画で確認したいという方は下記の動画をご覧ください。
(よろしければ、グッドボタンやチャンネル登録をしていただけると嬉しいです!)


日本からシュヴァルグランも出走予定の注目のレースです。

しっかりと予想していきます!



なお僕の予想法は血統を軸にして、その上でレース傾向や馬場傾向、展開・ラップをふまえた予想法となります。

その点をふまえて予想をご確認いただければと思います。

英インターナショナルステークス 2019|好走血統など予想のポイント


まずは英インターナショナルステークスを予想する上でのポイントをご紹介します。


【英インターナショナルステークス 2019 予想のポイント】

  • 好走血統
  • ➢父か母父が大系統ミスプロ系
    直近4年の勝馬は父か母父に大系統ミスプロ系の血統を持っており、好走傾向。
    2015年勝馬のアラビアクイーン、2016年勝馬ポストポンドはドバウィ産駒。

  • ローテーション
  • ➢前走キングジョージ組が好走
    過去3年の前走キングジョージ組の成績は[1-2-0-3/6]と好成績。2017年勝馬のユリシーズ、2016年2着のハイランドリールや2018年2着のポエッツワードがいる。
    キングジョージ同様にエクリプスステークス組も好走しやすいので抑えておきたい。


英インターナショナルステークスが行われるヨーク競馬場は、イギリス競馬としては、珍しい起伏の少ないコースです。

またコースも広く、最終コーナーからゴールまでの距離は約1000mと出走馬の能力がそのまま結果に反映されやすい特徴があります。

ヨーク競馬場
ヨーク競馬場
引用元:JRA


そのため、イギリス競馬でもサドラーズウェルズ系×ダンチヒ系やサドラーズウェルズ系×ネヴァーベンド系の配合といった欧州の現在の主流血統からは少しずれたミスプロ系が好走傾向です。

ただし平坦コースとしては言え根本的には芝質が重たい欧州競馬ですから、ミスプロ系に加えてアーバンシー一族のガリレオやシーザスターズの血統、系統ではサドラーズウェルズ系、ダンチヒ系の血統も取り込んでいる馬から狙っていくべきと考えます。

英インターナショナルステークス 2019|血統を軸にした予想印


それでは予想のポイントをふまえた上で、英インターナショナルステークスの最終予想として予想印をご紹介します。



【英インターナショナルステークス 予想印】

◎②クリスタルオーシャン
〇⑧ジャパン
▲①シュヴァルグラン
☆④ロードグリッターズ
△③エラーカム
△⑨キングオブコメディ


◎(本命)②クリスタルオーシャン


断然の本命は②クリスタルオーシャンです!

前々走のプリンスオブウェールズでは勢いのあるマジカルを相手にせずGⅠ初勝利、前走のキングジョージではエネイブルと歴史的デットヒートを繰り広げ2着とメンバー中では圧倒的に能力上位です。

父シーザスターズから過去5年、このレースでの勝馬は出ていませんが、アーバンシー一族で半兄のガリレオからは過去5年でユリシーズ、オーストラリアと2頭の勝馬を出しています。

血統的な相性も問題ありません。

気になるのは直近2走の非常にタフな競馬による疲労。

クリスタルオーシャンに死角があるとすれば、その点でしょう。

ただしパワフルな欧州血統ですし、間隔を詰めた連戦でも高いパフォーマンスで勝ちきると予想して信頼の本命です!

〇(対抗)⑧ジャパン


対抗には⑧ジャパンを推奨します!

父のガリレオは、先ほども取り上げましたが過去5年でユリシーズ、オーストラリアと2頭の勝馬を送り出しています。

全兄のサーアイザックニュートンも2016年の英インターナショナルステークスにおいて9番人気で4着と好走しており、このジャパンにおいてもレース適性を感じさせます。

血統的には、父サドラーズウェルズ系×母父ダンチヒ系のデインヒルの配合でこのレースでは少し重たい血統の印象を受けますが、それでも好走する可能性は高いと考えています。

3走前のイギリスダービーは大外から追い込んで僅差の3着、前走のパリ大賞は強い勝ち方でした。

何より、今回の英インターナショナルステークスではオブライエン厩舎から、ジャパンとサーカスマキシマスの2頭が出走していますが、主戦のR・ムーア騎手をジャパンに乗せてきました。

この判断はオブライエン厩舎として、『ジャパンを主力で考えており、勝たせたい』と解釈できますので、この点からも上位評価すべきでしょう。

大きくは崩れないと想定してジャパンを対抗評価としました。

▲(単穴)①シュヴァルグラン


単穴で応援したいのが期待の日本馬①シュヴァルグランです!

前走のキングジョージはタフなコースが合わず6着に敗れましたが、本来は叩いていい馬。

キングジョージから望む2走目の今回は好走が期待できます。

父ハーツクライは現役時代に欧州での活躍もあり、サンデー系の中でも欧州競馬への対応力が高い馬です。

そして母父が好走血統のミスプロ系のマキャヴェリアンであることも好印象です。

平坦コースのヨーク競馬場は間違いなく合うでしょう。

『芝2050mの距離がどうか!?』という意見もありますが、芝2050mでも2分7秒前後から2分10秒弱の勝ち時計になるレース。

時計が掛かる中距離戦であれば、シュヴァルグランでも十分に力を発揮できる舞台です。

前走から条件が好転するシュヴァルグランですが、気になるのは60kgという斤量。

馬体も胴長、脚長のハーツクライ産駒らしい造りとなっていて、馬体重も460㎏から470kg台の馬。

馬格があるわけではないため、その点が気がかりです。

ただし日本馬として応援したい気持ちは強いので期待も込めて単穴評価とします。

☆(星)④ロードグリッターズ


星には④ロードグリッターズを推します!

アーモンドアイが勝った今年のドバイターフで大外から追い込んで3着を確保した芦毛馬。

父が好走血統であるミスプロ系のウィッパーであることが高評価です。

また前々走でクイーンアンステークス(GⅠ)を制覇しており、その能力も評価できます。

舞台となるヨーク競馬場はイギリスでは珍しい平坦コース。

欧州競馬特有のパワーとスタミナ以上にスピード能力が問われるレースを想定します。

そのような意味で考えれば、好走血統のミスプロ系を父に持つ④ロードグリッターズは狙ってみたい一頭です。

星以降の予想印と見解


星以下の評価としては連下に2頭、③エラーカムと⑨キングオブコメディを抑えます!

③エラーカムは実績がメンバー中見劣りますが、前走の同じコースで行われたヨークステークスの内容が非常に強い勝ち方でした。

コース適性はかなり高いと思います。

一気にメンバーレベルが上がるとは言え、連下では抑えておきたい一頭です。

連下の2頭目の⑨キングオブコメディは前走のセントジェームズパレスステークスではサーカスマキシマスの2着でしたが、レース内容自体はキングオブコメディの方が評価できる内容でした。

そのため、サーカスマキシマスを抑えてキングオブコメディを連下評価としています。

その他でいくと、本当はサーカスマキシマスにも予想印を打ちたかったのですが、そこまで予想印を打つとあまりにも印が多すぎるため自重しました。(それでも予想印は多くなっていますが…汗)

予想の段階での力関係としては、大きく抜けたクリスタルオーシャンに2番手以下は団子状態と考えています。

その点もふまえて、ご参考いただければと思います。



以上、この記事では英インターナショナルステークスの予想のポイントと予想印をご紹介しました。

馬券予想のご参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


予想のポイントを解説するKAZUのYouTubeチャンネルとツイッター


レースの予想のポイントや血統の基礎知識などをYouTubeやツイッターでも配信しています!

チャンネル登録やフォローいただき、馬券予想にお役立て下さい!

【YouTube】KAZUの競馬予想

【ツイッター】血統マニア KAZU

こちらの記事もおすすめ

-2019年8月4週, KAZUの予想, インターナショナルS

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.